アイマトン
ブログ管理

‘2009/09’ カテゴリーのアーカイブ

求む、雄ヤギ(ザーネン種)

2009/09/30

ヤギの話をしようと書き始めました、カテゴリーに『ヤギ』は、ん?、ありませんね。

しょうがない『北海道サフォーク牧場』にいれちゃおかな。

去年からめん羊の他にヤギ(山羊)も飼い始めました。現在繁殖用♀9頭、♂1頭。あと、今年の自社農場産ヤギが6頭。

で、10月には中標津から今年生まの雌の仔ヤギを15頭購入するので、これで年末には30頭になっているはずです。

ところが、雄ヤギが足りません。

そこで、このブログでお願いしようと考えたわけです。

うまい具合にヤギを飼育している人が読んでいるとも思えませんが、もしかしたらと淡い期待をかけて呼びかけてみたいと思います。

「全国(できれば北海道内)の皆さぁ~ん、山羊のザーネン種の雄を1頭売っていただけませんか」。

私の連絡先メールは、m-iwai@aimaton.jp 、連絡をください。

では。

追伸/2017.11.20現在、種オスは調達できました。

新自民党

2009/09/29

自民党の総裁選、巷の予想通り谷垣さんが勝ちました。

これで私の予測では、自民党はもう浮かばれませんね。

国民としては、世の中を変えて欲しいから民主党に投票しました、だからこそ政権交代がおきました。

そんなとき「我が党は変わりません」と言っては、だれにも相手にされなくなるでしょう。


でも、私としては、このまま自民党が駄目になっていくのは悲しく見ていられません。

そこで、一つ提案があります。

河野太郎さん、今の自民党を出て、新自民党を作ってください。

谷垣さん率いる自民党は、名前を旧自民党にかえましょう。


と言うことで、自分党からのお願いでした。[^^;;

自民党はどうなる

2009/09/27

チャンネルを回す。

昔ならこういいました。今となっては昔というより大昔になるかな、テレビのチャンネルは丸いつまみになっていて、カチャカチャとまわして、見たい番組に合わたんです。

その口癖がいまだに抜けません。


で、そのチャンネルを回していたんです。

『おっ、町村さんだ』と。北海道を代表する国会議員、町村信孝さんを見つけました。


番組はバンキシャ。ところがなんか変です。

大物国会議員町村さんが、札幌に来ていた自民党総裁選に立候補した人二人と握手をしたんですが、最後の河野太郎さんとは握手をしないではありませんか。

そのあと、「人を非難すればいいってもんじゃない」とかなんとか。河野さんが居なくなってもまだ「ぶつぶつ」と。


もう決定的。これで、谷垣さんが総裁になれば、自民党の再生は不可能ですね。

まだ解っていないようです。

名指しはしませんが、元首相や派閥の長、参議院の実力者、等々こういう人たちのやってきたことが否定され民主党との政権交代が起きたんです。

そのあとも、同じ論理で自民党を動かそうとしたら、支持者は全員そっぽを向きますよ。

日本にとって、筋の通った強い野党は必須なんです。

しかし、町村さんの対応を見ていると、これじゃ期待できないなと。

そう思うのは、私だけかな。

でも、来年の参議員選挙でこの件ははっきりします。


自民党支持者が期待できるのは、
民主党の内部崩壊だけ。[^^;;

山の上で羊と遭遇

2009/09/26

2009.0926羊と遭遇DSC_2669.jpg

朝の運動中、放牧地の山のてっぺんで羊と遭遇しました。

山のてっぺんはまだ草が生えそろっていません。ご覧のとおり。

可愛がっているのに逃げていきました。

八ツ場ダム騒動に思う

2009/09/25

流行の半纏じゃないですが、私も八ツ場ダムに関して一言。

というか、その中止するかどうかの意見にではなく、報道のあり方と民主党の将来に対して。


さて、前原誠司国土交通相、建設中止予定の八ツ場ダム、建設予定地の群馬県長野原町を訪問しました。

前原大臣、テレビで見る限りずいぶん丁寧に説明しています。まぁ、当然と言えば当然ですが、これは自民党時代には見られなかった光景ですね。

ダム建設中止に対して、大沢正明群馬県知事など地元住民から反発が出ています。

で、あれだけ反対されているので、民主党は建設中止を撤回するのかと思うと、「誠に申し訳ないが、白紙に戻すつもりはない」とのこと。


さて、そこで私の意見です。

新聞やテレビニュースを見る限り、反対意見ばかりで、賛成意見は無いかのようです。

そんな馬鹿なことはないと、ネットを見るとむしろこのヤンバダム中止には賛成の人が多いですね。

なぜ、新聞やテレビは反対意見ばかりなのでしょう。

昔言われていたことですが、犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛んだらニュースになる。このたぐいでしょうか。

マスコミは公正に事実を正確に述べて欲しいものです。


さて、もう一つ今回の騒ぎを見て感じることは、民主党の一貫した姿勢と、国民に対する丁寧な接し方。

私は元々は自民党支持者でした。

しかし、全部に賛成しているわけではありませんが、民主党が政権をとってからの政治姿勢には好感をもちますし、応援してしまいます。

また、このダム問題ばかりではなくマニフェストに書かれてあることを一つずつ確実に実施していくと、50年単位で自民党に政権は移らないでしょうね。


もしあるとしたら、内部崩壊だけです。

椎茸?

2009/09/23

毎朝5時頃散歩を兼ねた牧場見回り。これが日課であり今一番の楽しみです。

めん羊の放牧場には、周囲5kmほど金網の牧柵をまわしています。


いろいろな発見がありますよ~。

今頃一番多いのが、蜂の巣がくっついている。これは危険な景色。

また、ツルを伸ばしてかぼちゃがぶら下がっているところもあります。これは美味しい景色。

2009.0923放牧柱のきのこDSC_2743.jpg
で、今日発見したのがこれ、牧柵を支えているのが牧柱で、その上になんとキノコ。

この牧柱、太さが20cmで高さが1m80cmあります。ならの木。


今春ならの木に椎茸の菌を植えました。来年から再来年にかけて椎茸を収穫できますが、これは椎茸ではありません。


これこそ本当の木の子。[^^;;


全体像はこんな感じになります。
2009.0923牧柱の茸DSC_2735.jpg

今朝は2度。

2009/09/21

朝起きてまずやることはトイレ。で、窓の外を見ると温度計。

今日はなんと2mm、じゃなくて、外気温は2度。

まさか、今月中に雪でも降るんじゃないかと思わせる寒さです。

2009.0921safo-kuDSC_2647.jpg
景色は秋の入り口。


そんな中でも、我が北海道サフォーク牧場のサフォークは超元気です。

見てください、丸々太って。


サフォークにとって寒さは平気なんですが、草の伸びが止まっちゃうのがこちらとしては頭の痛い問題です。

だって、放牧地で餌を食べれば、ほぼただですが、舎飼いとなると購入した乾草を食べさせなければなりません。


私は乾草は食べません、でも丸々。ちょっと心配。[^^;;

開店3周年記念パーティ

2009/09/20

2009.0920マガーリ3周年記念_130845.JPG
なんと子豚の丸焼きです。

弊社株式会社アイマトンで納めたもの。

話には聞いていましたが、子豚の丸焼きは見るのも食べるのも本日が初めてです。

まぁ~、肉屋としては失格なんですが、でも、なんでも始めての出会いはあるもので、お許しを。

朝5時から焼き始めた子豚は、8時間かかった午後1時にやっと食べごろとなりました。

「いただきまぁ~っす」、『うんうん、これはうまい』。パリッとした皮の食感と塩味の良く効いた肉は最高でした。


今日は札幌で、お客様の○ガーリ様の開店3周年記念パーティに参加。

個人的に、子豚も良かったですが、ヤッパワインラムが最高っす。

縁って、もしかしたら円と同じかも

2009/09/18

世の中、知った振りをする訳ではありませんが、『えっ、こんなこともあるんだ』と驚くような出来事に出くわすことがあります。


私は赤平市出身で、会社経営をしながら、いろいろな人を師匠として今日まで来ました。


大学を出ていない私は、本から学ぶばかりではなく、この人はと思ったらこちらから出向いて教えを請うこともあります。

そんなお一人が、井上和弘先生。もっとも教えを請うといっても、一方的にこちらから講演を聞くだけですから、先生は私を知らないでしょうね。

で、その井上先生、なんと赤平の人、北海道光生舎創業者の高江常男氏を「私の人生観を変えた高江常男氏」として紹介しているではありませんか。


故人となった高江さん、私を覚えておられないでしょうが、面識はありますし会話したこともあります。

それどころか、高江さんの創業した北海道光生舎とは、私が養鶏業を創業した当初から、数十年もお世話になっていました。

株式会社アイマトン創業時にどれほど助けられたことか、感謝を忘れたことはありません。


ほんと、人の縁って不思議ですね。

TASTUMI Food Wine Fair 2009 そのⅡ

2009/09/17

もうひとつ、社内の日報コピー中継から、

====キティさんの日報から

 タラバさん、シカゴさん おはようございます。

 昨日は、タツミさんの展示会で ワインラム、エゾシカ、ホワイトチェリバレー焼きまくりました♪
朝の会場入りから、ブースから1歩も出ることなく、、トイレ、昼食も忘れ、、気が付けば!終了時間! 凄い来客数でした♪

 焼肉ビジネスフェアとは違い、ワインの展示会場だった事もあり(?)エゾシカと立場逆転のワインラム♪♪
ワインラムを大絶賛するお客様が多く!とにかく凄く大好評でした!!♪
、、商品名、忘れてしまいましたが、、豚肉の詰めものも大人気でした♪ 

お客様が感激される声をたくさん聞けて、感激しました!♪

AAA

☆お客様の声ランキング☆(上位3位、ワインラム)

1位
「こんなラム(驚き) 初めて食べた!♪」 「今までで、1番うまい!♪」←200名様以上から聞きました!

2位
「柔らか~い!♪」 「なんで、こんなに柔らかいの?♪」

3位
「!臭くない(驚き)、臭くないよ♪」 「コレ、、ほんとに羊?♪」


☆他、多数の声

「ホワイトチェリバレーって、何の肉ですか?」←10名様以上に聞かれました。

「鴨スモーク、気に入ったわ!」←中年の女性に多く言われました。

「鹿って、臭いって聞いてたのに、、食べやすいね♪」
「なんか、生焼けで?血っぽいの出てない?」
   「鉄分が、大変豊富なんです♪」(女性のお客様には不足しがちな、鉄分をアピール♪)

「この、鹿のツノ ニセモノでしょ?」
   「本物です♪」

(豚肉の詰め物)「こうやって、真空で来るの?詰めるだけの状態で?」(興味しんしん)←10名様以上に聞かれました。

「ラム、脂の多いとこ ちょうだい♪」「脂で、良し悪しが分かるんだよ、脂身ちょうだい♪」←20名様以上に言われました。
   「是非、ご試食ください♪」
       「これは、良い!」 「これは、凄い!」 「かなり、レベル高いね!♪」

若い女性 「ワインラム? ワイン? 飲ませるの?」
上司っぽい男性 「アホか! 肉を漬け込むんだ!」←似たような声が多かったです。
   「・・・ぁ、ぁ、ぁの~、、ワインの搾りかすを与えて育てたサフォークなんです、、^ ^;♪」

「やっぱ、北海道だよね♪」 「北海道、最高!」 「全部、北海道産?♪」 「北海道の会社?」←30名様以上に聞かれました。

 2度3度(2周3周?)来られるお客様も多く、部位を変えて焼くのは 大変好評でした。
「今度、バラになってるぞ♪」 「バラも美味い!」 「鴨も焼き始めたぞ♪」 「ずっと、ここに居たい♪」

お子様連れのお客様の、お子様には豚肉の詰め物をお渡し♪
「おいちぃ♪」←2名ちゃまに言われました^ ^♪♪

「鹿って、生で食べれるの?」←私は、10名様以上に聞かれました。
  ・私は、黒島さんへバトンタッチ。「イケますが♪、火を通してください。あくまでも保健所レベルですが。表面だけ軽く焼いても^ ^♪」
  ・富田さん「食べれますよ♪」 「そういう方、多いですね♪」 「大丈夫ですよ♪」
   ぁれ?・・・・・

「鹿のロースト、横に塩やジャムを置けばよいのに。」 「なんで、塩置かないの?」

「これは、きじ?」 「地鶏って、大きいね!」

「鹿って食べて良いの?」

(試食5品)「どれも、ワインに会うね♪」 「(試食中)ワイン足りなくなっちゃった!」

「リクエストした部位、焼いてくれるの?」 「ここ(真空パックの部位指定、色々)食べてみたかったな。」←30名様以上に言われました。

「価格は?」 「直でも売ってくれるの?」 「タツミさん通したら、いくらになるの?」 「地方でも大丈夫?」 「量の調節は可能?」
 黒島さん、棚町さんへバトンタッチ。

「お!、アイマトンじゃん!♪」 「アイマトン来てるぞ!!」  黒島さん、棚町さんへバトンタッチ。


 タツミさんの社員が、男女多く お越しくださいました♪
「これが、シンタマ? これが、シンキボ?」 「鴨フィレ、こんな感じなんだぁ、いつも運んでるだけだから(笑)」
「部位の勉強させてください!♪」 「この鹿のツノ、欲しい~!!」
興味を持っていただき、勉強を兼ねて試食していただき、嬉しかったです!
が、しかし、、なかなかブースから離れていかず、、度々度々度々 後ろは人だかり、、長蛇の列が、、

後片付け後、立食打ち上げ会場へ。

 帰りは、大活躍でお疲れのはずの、黒島さんの優しい計らいで、4人で東京プチ観光♪
ゆりかもめで、お台場の夜景を見に♪ 東京湾、レインボーブリッジ、とても綺麗でした♪
 部屋着23:00’ 、、記憶無く、、爆睡していました。

TATSUMIさん素敵でした。大変貴重な1日でした。感謝感謝です。


====ここまでキティさんの日報


ちょっと働かせすぎかな・[^^;;

2009.0916たつみ様の展示会140407.JPG

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント