アイマトン
ブログ管理

‘2012/06’ カテゴリーのアーカイブ

全国合鴨水稲会の声明文

2012/06/29

会社経営者、また会社は、企業を運営する中で、色々な団体に所属しています。

私の場合は、家畜の団体が多いですね。

羊の団体、エゾシカの団体、合鴨の団体など。

その一つに合鴨水稲会があります。

その会が発行する『水かき通信』に、当然のそして納得のコメントが載っていましたので、全文を掲載します。

====ここから『水かき通信』より転載

原子力発電に対する反対声明文

私たち全国合鴨水稲会は、原子力発電に対して明確な意思を持って反対します。
この度の東日本大震災における地震、津波で亡くなられた方や被災された方に対し、心より哀悼とお見舞いを申し上げます。同様に、福島原発事故の放射能汚染に曝されている方々とは、言いようもない怒りと不安を共有しながら一刻も早く収束することをともに祈念いたします。

私たちは、空気、水、太陽エネルギー、大地など自然からの恵みを受けながら、作物や家畜などの命を育み、それらの命を頂きながら生きてきました。合鴨農法は、農業の近代化が進められる中で、大きく歪んでいった自然と人間との関わりを根底から問い直す中で生み出されてきました。それは、近代農業では悪者扱いされる害虫や雑草を資源(合鴨のエサ)として捉えるという発想の転換の中から生まれた有機・無農薬の「百姓の技術」と言えます。

20 年以上におよぶ私たち合鴨農家の取組みは、環境と人々の暮らしを守る農法、新しい暮らし方のモデルとして広く認知され、水田の中を群れになって泳ぎ回る合鴨たちの姿は、多くの人々に合鴨農法への信頼と安心感を与えてきました。

こうした中で起きた福島での原発事故は、大量の放射性物質(ヨウ素 131,セシウム 137など)を大気中に撒き散らし、今なお広範囲で水や土壌を汚染し続けています。原発事故で被災したのは、人間だけではありません。稲や野菜、牛や鶏などの家畜も放射能を浴びました。合鴨も、ドジョウも、赤とんぼも、全ての生きとし生けるものが被曝しました。

この原発事故は、人間だけの欲望の肥大を、”成長”・”発展”という言葉にすり替えて、経済活動の優先と科学への過信に依って暴走した結果です。福島原発事故は、人間が近代社会と自然に対して起こした、取り返しのつかない人為的過失です。

私たち農民は、生き続けるために、自然の脅威の真っ只中で、努力し工夫し続けました。
そして、自然に対しては感謝と同時に畏怖しながらも深く洞察し、つつましい暮らし方をしてきました。しかし、本来、「生きる術」(手段)であったはずの科学技術や高度に分業化されたシステムは、いつの間にか豊かさや利便性の名の下に、私たちの欲望を煽り、自然の循環から切り離し、自らが「生命あるもの」であるという思考を停止させました。

私たち全国合鴨水稲会は、無農薬の安全な米を作ることを通して、自然の恵みと共に「生きること」・ 「 生き続けること」の意味を考え続けて行きます。経済的豊かさよりも、自然と寄り添い、安心と継続を優先させる強い意思を持って行動します。

この意思を持って、合鴨君とともに原子力発電に対し明確に反対します。

2012 年 2 月 11 日 第 22 回全国合鴨フォーラム東京大会
全国合鴨水稲会

わが社の農場では、いまヤギがブーム

2012/06/27

昨日はヤギの記事。

で、こんなのもありました。

2012.0627木の葉を食べるヤギDSCF4282.jpg
ヤギって、固いくさとか木の葉が好きなんですよ。

左のヤギは、木によじ登る感じで、木の葉を食べています。

もちろん首を伸ばして届けば、そのままむしゃむしゃと食べちゃいます。

現在ヤギは50頭ほど飼育。来年は子ヤギを70頭出産予定で、これからヤギにも少し力を入れるつもりです。


「え?、ヤギをどうするのかって」。

はい、もちろんわが社は肉屋ですから、・・です。[^^;;

ヤギを引き連れて

2012/06/26

先日恵庭の観光牧場を見学しましたが、羊を追うのはワンちゃん。

これが一つのショーとしての売りなんです。

で、我が北海道サフォーク牧場には、ワンちゃんは1頭もいません。

犬で羊を追うのはやらない、と、決めていますので。

餌代がもったいない。では、ありませんよ。

2012.0626ヤギ放牧風景DSCF4298.jpg
じゃぁ~、どうやって羊を移動するの、と、聞かれたらこの写真ですね。

写真はヤギですが、飼育員がオイル缶に餌を入れて、放牧地を歩くと、ヤギが「おっ、ご飯だ」と、ぞろぞろついて歩くのですが、このように付いた癖を利用して放牧地間を移動させます。

どうです、家畜に優しいこのほうほう。

この移動方法で、い~ど~。[^^;;

2012/06/25

北海道サフォーク牧場の配置図です。

位置関係、面積は無視してください。

HSF 本場配置図.ppt

タモギタケ

2012/06/24

2012.0624タモギダケDSCF4245.JPG

もうキノコの季節かなぁ?

写真はタモギタケ。


今日は、北海道サフォーク牧場でアザミ退治。

牧場の整地で倒したナラの木は方隅に寄せてありますが、なんと嬉しいことにそのナラの木にびっしりタモギタケが生えているではありませんか。

タモギタケは調べてみたら、5月から7月までが旬のようです。


私の旬はとうに過ぎていますが。[^^;;

空飛ぶ鷲と池の鯉

2012/06/22

突然ですが自治労とは。

検索してみました。

地域公共関係、つまり県庁・市役所・町村役場などの自治体職員、他に公社などが組合員の生活を向上させ、且つ労働者の権利を守るために作った団体です。

私はこの目的に異を唱えるものでは有りません。ただ一つだけ意見があるだけです。

それは、自治体の長、つまり知事や市町村長などの選挙で自治労が特定の人を推薦すること。これにです。

これっておかしくは有りませんか。

自分達の生活向上のために、市長が有るのでありませんよね。むしろ部分的には敵対することもあるはずです。

なおかつ、推薦される人を良く見ると、助役・収入役・市町村の職員、副知事等々、前職が同僚だった人のなんと多いことか。

それでなくても、官僚が市町村長・知事になって能力を発揮できるとは思えませんが、その上なおかつ自治労の推薦を貰ったら、前の職場の利益のために働いても、市民・都道府県民・国民のために働くとは思えませんので。


と、この記事を書いたのが、2009年6月4日でした。

あれから3年。

もう一つ意見を追加します。


ある地域の商工会議所に、市役所からの天下りの人が、専務理事のイスに座っています。他にも、中小企業相談所長とか。

それも何代にも渡って。

これは天下りでしょうかね。

それはともかく、商工会議所って経済人の団体ですが、その人は能力をここで発揮できるのでしょうか。


私は思うのです。

空飛ぶ鷲を、池の中に入れたら、当然ながら泳げません。まぁ、死ぬのはともかくとしてください。

方や、池の鯉を、「空を飛べ」と放りあげても、飛ぶどころか地面にたたきつけられのた打ち回り死ぬだけです。

私は、経済人と官僚とは、空飛ぶ鷲と池の中を泳ぐ鯉ほど生活環境や考え方、もっと言うと体質までもが違うと思うのです。


つまりは、官僚が経済人の団体の役職をしていることが不思議なのです。

だからと言って、その人に能力が無いと言うのでもありませんよ。

能力の発揮の場所が違うのではありませんか、と、こう言いたいのです。


これは私にも言えることで、畑違いのことをやっても成功しませんよね。


もっとも、私の場合は能力も心配ですが、[^^;;

肉屋の仕事

2012/06/21

昔は養鶏場を経営していました、最盛期は40,00羽の採卵鶏です。

途中から並行して養豚場も。これは親豚100頭の一貫経営(子豚出産から肉出荷まで)、最盛期は常時1,000頭の豚がいました。

で、肉屋を開業。

いまは養鶏も養豚もやめ、合鴨と羊などを飼育しています。

長くもない人生なのであれもこれもは無理、一貫して家畜と肉に携わっています。

2012.0621仔牛の解体DSCF4232.jpg
写真は、仔牛の解体風景です。

農場にいると、ときどき肉屋だということを忘れています。また、小売りの現場にいると、家畜の飼育も忘れてしまいます。

今の仕事に集中しているから、と言えればいいのですが、単純に忘れっぽいだけですが。

でも、思い出すこともあります。それが会社の自分の部屋。

トイレに行く途中、動物の解体風景を見ることができます。


解体工場の肉は、常に枝肉の状態で吊り下がっていますが、写真はもも肉だけにしました。

理由ですか?

お客様は枝肉を見ると、初めてなら拒絶反応をしめしますから。


動物の解体現場を見たら、買いたい意欲がなくなるということで[^^;;

スプリングフラッシュ

2012/06/19

2012.0619食べるに追いつかない牧草の伸びDSCF4023.jpg
まずは写真を見てください。

羊より牧草の背丈が高くなっています。

食べても食べても、草の伸びのほうが早くて食べきれません。


皆さん、スプリングフラッシュって知っていますか。

牧場を経営している人はご存知かと思いますが、スプリングフラッシュとは、草が一斉に伸びる今どきの状況のことを言います。


それはいいとしても、綿羊は背丈が高くなり、固くなった牧草は食べません。

困った。

昨年までは掃除狩りと言って、放牧して羊が食べなかった牧草以外の草を刈り取っていたのですが、今年はそれをやめて、こまめに放牧地を変えることにしました。

でも、これはあくまでも計画。

このスプリングフラッシュの今は、なんともやりようがありません。


少しでも草が減るように、私も牧草を食べようかな。[^^;;

節電は楽しい

2012/06/18

今年の夏は節電一色。


これほどの節電の世の中、エアコンを使うときは後ろめたさを感じるでしょうね。

私は大丈夫、だって通常エアコンを使用しませんので。

車も。


我が家では、昨年の3月11日以前は、電化は当然のことと、また安全のためというのはありますがガスは廃止、そして灯油の使用を減らし、電気を主とした生活に切り替えていました。

なんとも。

今更戻れないし、こまった。


でも、原発を廃止するために、いまの節電は必須で、いくら困っても、原発は廃止するべきです。


私もやっていますよ。

電球をLEDに換えたり、冷蔵庫の温度を弱にしたりと、できることから手を付けています。

かなりなスピードで。


早寝早起きも実施中。

今までは9時に寝て、4時から5時に起きて仕事をしていましたが、今は9時に寝て、4時半から仕事をしています。

ようするに、私の生活はこれ以上の早寝早起きは無理、もう限界です。


ところで、あまりの節電攻勢に辟易していますが、これって裏がありそうです。

要するに原発を動かさないと、電気が足りないよと。

こう言いたいのでしょうね。


でも、節電って一石二鳥です。

お金は助かるし、そしてなにより面白いし。

今朝もテレビで、アンペアを下げる話をしていました。

これなんて、電力会社の節電要請がなかったら、ほとんどの人はたぶん気が付かないでしょう。

あれなんて、取られ損なんです。

私たち生活者は、節電生活を3年していたら、きっともとへは戻りませんよ。

節電生活は、電気使用量が減ります。

加えて発送電分離をしたら電気料金も安くなる。


どうも電力会社は、戦略を間違っている様な気がします。[^^;;

赤平市を一望

2012/06/16

ここ2週間くらい雨が降りません。

毎年のことなので、別にどうこういうつもりはありませんが、羊の草がちょっと心配。

で、写真を見てください。

2012.0616羊が赤平市を見ているDSCF4095.jpg
遠くに見えるのは赤平市の市街地です。

私は、毎度この場所に来るとプチ感動するのですが、羊には関係ない話のようで、草をただ食むだけ。

その草を見て、早く雨が欲しいなぁ~と、じゃないとハゲ山になっちゃう。

あっ、もうなってるか[^^;;

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント