アイマトン
ブログ管理

‘2007/10’ カテゴリーのアーカイブ

きたキッチン

2007/10/31

きたきっちん試食.jpgきたきっちん

きたキッチンさんでエゾシカしゃぶしゃぶの展示販売会。

『店頭は黒山の人だかリ』だったらいいなと、ところが、10分ほど店頭で見ていましたが、さっぱりお客様は寄り付きません。

可愛いエゾシカ、食べる気にはなれないんでしょうか。

で、やっと集まったところでパチリ。[^^;;

試食販売をしていた弊社スタッフに聞いたところ、売れたのは3パック。試食したのは4パック。

売れた物より、食べたものが多いとは。やれやれ。

損得だけで言えば、今日は大赤字。しかし世の中に無かった商品ですから、これは当然の反応です。

お客様の中でも、おおかたの女性は拒否反応を示すとのこと。

しかし、一口食べたら、これまたほとんどの人は「臭みが無くて美味しいね~」と、驚くようです。

まぁ、今日は小手調べという事で。

きたキッチンさんの詳細は→きたきっちん

正式社名 株式会社 丸井今井(マルイイマイ)
本社所在地 〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目11番地


北洋銀行インフォメーションバザール in Tokyo 2007

2007/10/30

2007年11月13日と14日は、東京五反田で『北洋銀行インフォメーションバザール in Tokyo 2007』に出展します。

このイベントは北洋銀行主催で、北海道内の生産者や食品メーカーが集まって関東の流通関係者と商談会をするものです。

株式会社アイマトンは、外食業を主たる対象と考えています。

出品する商品は、ワインラム、北海あいがも、北海道産高麗雉、知床エゾシカ・小鹿。

北海道内で開催された、インフォメーションバザールは3回ほど参加したことはありますが、東京参加は初です。

とにかく、ワインラムの評価が楽しみです。

もしこのブログを見て参加された方は、わたくし岩井政海まで、ひとこと声をおかけください。

名刺交換を、[^^]

詳しくは→
北洋銀行インフォメーションバザール in Tokyo 2007

開催日時 平成19年11月13日 14:00~19:00
平成19年11月14日 10:00~16:00
入場料   入場無料ですが、招待券を持った人のみ
開催場所 五反田TOC 13Fグランドホール
東京都品川区西五反田7丁目

中折れする白樺

2007/10/29

遠軽から留辺蕊まで走る中間に生田原(読みは、いくたばら、かな。それとも・・)で見かけた白樺林。

水分が多いのでしょうか。

通常白樺林というと、白い木肌をまっすぐ立てて、それはそれはきれいな木立となっているはずです。

ところが、ここの白樺林は、中ほど途中からぐんにゃりと、曲がっているでは有りませんか。それも大量に。

飲み過ぎ?。水を。

春になると起き上がる?。解りません、不思議です。

生田原白樺.jpg
この白樺、死んでいるのか生きているのか、定かではありません。

寝てるのかな?

温根湯で鴨せいろ

2007/10/29

10月27日土曜日の昼食。

北見から旭川方面へ向かうと、北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉(おんねゆおんせん)があります。

地名が温根湯温泉。

もう10年位前になるでしょうか、一度温根湯温泉の大江本家へ行ったことがありますが、今回は北見のめん羊牧場さん訪問で、昼食が温根湯温泉。温泉には入っていません。

ついでに言うなら「温根湯」の名称は、アイヌ語の「オンネ」(大きな)と「ユ」(お湯)から来ているとのこと。

留辺蕊手打そばすずき鴨せいろ1300.jpg

手打そばすゞき 鴨せいろ 1300円です。

美味しい鴨肉なので「美味しいですね、何処の鴨ですか」と聞くと「フランスのマグレカナールです」。

『へぇ~、フランスの鴨ってこんなに美味しいんだぁ』と思いながらレジで支払いをしていると「日本の鴨は味にバラツキがあって駄目なんだ」だって。

悔しくてつい「実は私は鴨を飼っているんですが、うちの鴨も美味しいですよ」と言ってしまった。

なにをむきになっているんだろうと思いながらも。

でも本当です[^^]。

手打そばすゞき
北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉47
0157-45-2338
11時より営業開始で、売切れ次第終了
火曜休日

北海道士別市の夢

2007/10/27

25、26日は北海道士別市で、めん羊振興協議会と言うものがあって参加。

参加者は日本全国から。

それに先立つ25日は、道北地方のめん羊生産者、団体、関連行政が集まり、道北地区めん羊協議会が設立されました。

これに参加。

北海道士別は『サフォークランドしべつ』と言うことで、サフォークを先頭に官民上げ街づくりをしています。

新聞記事だけを見ている限り、めん羊だけで街を盛んにすることはできないと思っていました。なぜなら産業として綿羊を見ても、先行きが明るわけでは有りません。

現実的に、めん羊飼育で大金持ちになった人もいません。

めん羊飼育者は、綿羊が好きという、ここだけで成り立っているようです。少なくても過去は。

しかし、ここまで熱心だとは。

私は、昔から家畜を飼育し、その大変さを知り尽くしているつもりです。一昨年から自分でもサフォークを飼いはじめその大変さを切実に感じています。

それを街づくりのシンボルにするのですから、士別市の覚悟の程が伝わってきます。

今回の訪問で、市長さんの挨拶を聞いたり、士別市のめん羊飼育者と話をしたり、また、関連する人たちのとの交流で、応援したくなりました。

道北地区のめん羊協議会には、地元士別市の生産組合や、上川、留萌、宗谷、空知の生産団体や飼養者などが集まっています。

士別市はこの地域のほぼ中央に位置します。

まさに、士別の夢を実現する舞台としては最高だと感じました。

繁盛の扉セミナー

2007/10/24

繁盛の扉セミナー サッポロビール主催.jpg

サッポロビール主催の『繁盛の扉セミナー』に出展。スタッフ2名が参加。

北海あいがも、ワインラム、雉などの試食をメインに、商品の説明をしました。

午後6時頃、スタッフから連絡があり、サッポロビールさんが言うには「アイマトンさんが一番人を集めていましたね」とのこと。

半分お世辞と思っても、自分の商品がよいと言われたようで、単純に嬉しいですね。

偽装、苫小牧は逮捕、比内鳥は

2007/10/24

苫小牧の牛ひき肉偽装。秋田の比内鳥偽装。

肉屋関係、連続で偽装問題が表面化しています。

しかも、苫小牧の偽装業者は今日逮捕されるとのこと。

思い出し、2005年10月25日、私の出したメルマガを読み返してみたのですが、食肉業界は当時となんら進歩も改善もしていないんですね。

====以下メルマガ

■━━ http://www.iwaig.com ━━━━━━━━━━━■
■ レストラン外食店で、777倍得する美味しくも旨い話 ■ 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
いつもありがとうございます。岩井政海です。
  No.0052 2005.1025号

●肉屋の醜い部分(二)

何処へ出張しても、そのたびに必ずよるところがあります。
定点観測とでも言うのでしょうか。

新宿へ行ったら伊勢丹や大丸デパートで、大阪へ行くと阪急と阪神は絶対見ますね。

今回の話もあるデパートで実際に行われていたことです。

そのデパートの肉屋さんへは、出張のたびに必ず寄っていました。

テナントの肉屋さんは、見るからに怪しい肉をとてつもなく安い(肉屋が見て)価格でいつも売っていたのですが、ある日行くと肉屋が替わるとチラシが貼ってあります。

あ~、ごまかしがばれて出されるんだろうなと、納得してその日は引き上げたのです。

しばらくして行ってみると確かに肉屋は替わっていました。店名や制服などが変わっていましたから。

しかし、どうもおかしいのです。商品構成から肉の切り方までがほとんど同じなのです。

なんと、肉のごまかし方まで同じではありませんか。

『これは同じ肉屋だ』と、他の業者に聞いてみると、やはり同じ肉屋だとのこと。

これでは一般の消費者はごまかされないだろうな思っていましたが、その後しばらくしてそのデパート自体が倒産したのです。

テナントの一部だけの問題ではなかったんですね。

さすがに今は肉屋も変なごまかしをする所は少なくなりました。

でも心配です。一時の利益に目を奪われ、会社の将来を危うくするような経営者はいつの時代でもいますから。


10月8日と9日は東京へ出張でした。

いつものように、東京のデパートを7ヶ所回ったのです。過去には何処へ行っても松坂牛ばかりでしたが、ほとんど松坂牛は売られていません。

じゃぁ、あの松坂牛は全部偽者だったわけ?

●編集後記

なんと、今日の北海道は雪が降る所もあるそうです。

自宅のトイレの窓の外に、臭気抜きの煙突があるので、そこへ温度計と湿度計をぶら下げてあります。

北海道は、マイナス20度から上は30度くらいと温度にするとものすごい差に感じますが、長さで見るとたった5cmの違いですね。

たいしたこと無いです。(笑)

■■━ バックナンバー http://www.aimaton.jp/ ━━━■■
     073-0025 北海道滝川市流通団地1-4-25
            岩井政海
■■━━━━━━━━━━━━☆━━☆★━━━━■■

これで、4食連続の合鴨

2007/10/23

昼は千歳空港で合鴨ラーメン。

そのまま帰ろうと、歩いていると、空弁を売っている売店があったので、そのまま夜はこれにしようと『北海あいがも和膳』を買っちゃいました。

ちなみに『北海あいがも和膳』の合鴨は我が社の合鴨です。

みなさ~~~ん。
出張の際、千歳空港へ行ったらぜひ『北海あいがも和膳』を食べてください。

詳しくは→北海道お土産ガイド(以下抜粋)

北海道滝川産の良質な「北海あいがも」の肉をそばつゆで煮込み、旨みが詰まった煮汁と鴨のダシで道内産ほしのゆめを炊き込んで味つけいたしました。塩分控え目でヘルシーな和風弁当の登場です。ビタミン豊富な北海道のあいがもをぜひご賞味ください。

北海あいがも和膳 1,100円

 

追伸/2014.12.09

申し訳ございません。この弁当はかなり前に廃番になっていました。

昼食は、千歳空港で合鴨ラーメン

2007/10/23

昨日と今日は東京で、『第21回東京ビジネス・サミット2007』

千歳着が午後1時頃。

ちょうど昼食なので「なんにしようかなぁ~」と、空港の3階を歩いていたが「ヤッパ、合鴨でしょ」。

千歳空港の3階に、ラーメンテーマパークの北海道ラーメン道場というのが有って、北海道各地のラーメン屋さんが並んでいる。

「麺厨房あじさい」「特一番」「らー麺ばり屋」「開高」「王華」「味の時計台」。

2002年開業。

で、その中に合鴨ラーメンがあったので。

千歳空港 合鴨ラーメン.jpg

合鴨ラーメン 900円

朝食でも鴨セイロ

2007/10/23

昨日の『鴨んや』は有楽町に有るのは調べていましたが、地図を持ってきませんでした。

それで、タクシーに乗ったんです。820円。

ホテルは新橋なので電車で一駅。で、帰途は山手線130円。

ちゃんと地図を持って自宅を出れば690円無駄にしなくてよかったのにと、ケチを褒め言葉だと思っている私としては、ほんと悔しい。

東京新橋 天久里 鴨セイロ550円jpg.jpg

今朝、ホテルで朝食をとろうとよく見ると、2415円。

ホテルの朝食、高いとは解っているんですが、もったいないからと新橋の駅をふらふら。

駅と言えば蕎麦。蕎麦と言えば鴨。

そんなことで、鴨セイロを探して駅の周辺をぐるっと時計回りで6件目、で、やっと鴨セイロが有りました。反時計周りなら1件目だったんですが。
[^^;;

鴨セイロの価格があまりにも安いので、こりゃ輸入の鴨だと、あまり期待しないで食べたんですが、期待値を上回りましたね。

ホテルなら2415円の朝食が550円。

「やったぁ~、1865円儲かった」


でも、これで良いんでしょうか。最近ちょっと疑問に感じています。

座右の銘は、【油断と見栄・過信は身を滅ぼし、ケチとあまのじゃくは誉め言葉】ですが、小さなお金にこだわりすぎ、大きなお金を失いそうで。


役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント