アイマトン
ブログ管理

‘2006/04’ カテゴリーのアーカイブ

フィンランド・ヘルシンキ/Nokka

2006/04/25

フィンランド・ヘルシンキ/Nokka/ローストトナカイのローズマリー風23E3300円.jpg
フィンランド・ヘルシンキ/Nokka
/ローストトナカイのローズマリー風 23E 3300円

ノッカはくちばしの意。

トナカイの肉には、かすかに血の匂いがします。それが野性らしさなのでしょうか。

ここの特徴は、なんと言ってもこのオープンな厨房。

清潔な厨房風景が、ガラス越しに見渡せ、仕事をする姿がまるで一枚の絵ともなります。

厨房の反対側には海が見えています。でも、お客さんはこちらの座りたがるでしょうね。なぜならここは特等席だから。

フィンランド・ヘルシンキ/Nokka/厨房写真.jpg

ジャガイモを売るお父さん

2006/04/25

フィンランド・ヘルシンキ・ジャガイモ専門店.jpg
今回ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの首都だけの訪問です。

何処へ行っても、ジャガイモは美味しいですね~。

日本人はホコホコしているジャガイモを好みますが、ここのはどちらかと言うと、ベちゃとしています。でも柔らかく甘い物ですね。料理の仕方で違うんでしょうか。

市場のお父さんの売っているジャガイモは、10種類以上ありました。

しかし、一人で、10種類のジャガイモを作るのは、畑の管理は大変でしょうね。ほから仕入れてくるんでしょうか。

これは、市場での一こまですが、ヘルシンキのレストランのポテトは、きっとこんなお父さんが作っているんでしょうね。

フィンランド・ヘルシンキで感動発見

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ/ガラスに挟まれた雑草.jpgフィンランド・ヘルシンキ/ラッピ

外国へ行って(来て)ときどき、ドキッとする景色に出会う。

これが楽しくて旅に出るんでしょね。

さて、写真は雑草をガラスに挟んであるだけです。

『こんな物に感動するの?』と言われそうですが、「はい、そうなんです」としか答えられない。

これが私の感性なんです。はい。

トナカイのすね肉の骨は細い?

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ/トナカイのすね肉 22.4E 3200円.jpg
フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ
/トナカイのすね肉 22.4E 3200円

ちょっと、いや・・・だいぶ硬い。

トナカイのすね肉だから、柔らかさを期待するほうに無理があるのは解るが、それにしても・・・

ところで、写真で解るだろうか、トナカイのすねを輪切りにして焼かれているんですが、骨が細いんですよね。

すねの骨ならもっと太いと思うんですが。

見た目には、メチャきれいな料理でした。

トナカイのタンは柔らかい

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ/トナカイのレバーとタン 24.7E 3500円.jpg
フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ
/トナカイのレバーとタン 24.7E 3500円

2時間半煮込んだと言う、トナカイのタンは柔らかで、いつものタンシチュウを思い出させる。

でも、ラバーはつらかった。だって家畜小屋を思い出させる味がするんです。


トナカイやヘラジカなどの肉を併せて挽肉

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ/森の獣のテリーヌ 15.9E 2000円.jpg
フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ
/森の獣のテリーヌ 15.9E 2000円

ラッピは、ラップランドのことで、ラップランド料理を楽しめる。

このテリーヌには、トナカイやヘラジカなどの肉を併せて挽肉にしてあり、強めの食感が味を楽しませてくれる。

私としては誉め言葉の『もう一度食べたい』と言わせる料理だった。


トナカイ燻製のスライス

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ/トナカイ燻製のスライス 15.5E 2000円.jpg
フィンランド・ヘルシンキ/ラッピ
/トナカイ燻製のスライス/15.5E 2000円

塩気がきつかった。

フィンランドはサンタクロースとムーミン

2006/04/24

フィンランド・ヘルシンキ 空港ロビー.jpg
フィンランド・ヘルシンキの空港ロビー

これ良いですね。

見るだけで、『森と湖の国』をイメージさせます。

意味は?です。

サンタクロースやムーミンを生んだ国ですが、実はスウェーデンに650年、ロシアに100年間支配されていたとのこと。

だから、大きな夢を持ったのではないでしょうか。

ヘルシンキ中央駅はじめ、ヘルシンキの町の中は、どっしりした大きな建物が目立ち、ちょっと重い雰囲気も。

これは現実。

スェーデン・ストックホルム/ペリカン

2006/04/24

スウェーデン・ストックホルム/ペリカン/クーレンベルグ風小牛のムース186SEK.jpg
クーレンベルグ風子牛のムース 186SEC 約2800円

最初はトナカイを食べに来たんで、仔羊は不要と、かたくなに自分に言い聞かせていました。

これを食べたら、いちころ。やられました。もう一度食べたい。

子牛を挽肉にしてパン粉をつけて焼いてある。

さて、レストランはペリカン(又の名をポースアーサー)というのだけれど、なんで二つの名前があるか、メニューに詳細を書いてある。

ポースアーサーの名前は、1904年は日本軍がロシアのポースアーサーを攻撃した年で、レストランの入っている建物は同じ年に造られたので、記念に同じ名称にしたとのこと。

ウェイトレスさんが、私を日本人かと聞き、このいわれを話したようだ。

煎餅の食べ方

2006/04/24

スウェーデン・ストックホルム/suwe-denn sutokkuhorumu kunekkye.jpg
スウェーデン・ストックホルム/ペリカン(又の名をポースアーサー)

このレストランには二つの名前が有るという。

これは『クネッキェ』という。

最初煎餅かと思って食べたが、硬いばかりでまるで味がしない。

次にバターを塗って食べたが、味が出てきた。これはいけるね。

スウェーデン独特の食べ物らしい。

家庭でも、食事のおかずとして食べるらしく、レストランでは何処でもパンと一緒に出てくるが、今までは、見ただけで手をつけなかった。

これは自分を失っていた。見た目や、一口で判断しないで、色々試してみることを必要だと感じさせたクネッキェでした。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント