逞しい

このタイトル読めません

どうやって読むか

 

推理小説は読みません

 

でも

推理は好きですからテレビを見ているとき

1時間ドラマ開始後5分位で

この人が犯人だと名指しすることがあります

それが9割の確率で当たるので

相方から「あんたとテレビを見ていると面白くない」とよく言われます

 

これは私の推理力が優れているのではなく

何のことは無い

ドラマを作るとしたら

この人を犯人にするな

ここで登場させるな

そうすると面白い

こんな考えから犯人がわかることがあるのです

私としてはドラマを楽しむより

自分の推理が当たるかどうかの方が気になり

楽しめませんが [^^;;

 

なんにしてもこの推理というのは重要です

例えば社員の日常を見て

この人にこの仕事をさせたらこうするだろうとか

お金をあずけたらこう使うだろうとか

役職を上げたらこういう上司になる

部下に対してはこう接するだろうと

これも9割とは言いませんが

かなりの確率で正解となるのです

 

もうやめた社員ですが

あるとき鼻をぐずぐず言わせていました

ティッシュの箱をもち取り出しはじめます

見るともなしに見ていると一回二回と取ります

二、三回も取れば用件は足りますが

その社員は十回ほど取り続けたでしょうか

ティシュー10回分取っても数円でしょうが

でもお金です [^^;;

 

そのときこの人にお金はあずけられないなと

つまり、役職はこれ以上あげられないと思ったものです

それまでのこの部署の赤字の原因も

分かったような気がしました

 

で、今日の言いたいことは

タイトルの逞しいですが

これをたくましいとは読めなかったのですが

前後の文章からたくましいとよみ

変換すると正解

 

小さな推理に正解した今日は

朝から幸せっす [^^;;

 

電気料金

今しがた買い物から帰宅

弊社食品スーパーの『生鮮おろし』の天井の

眩しいくらいの電気を見て、

『あれ~、いまは全部LEDになっているはずだ。

電気料金はいくら安くなったのかな』と考えていて

検証していないことに気が付きました

 

2021年5月と2011年5月の電気料金の比較をしてみますね

 

5月が終わってから [^^;;

 

幸せになる法則

 

幸せかどうかは

お金の有るなしではないと

幸せになるか不幸になるかは

お金の使い方で決まると考えていました

 

お金の有る無しの前に

お金に対する向き合い方がもっとも重要だと

 

私には子供が二人います

子どもが生まれた時

子供の育て方を妻と相談しました

勉強を教えるのは、止めよう。小学校高学年になったら教えることは出来なくなるから。でも勉強の仕方は、親として教えることが出来るかな」と。

続けて「学校では勉強を教えるけれど、親はお金の使い方を教えようよ」とも

 

結婚した当初はお金が有りませんでした

ですから

必死に働いたし

お金の使い方に関してはずいぶん学びました

少ないお金のやりくりは大変なことだったのです

お金のことを教えるというのは

私たちにびったりのテーマでしたね

 

子供たちが小学生から中学生までは

正月にお年玉を1万円渡し

一日で使い切るようにさせていたこともありました

お金は貯め方より

使い方のほうが難しいので

「どんな使い方をしても怒らないから」との条件を付けて

子どもたちは必死に考えていたようです

 

ほとんどの親は

「お年玉は貯金しなさい」が定番の言葉です

お年玉はためてから使うと教えるより

小さいお金の使い方を必死に考える

ここから学ぶべきだと言いうことです

 

で、子供たちが高校生になったら、

3万5000円の生活費(小遣い)を渡したのです

30年ほど前のことです

二人にその金額を渡したら

生活費より多くなってしまいました

 

それは多いしょと言われるでしょうが、

その中で自分でやり繰りをするのです

お金の使い方を学ぶのです

学費、参考書、定期代、下着から洋服などなど

家から持って出る弁当以外のもの全部をそれで賄うのです

弁当を忘れたら大変です

なぜなら自分の生活費の35000円の中から

昼ごはんを買うことになりますから

いまなら

当然携帯の通信料も入れることになるでしょう

 

なぜこんなことをしたか

それはもちろん決まったお金でやり繰りを学ぶ

これが目的です

 

当時どう考えても納得できなかったのです

大金持ちが幸せだとは

いまもやっぱりそう思っています

 

お金はあくまでも道具

その道具を上手に使うことが、

ひとが

幸せになると考えています

当時もいまもですよ

 

そんなこんなで

いまもお金はありませんが、

幸せは沢山あります [^^;;

 

追伸

今回なぜ書き直しをしたかというと、

結婚してからもうすぐ50年になります

で、当時のお金に対する考えは

お金が沢山ある人より

お金を上手に使う人が幸せになると

この考えは今も変わりません

 

いまはそれに加えて

お金より健康が一番だと

これを付け加えたく

今回は書き始めました

 

 

天国への就職

銀行の通帳が8冊

カードが6個

残念なことに通帳の数とお金の有る無しは比例しませんが

 

実はネットを見ていたら、

父親が無くなり半年経つのに

毎月10万円を支払い続けているなんて話しが出てきて

心配です

自分も年齢を考えると

いつ何が有ってもおかしくはないので

現実を見なければなりません

 

子どもたちにそのあと片づけをさせて

手間や時間、

お金を掛けさせることはできないですよね

 

事の前に自分自身がやれることをやっておこう

今年はそんな一年になりそうです

 

ちまたでは終活と言いますね

でも、終活じゃ味気ないので言い方を替えます

天国へ就職するために履歴書を書こう、と [^^;;

 

追伸

行き先は天国だと思っているのは自分だけかもしれませんね

地獄の場合は切符を買う、かな

いや切符を買わされる、だね [^^;;

 

寄付が嫌い

寄付に対する考え方

これを書いたのは2012年7月20日

寄付に対する考え方

あれから8年経ちますが今もこの考えに変わりはありません

寄付が嫌いな一番の理由は

お金がないからですが [^^;;

 

今年も神社からの寄付要請がありました

神様からのお願いでも

おい、おい、なので

個人での寄付にしました

いまもどうしても断れない人からの場合は個人で寄付をします

 

数年前に赤い羽根の共同募金の寄付を集めに来た人がいます

その人が我が家に来たのは

後にも先にもこの時だけです

勢いよく玄関先に立ち

「赤い羽根共同募金をお願いします」と

さもさも当然とばかりの話し方です

 

赤い羽根募金と言えば

昔々路上に立ったことがあります

「お願いします」が言えなくて

黙って立っていたのですが

当然のこと

収穫はゼロ

一緒に立っていた仲間からは不評の嵐でしたが

『何の見返りも有りませんがお金をください』というのはできません

 

で、件の玄関先の男性

会社への寄付以来でした

台帳を見ると5000円以上

1万円の人も

「本当は寄付はお断りをしています」と言いながら

500円を出しました

もちろん個人で

そのかた露骨に不満そうな顔をしていましたね

でも

500円じゃそんな顔をされてもしょうがないかな [^^;;

 

ということで、

より一層寄付が嫌いになりました [^^;;

 

名刺入れ

昨年までの名刺入れは革製

それもフェンディ

気に入っていたんですがすり減ってボロボロなので捨てました

 

その後は裸で名刺を持ち歩き名刺交換をしていました

しかし、どうにもシックリきません

で、どうしようかなと考えていたのですが

もうそんなに人前に出ることもなくなったので

これで良いかなと

今使っているのがこれ

デニム製の袋が引き出しの奥にありました

ポーチとでもいうのでしょうか

格好は悪いけれど

使ってみるとなんでも入るので案外便利

で、先日千歳空港で

名刺と駐車券とPASMOを入れて東京へ

 

ところが

羽田でPASMOを使おうとポケットを探っても無いのです

袋が

じゃなく名刺入れが [^^;;

必死に探しましたが見つかりません

どこかで落したのは明らか

あきらめ現金で電車の切符を購入

いちいち購入するわけですからかなり面倒ですね

パスモはありがたい

 

そのまま一泊二日の出張をこなし千歳行きの機内

よく考えると

駐車場から車を出せないじゃありませんか [^^;;;;;

 

車の中はもちろん、車の下まで覗き探しましたがありません

あきらめそのままゲートへ

「駐車券をなくしました。どうすればよろしいですか」と

「ちょっと待ってください」

ややあって「これですか」と渡されました

 

いつもは料金が高くて腹の立つ空港駐車場ですが

空港駐車場に感謝したのは初めてかな [^^;;

 

お金は案外いらない

人生、先が無くなると

お金は必要なくなる

じゃいくらあれば間に合うか

 

「老後資金2000万円問題」を思い出しました

老後っていつから?

年金を受け取るようになってから老後なら

65歳以上が老後

 

で、金融庁がそこから20年以上生きると

老後の資金が2000万円不足すると言った話です

 

そうかなぁ~

というのが今回の話し

 

年をとったらお金は案外いらないものですよ

なぜなら買うものが無くなりますから

 

例えば衣類は

自分の例で言うと

これから10年は何も買う必要は無いでしょうね

まず、現役を引退したら背広は不要

ネクタイもワイシャツも靴も

下着類も少々の黄ばみを我慢したら破れるわけで無し

新しいものを買う必要は有りません

 

食べ物は

高級料理はおなかを壊すだけ(私だけかな)

それよりなにより食べる量は半分以下で十分です

山へ行けば食べ物が山ほど [^^;;

気を付けるのはクマに食べられることだけ

そんな危険をおかさないでも

よく調べると道端の雑草でも美味しいものが沢山 [^^;;

 

付合いと言えば

年賀状は30年前に止めました

世間一般では結婚式は地味婚

それどころから結婚式に呼ばれること自体が激減

世の中結婚式はしないで一緒になるのが主流

離れるのも楽だからかな [^^;;

せいぜいレストランでの食事婚

 

葬式は

コロナで派手なのは減る一方

というかこれから直葬が主流でしょ

自分の葬式のお金はどうするか

主役は自分でも

やるのは自分じゃないので

自分には、かんけぇ~ね~ かな [^^;;

 

年をとったら人との交際は減る一方です

というか出歩かないので交際費は不要ですよね

コロナが始まる前からですが

現役の時から居酒屋は5年に一回くらいでしたから

スナックは1年に一回くらい

パチンコは30年ほどご無沙汰

性風俗関係は現役を引退どころか入学もしないで卒業

 

コロナの効用ですが

不要不急のところにお金を使わなくなることを推進しています

 

このようにどう考えても2000万円も必要ありません

でも、有ったほうが嬉しいけど [^^;;

 

詐欺師あらわる 神恵内村編

またかぁ~

核のゴミ受入宣言

詳しくはネットで調べてください

 

いまさへ良ければあとはどうでもいい

自分さへ良ければ子孫はどうでもいい

自分の村さへ良ければ隣の町はかんけ~ねぇ~

自分の村さへ良ければ北海道はどうなろうと知ったこっちゃない

 

とにかくお金が欲しい

かね、かね、かねかね~

 

・・・という気持ちだから過疎になるのに

分かってないなぁ~

核のゴミ捨て場なんていらないけど

いまは調査費20億を出すと言うから手を上げよう

で、あとで断ればいいって

 

後で断るっていう事は、

誘致する気ゼロ

なら詐欺じゃん

 

土地を貸すから工場を建てなさい

と、言って賃料を受け取り

やっぱ、貸すのやめたってか

最初から貸す気が無くてお金だけ貰い

返さないって

だましたことになるよね

それを詐欺と言わずになんというの

20億、20億、20億20億~

 

金額が大きかったら詐欺にならないのかな [^^;;

 

詐欺師になるのか 寿都町

昨日朝刊を見て腹が立ちました

こんなに腹が立ったのは久しぶり

 

で、そのままブログを書き始めましたが、

最期まで書いて

なんぼ何でもこれはひどい言葉だと中止し

今日改めて書き始めた次第です

昨日のブログのタイトルを見てください

『核のゴミ受入って、頭のねじがはずれたのかよ』ですから

その後の文章も推して知るべしです

 

一昨日の香港の話しで

馬鹿なことをする人(国)がいるものだと書きましたが

国内にもいましたね

で、言いたいことは

町長をとっかえろ

です

新聞の見出しは、

核のごみ最終処分場

寿都町が調査応募検討とあります

 

高レベルの放射性廃棄物(核のゴミ)の受け入れ調査に報じるだけで

20億円のお金がもらえるというもの

 

ここで私が思う問題が二つ

まず、この話は寿都町だけで完結する話ではありません

北海道全体に関わります

まず寿都町内で話して次へというのでしょうが、

新聞のトップになったように

あなたがたの町だけで済む話ではありません

もう北海道全体の話です

北海道の食糧生産は

カロリーベースでも生産高ベースでも200%を超えています

つまり北海道はこれからも永久に

日本全体へ安全な食料を供給しなければならない義務があるのです

そこに不安要素を少しでも取り入れては駄目なのです

 

でも、こういうのでしょうね

住民が反対したら調査だけで終えますと

これって道民は絶対賛成しませんよ

という事は調査の20億円を貰ったら

それでおしまいにする、なる、できる

のかと言いたいのです

 

二つ目ですが、

仮に調査だけで終え

あとはどうでもいいんだと最初から考えていたしたら

それって詐欺じゃないですかね

本当は20億円もらったらあとはやりませんが本音でしょう

でもそうは言えませんよね

だから住民の納得を得て次のステップへ進みます

と、言っていますが

内心は20億円もらえれば良いんでしょ

なら、やっぱり国をだまそうとしている詐欺でしょ

 

でも国も馬鹿じゃないから

簡単には引っかかりませんよ

・・・とも言えません

 

国も馬鹿気た原子力推進であふれかえるゴミの処理に困っていますから

なんとかお願いします、安全です、お金を差し上げますからと

北海道民をだましにかかりますよね

という事は、国も道民に詐欺をはたらくのでしょうね

 

さてこの詐欺常習者詐欺初心者の対決は

何方が勝つのでしょう

さぎ詐欺をはたらいている人のほうが勝ちそうで心配です [^^;; 

ため池の効果

決壊したら大変なことになると中国揚子江三峡ダムは

大騒ぎ

だからといってダム建設は反対とはなりません

中国のことだけではなくです

 

大昔になりますが

民主党政権のコンクリートから人への政策

やっぱりあれは間違いなんだと

最近の水害の多さで報じられています

 

当時はこのコンクリートから人へは

流行りのはんてん

私も着たものです

 

でもこのコンクリートから人への

ダム建設中止は間違いかもと

気が付いたことが身の回りでも起きました

今日はその話を一つ

 

3年ほど前に短時間で大雨が降りました

その雨である場所に水が大量に流れ

がけも道路も部分的に決壊したのです

そんなこと今までにはありません

で、気が付いたのです

 

昔コメが足りないとき

水の少ない高いところまで田んぼにしました

水はどうするかというと

田んぼより高所にため池を作り

そこへ雪解けの水をためておきます

春先の田植えにはその水を使い

無くなっても

途中の大雨でそこへまた水をためる

そうやって水を一年中使いまわして稲を作っていました

 

ところがコメ余りがきて

蕎麦を作るようになりました

ため池は邪魔だと堤を壊します

 

ということで先の話し

夏の大雨を一時的にためる機能が無くなったその場所は

大雨が一気に下流へ流れると

このようになったのです

 

大きなダムも近くのため池も

水をため

必要な量だけ流す

水を使い足りなくなったら

雨が降った時そこへ溜める

で、また必要なとき流す

 

水は高いところから低いところへ一方的に流れるので

こうなります

 

と、ここまで書いて気が付きました

お金の流れは逆なんだと [^^;;