大人の漫画

漫画は人生の入り口だと思っています

いまも

 

大人になっても読んでいた私としては

行き過ぎない範囲でと

自分に条件を付けなくてはなりませんが

 

一番悪いのはビックコミック

ここ20年は読んでいませんが [^^;;

 

===ウィキペディアから抜粋

『ビッグコミック』は、小学館発行の男性向け漫画雑誌。通称『ビッグ』『ビッコミ』。
発行部数: 24万1,000部(2021年1月 – 3月日本雑誌協会調べ)
会社: 小学館
発刊年: 1968年2月29日
読者対象: 30代以上の男性

===ここまで

 

その中でも『ゴルゴ13』が好きでしたね

『さいとう・たかお』さんですが最近亡くなりました

亡くなっても『ゴルゴ13』は続くとのこと

これって

寂しいような嬉しいような [^^;;

 

 

マイナスの1票があれば

昨日白票も一つの意思表示と書きました

もっといい方法がありますよ

 

落としたい候補に投票できればいいのです

マイナス1票として

この方法があれば投票率は上がりますよ

きっと

 

落選運動の言葉は知っていましたが

反対票の投票ってあるのかな

世界の国で

と、ここまで書いてネット検索すると

こんな記事がありました

マイナスの1票ではないかもしれませんが

そのような考えに関してのことですが

 

このブログを読むより良いかも [^^;;

 

「選びたくない人にマイナス1票!」の選挙だと投票率は上がる?世界の選挙を事例に

衆議院選挙が公示

10月19日衆議院の選挙が公示されました

こうじとキーを打つと最初に工事が出てきました

衆議院の工事中なので

これでも良いかな [^^;;

 

今日はその選挙の話しです

 

いつも思うのは自分の一票じゃ何も変わらないと

でも、その1票1票の集まりで政治家が選ばれ

日本国が動くのだと

自分を納得させて投票へ行っています

たぶん今回も

 

ところで

皆さん、自分の選挙区で

投票する人がいない場合はどうしていますか

 

選挙へ行かないですかね

そう考えることもありますがこれは駄目でしょう

では誰でもいいから目についた人に入れるのですか

でも、これが一番ダメかな

白票を入れる

ん~~~~、

 

色々な考えの人がいると思いますが

私はどれでも有りだと思っています

 

選挙へ行かないのは

たしかに自分の1票は死にます

しかし、政治に対する不信の表れだと思うのですが

それじゃぁ駄目ですか

 

白票で出す

私はこれもありだと思うのです

自分の選挙区でどちらにも

又は、だれも入れる人がいない場合

白票で出すのは間違っていますか?

そんな場合

誰でも構わないからとにかく書いてくる

これはダメダメ中の最大のダメでしょう

 

つまり今日の言いたいことは

白票も一つの意思表示だということです

あなた方二人とも(3人かそれ以上もしれませんが)

投票する価値がありませんよと言ってるのですから

白票には最大の価値ありだと思うのです

 

立候補者さんは

自分の表ばかり数えないで

必ず白票も数えましょうよ [^^;;

 

 

 

癖 週刊誌も後ろから

笑われそうですが

愛読書は

週刊ポスト、週刊現代、週刊文春

週刊朝日と週刊文春は入れ替えなので

現在の体制はこんな感じです

 

週刊誌は良いですよー

本音を書いているので

 

でも、

気を付けないとこちらの性格が悪くなりますね

あれは

 

当然のような悪口ばかりの週刊誌

まるで与党を責める野党みたい [^^;;

下手をすればマイナス思考に陥ります

7割大げさに書き

2割はうそかなと思う事を書き

1割が事実かもしれない事を書いています

でも、社会の切り口が新聞と違い

そこが捨てられない一番の理由です

 

先日は新聞は後ろから読むと書きましたが

週刊誌も後ろから読みます

袋とじじゃないですよ [^^;;

 

後ろからページをめくり

目についた見出しから読みはじめます

 

なんでこんなことになったのか

実は先日の新聞の話し

これを書いていて

『あっ、そうかぁ~、新聞から癖になったんだ』と気が付いたと

気が付いたのです [^^;;

 

年齢を重ねると

せっかちになる様です

小説は読まなくなりました

 

その週刊誌もベットの脇に置き読んでいます

数ページ読んでパタッと

閉じるのではなく眠るのです

いわば私の睡眠薬替わりですが

困るのは同じところを何回も読むことが [^^;;

 

第49回衆院選

今朝一面トップは

衆議院選挙の党首討論でした

北海道新聞の話ですが他紙も同じでしょうね

 

財務省のトップさんが言う通り

お金を配る話ばかりです

とは言ってもこの役人さんは大きく間違っていますが

この話はそのうちまた [^^;;

 

政治家は何でお金を配る話ばかりなんでしょうね

お金を配る話とは

お金で票を買う話であります

つまりは買収

しかも、自分のお金を配るのではなく公金を配るのですから

たちが悪いと思うのですが

しかし、これは選挙違反にはなりません

票をもらうための国民に対するワイロなのに

なんでだろ

 

言って居ることは口先だけでやらないから

詐欺かも [^^;;

 

あっ、そうか

これで良しとしているのは

こちら、つまり国民が許しているから問題ないのか~

 

お父さんが

普段子供と接していないので

小遣いを渡して子供の愛情を繋ぎとめる

これと変わりませんね

 

しかし、この方法も配るお金が有るから成り立つわけで

お金が無くなったら

家庭崩壊です

そんなことは財務省のお偉いさんに言われなくても分かっていますって

 

配るお金が欲しかったら

新たな収入の話しもしなくちゃと思いますが

その問いに一番近い政党がありました

 

日本維新の会の松井代表

「分配には成長が必要。成長を実現するために昭和の制度・行政・構造・規制を改革したい」

この政党なら実際に大阪での実績が有るので

きっとやってくれるでしょう

 

でも、でもですよ

我が選挙区にはこの政党からの立候補者はいないのです

ざ・ん・ね・ん [^^;;

 

 

癖 新聞へん

四コマ漫画のことは前回描きました

新聞に触れたのは四コマ漫画からだと

 

テレビを購入したのは小学校6年生の頃

昭和36年

西暦で言うと1961年ですから60年前

早見表がないと面倒ですよねぇ~ [^^;;

明治を西暦にすぐ変換できません

西暦に変換しないと

それから何年経たかが計算できないので

 

ともかく

これがきっかけで

新聞を読むようになりました

 

はい、ご推察の通りです

テレビの番組を見るため

実は大きな声で言えませんが

テレビを買ったきっかけは

例のごとく

夫婦喧嘩の末の母の家出です

子どもの目をそらすためだったのかな

 

あ~~っと、

書きたいのは新聞の話しでした

その頃は新聞のテレビ欄は最終面にあった

ハズです

記憶はあいまいですが [^^;;

それからですね

最初に番組欄からと

新聞を後ろから読むようになったのは

 

いまだに新聞は後ろから読みます

テレビ欄は見なくなりましたが

 

今はこれで良かったかなと思います

1面から読むと大きな事故、事件の話しからですから

朝から暗い気持ちで出発となります

 

皆さんもどうですか

新聞は後ろから読むと一日落ち着きますよ [^^;;

 

 

活字の入り口

先日は新聞の景品目当てを書いていますが

生活が苦しくなれば

心までも貧しくなるというか卑しくなるようです

 

しかし、景品じゃなく新聞のことを言うなら

そのおかげで読売新聞や毎日新聞、

北海道新聞、北海タイムスなどがあることを知りました

 

とは言っても子供のとき

最初は4コマ漫画しか読んでいません

しかし

これだって世の中への入り口としては良かったと今なら言えます

子どもの頃

我が家の本家へ遊びに行くたび

4コマも楽しみでした

 

それから小学校へ入ると3年か4年の頃は赤胴鈴之助

その後は鉄腕アトム

続けて鉄人28号

すべてが勉強になったと

いまは思っています

 

お陰様で想像力は豊かになりましたね

困ったことがあると

鉄腕アトムが助けに来てくれると

本気で思っていましたから

そう考えると苦しさも耐えることができたのです

 

最初は漫画だけ

そのうち活字を覚えると文字を読み始めます

文字を読むと意味が分かり

漫画がより一層楽しくなりました

 

小学校5年生くらいになると図書室に入り浸り

歴史小説を読むようになります

 

最近の子供は本を読まないと言われていますが

活字の入り口は

漫画でも良いのではと思うのです [^^;;

 

夫婦喧嘩の話し

我が家ではいつも夫婦喧嘩が絶えませんでした

これは

昭和30年頃の両親の話です

 

この喧嘩

言い争いだけではありません

殴り合いも何度か観たことがあります [^^;;

当時子供でしたから原因は分かりませんでしたが

 

立て板に水の見本みたい

最初は母の口が勝っていますが

最期は口喧嘩に負けた父がビンタ

で、母が泣きながら家を出る

見送る私たちは玄関先で大泣きする

これがお決まりのパターン

 

家を出ると言っても500m離れた父の実家へ行くのですが

これは夕方には帰ってきます

大げんかの場合は母は9人兄弟の姉妹の家へ行きますが

だいたい3日もすれば父の方が値を上げていましたね

 

小学生にもなるとこちらも知恵がついてきます

あるとき

「なんでそんなに喧嘩ばかりしているの?」と聞いたことがあります

「お前も大人になれば分かるけどお金がないからだよ」とは

母のいつもの答えです

 

その時は『そういうものかな』と思っていましたが

実際のところ生活が楽になっても

ショッチュウ喧嘩をしていましたね

殴り合いはしなくなりましたが [^^;;

 

お金がないと喧嘩になる

これは事実かもしれませんが

世のなかを見ると

お金が沢山あっても喧嘩になるようですね

で、最後は遺産争いでブスッと、、、

 

テレビの見過ぎかな [^^;;

 

悪口も評価の一つ

他人の悪口は楽しいものです

 

他人の不幸は蜜の味 なんて言いますよね

人の悪口は蜜の味ともいうようです

 

今回は悪口の話し

 

悪口って

ついつい言っちゃいますよね

話し相手によっては

悪口を言うよう誘うような言い方をする人もいます

悲しいかな

私も根が軽いものですぐ引っかかるんですよ

それに乗って話すと

その人に伝わり後から大変な目に合う

これも良くあることです

私はそれは無しですが [^^;;

 

悪口は楽しいだけではなく

自分と相手がいる場合

自分の評価を上げる方法の一つで

相手を下げようとする

それが悪口なわけで

自分に自信がない場合はそうするようです

私の話では無く [^^;;

 

でもこれって

他人の悪口を言うことによって

自分の評価をも下げているんですよね

私の話しでは無いですが [^^;;

 

しかし、その悪口が絶対言っちゃダメかというとそんなことはありません

その人の評価が悪いとしても

事実であったなら

悪口とは言ってもその人の評価でもあるからです

でも、他人に言うことではありませんが

 

だからぁ~、私は悪口は言って無いって [^^;;

 

ナメタケ

おはようございます。

今朝は寒いですよ~、ここ赤平めん羊牧場

コロナもいっときかもしれませんが

収まっています

世界的に見て日本は良い状態じゃないですか

そう考えると政治家も頑張っていたのですが

なかなか評価されませんね

 

私も文句ばかり言っていますが [^^;;

 

上の写真はナメタケ

 

気温が下がってくるとナメタケの季節ですが

我が北海道サフォーク牧場の天然ナメタケは出なくなりました

そこでナラの木になめたけの種菌を植付けて3年目

こんなに立派な榾木(ほだぎ)ナメタケが

 

朝食の味噌汁はナメタケでしょう

文句はありません [^^;;