アイマトン
ブログ管理

‘2011/07’ カテゴリーのアーカイブ

発熱

2011/07/31

歳を取るってこういうことなんだと、そう思う今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。


はい、私は最悪です。

いや、実は風邪をひきました。

で、夜の咳がひどくて眠れないのです。

そんなことで、今日も朝からぼ~っとしています。これで1週間。

なかなかすっきりとはいきません。


この歳を取るって、の話しですが、今話した、じゃなく書いた愚痴のこと。

昔は「風邪ぐらいで泣き言いうなっあ~」と、風邪ひいて苦しそうにしている人を捕まえては、・・・・。

と、これは残酷だったと、今日は素直に反省。

そうはいっても、自分自身も風邪をひいたくらいで、あまり愚痴らないようにはしていましたねぇ~。

まぁ相方に言わせると、「あんたは、熱には弱いよね」と言われちゃいますが。

「あんたは、37度を超えたら、グッタリしているから」とも。

はいそうなんですよ、正直に話すと発熱には弱いですから。

そういえば、38度過ぎるとで起き上がれませんでしたわ。


苗字は、岩井ではなく弱井に変えた方が良いかな。[^^;;

シカ焼肉おにぎり

2011/07/29

2011.0729シカ焼肉おにぎり125円DSC_8075.jpg

今日もエゾシカの話し。

昨日の続きですが、これもローソンさんで売られていた、キムチ仕立てのシカ焼肉のおにぎり。


当然ながらエゾシカは北海道に鹿いません。[^^;;

北海道の大自然の中で、のびのび(鉄砲で狙われるので、そうはしていないかな)と、そして化学肥料も消毒の薬剤も掛かっていない草を食べています。

いわば、本当の有機食材。

私たちを悩ませている和牛の代わりにはなりませんが、エゾシカはいかがですか。


でもこのおにぎり、季節限定とのことです。

エゾシカの食害に悩まされている道産子(どさんこ)としては、できれば一年中売って欲しいものです。


そうすれば毎日、感謝して食べ、やっつけてやる。[^^;;

シカ焼肉丼498円

2011/07/28

2011.0728シカ焼肉丼DSC_8071.jpg
シカ焼肉丼498円

今年はエゾシカ三昧な一年となりそうです。

というか、私の中ではもうなっていますが。

写真はコンビニローソンのシカ焼肉丼。

エゾシカの焼肉丼も初めてですが、冷えていた方が美味しいどんぶり物という物も初めてです。


行者にんにくも北海道産で、もちろんエゾシカ肉も北海道産。

米は、分かりません。[^^;;

セシウム問題、米は大丈夫か

2011/07/27

北海道・浜中町で出荷されたセシウム汚染牛肉は暫定規制値以下だったので、やれやれと思っていた矢先に、札幌のデパートで基準値を上回るセシウムに汚染された牛肉が売られていたとのこと。

肉屋ですから、気になります。

だって、牛肉を食べなくなると思うのです。

それでなくても、北海道の牛肉の消費量は少ないですから。


====以下どうしんウェブから

札幌三越で汚染牛肉を先月販売 北斗・函館・旭川では疑い牛 07/27 10:29、07/27

 札幌市保健所は26日、放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられ、国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える770ベクレルの放射性セシウムが新潟市の検査で検出された宮城県産の牛の肉が、札幌三越で6月10日から13日まで約4・9キロ販売されていたと発表した。同保健所は「この牛肉を数回食べたとしても、健康への影響はない」としている。

 また放射性セシウムを含む稲わらを与えられた宮城県産の牛の肉が26日、新たに北斗と函館、旭川の各市で販売されていたことが分かった。ほとんどの肉は販売済みで、セシウム含有量の測定は不可能。一方、旭川と滝川で流通した福島県産の牛肉からは同日、セシウムが検出されたが、国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を大きく下回った。

<北海道新聞7月27日朝刊掲載>

====ここまで


でも、今回は牛肉の話ではなく、米の話。

デパートで売られていた牛肉は、宮城県産。

宮城県産の牛に、セシウムに汚染されていた宮城県の稲藁を食べさせたことが原因とのこと。

これは、宮城県の田圃がセシウムに汚染されたことになります。

セシウム137の半減期は約30年。

つまり、汚染された田圃のセシウムは、30年で半分になると言うことですよね。

稲藁にセシウムをふりかけたのと、土から吸収したのでは汚染量は違うのでしょうが、そこからできた米は大丈夫なんでしょうか。


放射能汚染が問題視されたのは、最初に野菜で次が牛乳。

それから牛肉。

これから魚?、米?と、続くのでしょうか。

大騒ぎはず~っと続くでしょう。


それより、子供の尿からセシウムが検出されていますが、これって大問題ですよね。

エゾ鹿と愛別産舞茸のストロガノフ風

2011/07/26

2011.0726エゾ鹿と愛別舞茸のストロガノフ風1500円DSC_7606.jpg
22日だったかな、層雲峡でのこと。

ちょうど昼食時だったので合鴨セイロを探したのですが・・・・、層雲峡温泉に蕎麦屋さんは無いのかな。

まぁ、地理不案内なので見つけることが出来なかっただけだと思いますが。

しかし、そんなことに関係なくお腹は「原平太」と騒ぐばかり。


で、目の前にイタリアンのお店があり、同行3人はそこでokと言うことなので。


私の外食店、第一候補はまず鴨セイロ。

で、それが駄目ならラム料理。それも駄目なら、エゾシカ料理を探すと、順番が決まっています。

店内に入ってもメニューから探すのは、鴨、ラム、エゾシカの順番ですね。

同行者の意向に関係なく。[^^;;

なんて、そんなことはありませんが、レストランに入ったらほとんどこの順番でメニューから探します。


で、あったんです、鴨か仔羊か、そしてエゾシカ課、その中で今回はエゾ鹿料理が。

『エゾ鹿と愛別産舞茸のストロガノフ風 1500円」。


もうここまでこだわると味に関係ありませんね、メニューに載っているだけで満足。

だって、まだ4日しか経っていないのに、味を思い出せませんから。

ん・・・、これはこれで悲しい。[^^;;

第18回 北海道MG研修 西順一郎ラベンダーMG

2011/07/25

2011.0725北海道MGDSC_7704.jpg

北海道MG研修も、中で2年空けましたが、今年で18回目ですからずいぶん長く続いたものです。

今回のMGで最優秀経営者賞は、神戸から参加のB藤さん。

ダントツの成績、おめでとうございます。

北海道勢は、私も含めてだれも歯がたたなかったです。

詳しくはこちら→ 株式会社西研究所

北海道富田ファームのラベンダー

2011/07/22

追伸2011.07.24====
 これを先に書くのも変ですが、お許しを。

 富田ファームは間違いです、まるで別な農場名になってしまいました。正解はファーム富田です。関係者様にはご迷惑をおかけしました、以後気をつけます。
====

 
 
2011.0722富田ファームのラベンダーDSC_7674.jpg

タイトルに北海道富田ファームと書きましたが、これで郵便物は届くでしょうか。

よし、大阪に出張があったさい試してみよう。


で、一年ぶりかな、富田ファームは。

今年はラベンダーを見る時期がちょうど良かったのも、あるかもしれませんが、毎年、間違いなくパワーアップしていますね。


富田ファームで嬉しかったことを一つ。

それは中国語が聞けたこと。

『で、どうしたの?』と、言われそうですが、でも嬉しかったんです、中国から観光客が北海道へ来ていたことが。


いまや富田ファームって、北海道の、いや日本の代表的観光地ですね。


これっておもしろいですね。

だって、大企業の不始末を、小さな企業が頑張って取り返している図だと、こう思うのです。

視点を変えると、プロ野球の人気の低さを、甲子園球児が頑張っているとか。

サッカー男性陣の非力が、なでしこジャパンにたしなめられている、だとか。

これらは、大きいものやこと、そして権力があるより、小さくても光るもの(こと)、そして本当の実力がある人が、価値ありの社会になったと言えるのではないでしょうか。


古参社員の仕事振りの物足りなさを、パートさんが頑張っているとか。

あっ、これ我社のこと。[^^;;

美瑛でラベンダー

2011/07/20

2011.0720美瑛でラベンダーDSC_7575.jpg

今日は美瑛。

旭川空港へ、研修の講師の先生をお出迎え。

チェックインまで時間が有ったので、かなり遅めの昼食は美瑛で鴨セイロ。

に、しようと思ったのですが、鴨セイロは無しということで、蝦天セイロ。

「え~、鴨無いのぉ~」と、一応言ってきたけれど、何の効果も無いでしょうね。


それはともかく、いまはラベンダーが最盛期のようです。

美瑛の丘で、ラベンダー畑を発見。

で、パチリと。

写真の腕はカメラ任せですから、いまいちどころか、いまさんかな。


『う~ん、ブログ写真は、マイルドセブンの丘』にしたほうが、良かった。[^^;;

なでしこジャパン

2011/07/19

ありがとう、本当にありがとう、感動を沢山ありがとう。

えっ、なんのことかって?

なでしこジャパンです。


へそ曲がりの私としては、サッカーごときに(サッカーファンの方には申し訳ありませんが)一喜一憂するのは本望ではありません。

しかし、今回は感動しましたね。


いつもはそんなことはありません。

だってサッカーを見ませんから。


しかし、今回は違いました。

準決勝は、偶然にも点数を入れるところを見たんです。

で、もうめちゃくちゃ嬉しかったです。


実は話しはそれで終わりではなく、この偶然は決勝もでした。

決勝も、たまたま中継を見ちゃったのです。


いやぁ~、本当に感動しました。

点を獲られて取り返し、また獲られたら取り返しと。

文字は違ったかな。でもイメージはこんな感じでしたので。

これやられちゃ、相手も戦う気なんて失せてしまいますよね。


だからと言って、サッカーを好きになるかといわれても。[^^;;


====毎日jpから

なでしこ:「ありがとう」の声あふれる 到着の成田空港で

帰国し、大勢のファンに迎えられる中、トロフィーを持って笑顔を見せるなでしこジャパンの福元美穂選手(左端)=成田国際空港で2011年7月19日午前9時5分、三浦博之撮影 「ありがとう」「おめでとう」の声があふれた。サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」が19日、千葉県成田市の成田空港に到着し、雨の早朝にもかかわらず約400人のファンが出迎えた。バスに乗り込むまでの短い”交流”だったが、小柄な「女王」たちの雄姿に「元気をもらった」と、感動をかみしめていた。

====ここまで

セシウムに汚染された牛肉より大問題が

2011/07/18

私は肉屋ですから、肉の話をひとつ。

福島県の畜産農家が、牛へ放射性セシウムに汚染された稲わらを与えていた件で、その数が411頭になりました。

まだまだ増えそうな勢いです。


ほぼ日本中に、さもばら撒くがごとく、セシウム入りの牛が売られていきました。

セシウム入りの牛肉なんて、誰も食べたくはありませんから、もう大騒ぎです。


スーパーから買った人や焼肉店で食べた人は、当然ながら被害者。

売ったスーパーも、食べさせた焼肉店も被害者。

そこへ売った和牛農家も被害者。


加害者は誰?

セシウムを放出した会社です、つまり東電。

その東電に原発運転の許可を出した政府も加害者。

ではないでしょうか。


被害者が有って、加害者がはっきりしていますが、これはあきらかに犯罪ですよね。

犯罪者は罰せられて当然。

だと思うのは、素人でしょうか、どうもそうもなりそうにありません。


もう一つ言いたいことが。

だれもセシウム入りの牛肉なんて食べたくはありませんから、大騒ぎは当然だとしても、でも、忘れていませんか、福島の子供たちからセシウムが出たことを。

牛肉より大問題だと思うのですが。

マスコミ報道はどうなっているのでしょう。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント