BSE 鳥インフルエンザ スクレーピー

ブログ右のカテゴリの中に

BSE 鳥インフルエンザ スクレーピー (31)があります

あさ起きてからその記事を読んでいました

1時間かけて

自分で言うのもなんですが、

面白かった [^^;;

 

で、まだ書いていないことが

実はその鳥インフルエンザに巻き込まれたのです

今年の2月のこと

 

その前に疑似/擬似の言葉を覚えてください(失礼な言い回しをゴメンナサイ)

擬似とは、と調べると

「疑似」の意味は 本物によく似ていてまぎらわしいこと。

このようにあります

本物ではなく偽物だよということですね

 

で、話しは戻りますが

2月に家畜保健所さんから連絡がありました

弊社で仕入れている合鴨雛孵化場さんで

鳥インフルエンザの疑いが出ました

そこから仕入している弊社農場も調べますと

 

これは大変なことですが

 

当然家畜保健衛生所さんには協力をします

夜中に仕入れ先の業者さんの検査結果がでて

鳥インフルエンザは陽性

つまり、鳥インフルエンザだったのです

 

そこで弊社の農場も検査対象となります

これも当然でしょうね

しかし、納得いかないこともありました

その検査結果が出る前

鳥インフルエンザの可能性があるからと

仕入れ先から入れた合鴨雛の直近の物を

擬似患畜として焼却処理するというのです

つまり鳥インフルエンザにかかったから焼却するではなく

その可能性がある段階なのに

擬似鳥インフルエンザとして焼却するというのです

 

「それは法律ですかと聞くと」

「そうです」とのこと

これ以上の話しは無駄です

全面的に協力しました

というより、

10数人の外部から来た処理班のやることを見守るだけでした

その処理や後始末の消毒などに

数十人が夜中から明け方まで働きます

いくら仕事とはいえ家畜保健所さんには頭が下がります

お陰様で生まれて初めて一睡もしなという事を経験しました

二度とはごめんですが [^^;;

 

その時は毎週600羽ずつ仕入れしていたので

600羽の群が9群飼育中でした

焼却処理が直近仕入の1群600羽だけです

同じ敷地内で飼育していた合鴨は

経過の検査の結果が出るまで移動禁止となったのです

 

結論は陰性

つまり鳥インフルエンザに罹ってはいませんでした

 

一連の流れを書きましたが

この時点で想像できることは

新聞に載るだろうという事です

案の定地元の記者さんから連絡があり

取材に応じたのです

丁寧な取材があり正確に報道していただきました

『赤平で擬似鳥インフルエンザがでて焼却処分された』と

 

しかし、

擬似という言葉を冠にして書かれた報道から

正確にことを把握する人は居ないだろうとは容易に想像できます

案の定「赤平で鳥インフルエンザがでたんだよね」と

そして「お前のところか」と友達にも言われたのです

これも普通の反応だろうなと思うので

腹も立ちませんでしたが

正確に書かれた新聞記事でも

そのまま伝わるのではないものなのですね

 

今年はあちこちで鳥インフルエンザが出ています

社会はコロナで大騒ぎ

 

たくさんの皆様に助けられました [^^;;

インフルエンザ

春の嫌いな人はいませんよね。

もちろん私も春は大好きです。

でも、春を前にした今ごろは嫌い。

理由は、怖いから。

2018.0413白鳥MG_6407

何んで春が怖いか。

写真の白鳥です。

というより渡り鳥全般なんですが。

いま北海道は写真のように渡り鳥が、多分シベリアへ帰るのでしょうね。

稲刈り後の田んぼにたくさん舞い降りて栄養補給をしています。

 

渡り鳥が鳥インフルエンザを日本にまき散らしている、かもしれません。

ということで、鳥類を飼育しているわが牧場では渡り鳥がいなくなるまで気が抜けないのです。

 

私はというとやっとA型インフルエンザから脱出したのに。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザでは、・・・ありません

車を運転していたら頭の上を「ぐぇ、ぐぇ」と。

なにかなと見上げたら白鳥です。

背中がザワツッとしました。

何がって、・・・・・・鳥インフルエンザですよ。

2~30メートル上を飛んでいる白鳥から鳥インフルエンザがうつるとは思えませんが、でも実際に飼育する家畜が感染したらとびくびくしている此方としてはとても平穏ではいられません。

 

その声をやり過ごして右下を見たら雪解けの田んぼの中に大量の白鳥が。

もぉ、頭がくらくら~っと、・・・するところでした。

あぶないあぶない。[^^;;

 

2017.0407白鳥IMG_1524

写真の白鳥、手前の一団だけで30羽はいます。

奥と画面からはみ出した数は、ゆうに300羽はいましたね。

 

どうか一刻でも早くシベリアへお帰り下さい。

・・・・とは、心の中で。

 

で、自宅へ向け10分くらい走っていたら、100mほど手前にミニパトが来て泊りました。

なんとなんと、その前に大きな白鳥が1羽横たわっているではありませんか。

車にはねられたなら良いのですが。

なんとひどいことを言うのかと思わないでください。

もし自然死なら、鳥インフルエンザの可能性が。

なんて考えていたらきりがありません。

 

てなわけで、

くらくら~っと倒れ込むように寝て忘れよう。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザ

 しらけ鳥、飛んで行く、南の空へ、怖い、怖い。

ちょっと変えてありますが、元はかなり昔流行った小松政男さんの歌、・・・ですよね。

鳥類を飼育する我が農場としてはなにが怖いかというと、鳥インフルエンザです。

その媒介役の野鳥が5月まで千島列島や樺太(ごめん、サハリンでした)へ帰ります。

日本に白鳥など渡り鳥がいなくなるまで気が抜けません。

 

昨年は北海道も十勝地方で鳥インフルエンザが発生しました。

年が明けて、茨城や千葉で鳥インフルエンザが出ています。

そんなことで、この歌となった次第です。

 

2017.0403白鳥IMG_1453

写真右下に見える5羽の白鳥。

これが怖い、かもしれません。

 

2017.0403撤去した巣箱IMG_1457

そんなことで、農場周りの小鳥の巣箱20箱程度を撤去しました。

全然関係ないかもしれませんが、わざわざ怖がる野鳥を寄せること無いだろうと思うのです。

 

そんなことで野鳥に田畑で餌をやる行為は止めて欲しいのですが、でも大きな声で言えないのがつらい。

そうだ、文字だけ大きくしよう、と言うことでご容赦を。[^^;;

 

 

また鳥インフルエンザ

国会って何をやるところなんでしょう。

大嘘つきに振り回され総理大臣を攻めていますが、毎日何億円の損失になるとおもっているのか。

実際はその金額より、近隣の脅威に備えを怠る。

これが大きい。

ことが起ってからでは取り返しのつかないことになってしまいますよ。

 

2017.0325鳥インフルエンザIMG_1368

私にとってはこれが重要。

写真は今日の農業新聞ですが、宮城、千葉で鳥インフルエンザ。

渡り鳥が故郷へ帰るいま活発となっている鳥インフルエンザ。

国会もインフルエンザ。

ほんと、穴を掘って埋めてやりたくなります。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザの検査

鳥類の飼育で避けて通れないのが鳥インフルエンザ。

鴨も例外ではありません。

2015.0716試薬IMG_1278

と言うことで今日家畜保健所による鳥インフルエンザの立ち入りと検査がありました。

もちろん無事陰性。

正直なところホッとしました。

検査キットで結果が出るまで10分。

 

大丈夫だと思ってはいても死刑台に登る気持ちでした。[^^;;

 

 

BSEと放射能

BSEは日本は清浄国になったとのことで、それを宣言するようです。

本当に大丈夫かな。

 

方や放射能。

こちらは間違いなく大丈夫ではありません。

 

====ここから武田邦彦氏のブログから引用

 

今年の福島のお米は食べられない

1年ほど前、埼玉の近くで講演をしたときに、福島の農業関係議員から罵倒された。

議員「福島の農家は死んでも良いのか!」

武田「ベクレルを表示してもらえば良い。農家も大切だが子どもの健康も大切だ。汚染されたものは出荷せずに電力に買い取ってもらった方がよい。方向が違う!」

その時、私は日本の農家はこのようなものかと心底、がっかりした。

福島の汚染米の実体はまったく公表されていない。民間の測定では玄米は汚染されているが、胚芽をとった精米からはあまり汚染は見つかっていない。だから数値を公表すべきだ。

田んぼの汚染度、移行係数、測定値、その後の処理・・・すべて公表されていない。セシウムやストロンチウムはどこに行ったのか?

東京などから「福島を助ける」というボランティアが福島の農家にいって汚染米を製造している。

理由:(すべてはお金)

・・・農産物の産出額(お金)には大きな落ち込みが見られる。果実は2010年に292億円あった産出額が2011年には197億円と、32.5%も下落(お金)。野菜は551億円から389億円に29.4%、肉用牛も29.0%落ち込んでいる(お金)。ところがコメだけは、2010年の791億円から2011年の750億円に、わずか5.2%しか減少していない・・・

マスコミは汚染された食材を避けることを「風評被害」という。汚染された食材を隠してベクレル表示しない。それで買うのを控えると風評と呼ぶ。酷い社会だ。もちろん、正々堂々とベクレルを表示して販売するべきだ。

日本人は「お金教」ではないのだから。

(平成25年5月15日)

 

武田邦彦 (中部大学)  引用はご自由にどうぞ

====ここまで引用

 

健康が一番、お金はその次の次の次の・・・・・と、だいぶあと。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザ 武田邦彦さんのブログから

おは羊ございます。

今日は朝3時半から仕事をしていました。

かなり早い目覚めです、おぼれる夢で起きちゃいましたが、なんでだろうと。

何のことはない小用。

えぇ~い面倒だ、とそのまま社長の仕事を。

と、言っても、PCでメールチェックなどですが。[^^;;

 

ところで、覚えていらっしゃいますか、私は肉屋なんです。

それなのに最近肉屋らしい記事を書いていませんので、今日は鳥インフルエンザの話を。

と言っても、尊敬する武田先生(お会いしたことはありません。勝手に生徒だと思っています)のブログをそのまま貼り付けますが。

そのほうが、自分で書くより、言いたいことを正確に話せるので。

 

====ここから武田邦彦さんのブログから

隠しているのか?知らないのか? 鳥インフルエンザ
報道を見ていると、言い方は悪いけれど「ウソなの?アホなの?」というものが多い。「酷いね。あんな記事を書くのだから」というと、「それは隠しているんじゃなくて、知らないんですよ。記者クラブで保護されているから」と言われたりする。

・・・・・・・・・

鳥インフルエンザの報道が毎日のように続いている.そして今にも中国の鳥インフルエンザが日本に上陸し、ニワトリの大量死が起こり、人間がばたばた死ぬと言う感じで報道されている.

その時にいつも「かつてスペイン風邪がはやって、全世界で4000万人の人が死んだ」と説明される。また、「中国ではハトやカモに感染例がでた。春にシベリアに帰った渡り鳥が、そこで感染し、来年に冬に日本にやってくる」とNHKが解説していた.

隠しているのか?知らないのか?!と叫びたくなる.

インフルエンザはウィルスが原因で病気になる。そして細菌と違ってあまりにも小さいので、光学顕微鏡では発見できず、ドイツのルスカが20世紀の半ばに電子顕微鏡を発明してからのことだ。

さらに、ウィルスを特定したり、ワクチンができたり、さらに1990年台になって抗ウィルス薬という治療薬も誕生している.

第一の疑問: 鳥インフルエンザは最近のもの?

第二の疑問: スペイン風邪のようなことが今でも起こるの?

第三の疑問: 数年前の鳥インフルエンザ事件の時に、薬品会社から多額のお金をもらっていたWHOの学者はどうなったの?

という肝心なことがさっぱり解説されない。これもまた「お金を取るための騒ぎ」でその先兵をNHKがやってるのではないか?

もともとインフルエンザが大陸から鳥に媒介されて日本に来ること、野鳥は保菌鳥で感染しても発病せず、ニワトリなどの家禽病として知られていたことがわかっている.昔からなじみの「七草がゆ」は野鳥がもってくる大陸からの病気を予防する目的を持っていた.

それなのに、なぜ最近になって騒ぐのか、その理由を明確にしなければならない。過去2000年間、そんなことが無かったのに、なぜ、怯えなければならないのか、専門家は全く語っていない.

第二に、スペイン風邪は第一次世界大戦で、寒気の中で戦っていた兵士が多く感染し、命を落とした。しかも治療も伝染経路もわからず、戦闘も中止せず、最悪の環境だった.

それと現在のようにウィルスを特定でき、感染経路を明らかにし、防止方法もある程度あるのに、なぜスペイン風邪が問題になるのか、それも明らかでは無い.

そこで、数年前の鳥インフルエンザ騒ぎの時に、「パンデミックになる」と言った3人のWHOの中枢の学者が薬品会社から多額のお金をもらい、その薬品会社こそがインフルエンザ騒ぎのたびに大量に生産され、排気される抗ウィルス剤の製造元だった.

疑惑が持たれて審査に入ったとの報道はあったが、その後はまったく伝えられていない.どうなったのだ!!

ウソなのか、アホなのか、これもハッキリして欲しいものだ。

(平成25年4月21日)
 
武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

 

====ここまでコピー

 

ということです。分かりましたか、みなさ~~ん。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザH7N9

中国で発生した鳥インフルエンザ(H7N9)の感染者は100人を超え、死者は20人とのこと。

どこまで広がるのか、畜産も業の一つである我社としては心配なところです。

 

ところで、SARSがアジアで流行したのは、2003年です。

====ここから

SARSの最初の症例は、2002年11月中旬に中国広東省で発生していましたが、世界保健機関(WHO)に対してこの地域における非定型肺炎の集団発生に関する報告があったのは2月11日でした。そして、これがSARSの症例定義に当てはまると確認されたのは4月2日にWHOの調査チームが広東省を訪れる許可が下りた後でした。

その間の2月21日に、広東省で患者の治療にあたっていた1名の医師が香港のホテルに滞在し、その時期に同じホテルに宿泊していた人を通じてベトナム、香港、シンガポール、トロントなど世界中に感染が拡がりました。

====ここまで 外務省海外安全ホームページSARS基礎知識からですが、驚いたことが二つ。

一つは、たった一人の医師の動きまでさかのぼって感染経路を特定したこと。

もう一つは、病気って人が持って歩くんだなと。

そういえば、平成16年山口県で鳥インフルエンザが発生。それを日本中に広げたのはマスコミだという言う人もいましたね。

 

いずれにしても、『国が仕事をしている』と思ったのは初めてです。[^^;;

 

 

H7N9

仕事で昨日あった人はマスクをしていました。

えっ?、まさかの鳥インフルエンザ?。

じゃなく、だいぶ苦しそうでしたが普通の風邪でしょうね。

 

さて、お隣の国の話です。

4月8日現在で、鳥インフルエンザでの死者が7人と出ていました。

どこまで拡大するか、畜産を営む者としては心配な所です。

 

ところで、以前日本で鳥インフルエンザが蔓延していたことを覚えているでしょうか。

あれは、H5N2です。

ブログ記事は、H5N2、H5H1

で、今回はH7N9ですよね。

なんで数字が増えたか。

この鳥インフルエンザの遺伝子を解析したところ、中国の鴨と韓国の野鳥の合作とのこと。

増えたことと関係ないかな。

いずれにしても、尖閣列島と竹島の合作です。

 

こんなことでも、いじめられるんだ。[^^;;