アイマトン
ブログ管理

焼き肉の食べ方

2018/01/17

焼き肉を『美味しくいただくために』

1.生肉を扱う際はトングをお使いください。

2.肉はよく加熱して一番美味しい焼き加減でお食べください。

3.新鮮な肉を提供していますが生食はしないでください。

これは、楽しい煉屋に掲示されているポップです。

2018.0117肉の食べ方2IMG_5915

最初の『生肉を扱う際はトングをお使いください』の文章の意味です。

生肉はトングで。

焼きあがった肉は箸を使ってほしいのです。

焼かれていない肉は生ものなので衛生的に考えて箸とトングを使い分けしましょう。

と、こんな意味になります。

もう一つ、生肉はまだ焼かれていないので誰の口に入るかその時点では分かりません。

いわば公共物。

焼かれて皿に取り分けられるときは自分用ですから私物。

こうも考えられますよね。

 

『肉はよく加熱して一番美味しい焼き加減でお食べください』

このポップでなるほどな(個人的に)と思われるのが2番です。

美味しいか不味いかは主観。

つまり、食べる人がうまいという焼き加減が一番いいと思うのです。

ステーキで言うと、レア、ミディアム、ウェルダンの区別になるのでしょうか。

レアは、表面が少し焼かれた状態で切ると血が出るくらいの焼き加減。

ミディアムは、レアとウェルダンの中間くらいの焼き方。

ウエルダンは、私から言うと炭の二歩手前くらいの焼き加減。

これは焼肉言葉ではありませんが当然焼肉にも当てはまります。

私は野性的育ち方をしたので生に近い方がいいので、家族で焼肉屋さんへ行っても私の肉には触らせません。

 

『新鮮な肉を提供していますが生食はしないでください』

これも当然と言えば当然です。

ただ、生で食べられない肉は焼いても食べられないというのが私の考えです。

むかしむかしの話ですが、魚屋さんの売り言葉に「この魚は新鮮ですよ」と。

続けて「刺身でも食べられますよ」。

 

いつも思っていました。

刺身にできない腐った魚は焼いても食べられないだろ、と。[^^;;

 

 

ななかまど

2018/01/16

いまの北海道はどこを見ても真っ白。

山も街も。

でも、そんな中でも赤いものが。

 

2018.0116ななかまどIMG_5919

これはななかまど。

赤い実はナナカマドのみ。

 

 

 

2018.0116ななかまど2IMG_5920

近くで見るとこんな感じ。

 

小鳥は食べるけど、人も食べられるのかな。

美味しそうだけど、止めておくか。 [^^;;

 

 

日本ハム新球場は札幌か北広島か

2018/01/15

日本ハムファイターズの新球場ボールパーク構想候補地は、札幌市真駒内公園か北広島市の運動公園のどちらかに。

新聞記事風に書けばこうなります。

 

その前に私は野球は好きではありません。

というより嫌いなスポーツですね。

理由は、・・・と、今回のテーマには合わないので以下省略しますが、

言えることは、それだけに冷静に見ることができるのです。

 

一般論でいえば、どちらが良いかと言えば札幌が良いとなります。

北海道の球団ですから一番ファンの多い街は札幌。

なのでこれらの意見から、また政治力からも札幌市内に造ろうよとなりがちです。

これが普通の考え。

 

でも北海道全体から見るとどうでしょう。

北海道は車社会。

駐車場の設備は外せません。

それも大量に。

つまり札幌の街の中を突っ切っていく真駒内より北広島の方が便利です。

確かに札幌市内のファンにとっては電車一本で行ける札幌市内に球場が有ると便利です。

しかし、その便利は野球に興味のある人にだけ。

興味のない札幌市民にとってはその混雑が大迷惑。

そんなことで札幌市内に球場を作ると野球嫌いを増やすだけになるのではありませんか。

 

もうひとつ北広島市が良いという理由が日本全体から見ると、です。

これは断然北広島に地の利があります。

千歳空港が近い。

本州など他地域の日ハムファンの観戦には空港に近いのはありがたい話です。

また、選手の移動。

これも空港に近いと便利ですよね。

選手のストレスは真駒内よりかなり少ないでしょう。

選手からみると遊ぶ場所すすきのから遠くてチト不便かな。

でも野球選手は給料が高いのだからタクシーで行けよ、なんてね。

このように北広島市の方が種々の効果が高いと考えられます。

その上球場近くにJRの駅を作るとその利用でJRの収益にも貢献します。

 

なのに、なぜマスコミは札幌が良いという印象を与えるのでしょうか。

 

遠くになると、取材が面倒からなのかな。[^^;;

 

 

 

 

 

東京と言えば東京タワー

2018/01/13

先日の続きです。

東京と言えば最初に思い浮かぶのは、

東京タワーでしょう。

東大 浅草 アメヤ横町 東京オリンピック 東京駅 も、ありかな。

で、食べ物は、・・・い~~~っぱいあるけど、無い。

 

ということで、やっぱ東京タワーでしょ。[^^;;

 

 

2018.0111東京タワーIMG_5855

 

2018.0111使いツリーIMG_5874

ごめんごめん、スカイツリーもあった。

ぼけぼけ写真をごめんなさい。

わざとじゃありません。

でも、印象としてはこんなとこかな。[^^;;

 

 

京都タワー

2018/01/11

京都へ最初に来たのが高校の修学旅行。

調べると京都タワーができてから2年目だったのですね。

それから私にとって京都と言えば、

金閣寺でも銀閣寺でもなく京都タワー。

八ツ橋でもなく湯豆腐でもなく

平安京でもなく本能寺でもなく京都タワー。

京都弁でもなく舞妓さんでもなく、あっいや、舞妓さんにはちょっと揺れるけれど。

 

ということで、京都タワーは私にとって京都を思いうかべるランドマーク、・・・かな。

 

2018.0111京都たわーほMG_5809

というこで、いま京都です。

昨日と京都(今日と)。[^^;;

 

 

ヒツジの出産

2018/01/09

今年はやりかたを変えて年明け5日頃から出産の予定でした。

ちょっと早まりましたが。

 

2018.0109出産IMG_5679

写真は1月4日出産の羊。

このように毎日1頭から3頭出産の予定です。

しかし、予定通りにはいかないもの。

今朝はなんと9頭も出産したのです。

こうなると仔羊は2頭ずつなので18頭。

入り組んだおやこは半別が難しくなります。

親子さへ確定したら耳に番号を付けておしまい。

あとは羊が勝手にお乳を与えて育てていきますので。

 

ところで先日のテレビドラマで新生児室をみました。

赤ちゃんの足に識別番号(?)らしきものが着いていました。

羊とほぼ・・・だと。

不謹慎かな[^^;;

 

 

除雪車

2018/01/08

今日の気象は、じゃなく起床は朝4時。

そうそう、いまごろの北海道、気象が心配でそく窓を開け降雪量を確認します。

なんせ気性が激しいので。[^^;;

 

2018.0107除雪車IMG_5673

写真は昨日の朝の話し。

いつものようにカーテンを開け確認。

一晩の降雪は50cmほどありましたね。

北海道と言ってもこんなには、・・・稀少です。[^^;;

 

一部の北海道の企業家庭では個々で除雪車を持っています。

我が家(というか農場)でも公共施設の除雪車ほどではありませんが大型除雪車を配備。

でも、一晩に50cmの積雪はそういつもあるわけではありません。

そんなことで

除雪車までたどり着くのがひと苦労。

これじゃ、除雪車までの雪を除ける除雪車も必要かな。[^^;;

 

 

大掃除でたぬきを発見

2018/01/07

バレンタインデーを検索すると2,400,000件ヒット。

大掃除 で検索すると24,300,000件ヒット。

つまり日本人の年末行事として大掃除はいまだに主役なんですね。

 

で、我が家の大掃除は種々の理由により12月31日でした。

そこでお宝発見。

2018.0107IMG_5671

お金じゃなく緑のたぬきです。

15個も。

ラッキーとそれから毎日1個ずつ食べています。

が、なんと賞味期限は2017.01.28。

『1月18日だ』行けると思ったら、一年も前に切れているじゃありませんか。

 

なるほど、相方は食べないはずだ。[^^;;

 

 

3%時短と3%ベースアップは同じか

2018/01/06

2018.0102両肘2IMG_5623

先日けがをした両肘。

まだ癒えていません。

ヒリヒリしています。

空から降る雪は柔らかいのに1週間も経つとかたくなります。

人の肌などひとたまりも有りません。

自然の力

これを忘れていました。

 

と言いうことで今日はかたい話を。[^^;;

 

今朝の新聞によると安倍首相が5日の経済3団体との新年祝賀会で企業トップに3%賃上げを要請しました。

これをみて感じたことをいくつか。

毎年10月に最低賃金上げを決めます。

最低賃金修正、給料ベースアップを政府主導で決めることは理解できません。

日本は資本主義。

賃金はできるだけ企業個々に任せればいいものを。

政府が介入するとどこかに無理が生じ弊害が出ます。

これだけ人手が足りなくなれば業績の良い企業ば最低賃金上げは政府が決めた金額より高くする筈です。

またベースアップも3%に収まらず10%アップも、それ以上も有るかもしれません。

そうしない企業に人が集まらなくなり維持できません。

最悪業績は下がります。

それどころか世の中に不要な企業と判断される可能性もあります。

つまり倒産です。

ということで政府は何もしなくても世の中に不要とされる企業は自然といなくなる。

そして業績を上げる努力をし続ける企業だけは明日も生き残れるということになるのです。

それががまっとうな社会だとおもうのですが。

 

もう一つ。

企業のトップがインタビューに答えていました。

「3%アップの努力をする」と。

経済3団体といえば日本を代表する企業群の長さんでしょ。

なら、「3%どころか、もっと上げますよ」ぐらい言ってみなさいよ。

それどころか理解できない発言をする企業トップの方もいましたよ。

「勤務時間を短くします。そうすると3%賃上げと同じですよね」とのこと。

この経営者は頭の中で話していますが人の心は別です。

勤務時間を給料にして3%ぶん短くするのと、お金が3%ぶん上がるのとは全然違うじゃないですか。

会社の経費とみれば同じでも懐に1割のお金が増えるのとおなじかよ、と思うのです。

それよりなにより、給料は会社から見たら経費でも、電気料金やガソリン台、旅費交通費や交際費と同じにはなりませんよ。

給料は人の命ですよ。

 

最低賃金上げのときは給料を政府が決めるのに納得いきませんでした。

今回もまた賃上げ率を政府が決めることが理解できません。

 

なら「会社の利益も政府が決めろよ」と言いたい。[^^;;

 

 

カルビ10種

2018/01/05

先月入院して絶食7日間。

まだ本調子ではありませんが、

焼き肉

2018.010530AD7833-6A21-40F8-B2D4-814AD5167C08

滝川 楽しい煉屋です。

 

今日は、これで体調が元に戻れ、

たら良いなと言う話です。[^^;;

 

追伸

昨日も書きましたが、頭はもう本調子に戻らないかもしれません。

なんてね、冗談ですよ。[^^;;

 

 

 

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント