アイマトン
ブログ管理

‘2012/02’ カテゴリーのアーカイブ

ハサップ6取得

2012/02/29

昨年3月にハサップ(叉はハセップ)取得を宣言しました。

約1年かけて完了。ハサップ6(HACCP6)を取得。

長かったぁ~、一年ですからねぇ~。

2012.0228はセップDSCF1318.jpg

財団法人食品産業センターから一部コピー/詳しくはそちらをご覧下さい。

 従来は「食品の安全性」とは、製造する環境を清潔にし、きれいにすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもと、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。
そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り検査(微生物の培養検査等)により行われてきました。

 抜き取り検査だけの場合、危険な食品が、市場に出て食中毒を引き起こす可能性を排除することができません。

 これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。



で、昨年の3月に決めたことがあります。


このハサップ取得に、私は口を出さないと。

なぜなら、当初の話から相当の時間と経費が掛かると予測されたので、たぶん取得前に「そんなに金(かね)が掛かるなら、止めよう」と言い出す恐れを感じたのです。

それは正解でしたね。6回は止めようと言いそうになりましたから。

ハサップ、ストップと。[^^;;

室内ゲーム

2012/02/28

カルタ、すごろく、福笑い、百人一首、トランプ、花札、将棋、マージャン、オセロ、囲碁、そしてカードゲーム。

これは私が覚えたゲームの順です。

うる覚えですが、カルタが小学校2年位、将棋で中学1年、マージャンは高校1年、囲碁は38歳。

で、カードゲームが63歳。

ということですがいまの子は凄いですよ。トランプなら3歳から、6歳でカードゲームですから。

2012.0228ポケモンカードゲームDSCF2460.jpg
その6歳の男の子とポケモンカードゲームをしました。

6歳の男の子は、このカードゲームを覚えて半年ほど。私はというと2ヶ月。


いまの所、2勝8敗で、まるで歯がたちません。

本当は、0勝10敗なんですよ。でも、相手は6歳の子供ですから、ちょっとずるしています。

それは、じゃんけんとコインを投げる時。


じゃんけんは、グーしか出しません、勝つのは簡単。

で、どこかで気が付くのでしょうね、パーに勝つチョキに変えてきます。そのときも分かりやすいのでグーをだします。

コインは、50回くらい練習をすれば、表と裏は80%自由に出せますので。


と、ここまでずるしてなんとか2勝、あと1ヶ月も経つと、0勝100敗とかになりそう。


腕相撲なら100勝0敗でいけるんですが。[^^;;

TPP加盟に賛成それとも反対

2012/02/27

TPP
別名:環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋経済連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋パートナーシップ、環太平洋パートナーシップ協定、太平洋間戦略経済連携協定、トランス・パシフィック・パートナーシップ
英語:Trans-Pacific Partnership、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership
2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化を目指す経済的枠組み。

TPPは、加盟国の間で取引される品目に対して関税を撤廃原則的に100パーセント撤廃しようという枠組みである。工業製品や農産品、金融サービスなどをはじめ、全品目について、2015年をめどに関税全廃を実現するべく協議が行われている。

2010年11月の時点で、米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの5ヵ国がTPPへの参加を表明し、次いでコロンビアやカナダも参加の意向を表明している。 Agreement


TPPの説明を読みましたが、なんとも難しくてよく分かりません。


で、新聞などの拾い読みで言うと、反対しているのは農協。

そんなことから、農家全部が反対しているものと思っていましたが、そうではないようです。


先日160haの畑作農家の人と話しをしました。

「TPP、良いんじゃない」と、たった一言。

続けて「困るのは農協やホクレンでしょ」とのこと。その後、農協のあり方に一言。

畑作農家さん、全部当っていますよ、でも思い出しましたが、これって40年前も同じでした。

進歩していないんですねぇ~農協って。


それはともかく、やっぱりTPPは難しい。[^^;;


追記2012.02.28
肝心なことが抜けていました。
一つ目、
少ない知識ですが、私はTPP加入に賛成です。
それは、既得権益者、そして圧力団体が反対しているから、きっと良いことだと思う、天邪鬼な理由から。

二つ目。
今回聞いた畑作農家さんは、やる気のある、そして将来期待できる人です。こんな人たちの夢をそぐようなことはしたくないですね。


30日の免停が解ける

2012/02/26

1ヶ月は30日、時間で720時間。43,200分、2,592,000秒。

計算間違っていないかな。[^^;;

それにしても、1ヶ月は長いなぁ~。

もしかしたら、1年より1ヶ月のほうが長いかもしれませんよ。

と言うことで、1月27日に免停で赤歌警察署に預けた免許証が、30日の恥ずかしい恥ずかしい免停期間を過ぎたので、今日受け取りに行きました。

2012.0226雪の中の車DSCF2451.jpg
写真は免停の間、雪の中に埋まった愛車。

車がかわいそうと言われそうですが、本当に可哀想なのは、私なんですけどねぇ~。

あっ、いや、相方でした。[^^;;

エゾ鹿のデミグラス丼

2012/02/25

最近、疲れやすいとか、体がだるいなどありませんか。もしかしたら鉄分が不足しているかもしれません。

肉でもっとも鉄分の多いのはエゾシカです。

2012.0225エゾ鹿のデミグラス丼DSCF2447.jpg
エゾ鹿のデミグラス丼 238円

そんなことで、弊社株式会社アイマトンの鉄分丼のPRです。

安っ。

238円で、儲かっているのかな。これ本心です。[^^;;

大阪維新の会

2012/02/24

情けない、だらしない、くだらない、やる気が無い、元気が無い、能力が無い、・・・・・もうやめよう。

そんな政治の世界に、一筋の光明が。

それは大阪維新の会。
大阪維新の会を詳しくは知るには→こちら


説明はそこに任せるとして、一番の心配は飽きることとあきらめること

飽きることというのは、我々有権者のはなし。

民主党に政権をとらせたときのフィーバーを見ればこれは明らか。

4年も持たずに、すぐあきちゃんですよね~。

もっとも、あれじゃねぇ~、当然でもありますが。


そしてもう一つのあきらめるとは。

それは、橋下徹大阪市長はじめ、大阪維新の会自身が、政策が通らないとか、日本の政権を取れないからとあきらめ、既存勢力に取り込まれてしまうことです。


先だってのTVタックルを見ていたら、維新の会に対して、また橋下大阪市長に対して、何処かの学者さんが頓珍漢な批判をしていました。

これに関しては、橋下大阪市長がツイッターで批判していますが、そちらを見ると分かりやすいですね。

しかし、あんな批判でも、テレビでやられると『まともな批判』だと思うわけです。

私なら耐えられません。

でも、そんなことを『へ』とも思わない人だけ政治家になっているのでしょうから、心配のし過ぎかもしれませんが。


ということで、これからの日本の為になんとしても大阪維新の会には、日本維新をやって欲しいのです。

そこでこの二つの心配を解決するため、本ブログをお読みの皆さんにお願いがあります。


私の言いたいことは、ただひとつ。

橋下市長の応援も、維新の会の応援も不要です。

維新の会の邪魔をする人の、邪魔をする、これです。

邪魔という言葉は妥当ではありませんが、いまはこれしか思い浮かびません。


注意して周りを見てください。維新の会の成長の足を引っ張る人は、既得権益保持者です。

既存政党や官僚。労働組合、マスコミ、電力会社を含む経済界などなど、あげればきりがありません。

既得権益を持つ人が何故駄目か。

簡単です。

維新の会に反対する人たち、こんな人たちは、日本のことなど考えていません。自分たちの損得ばかり。

そうはいっても、残念ながら既得権益者の力は強大です。

その強大な権力に対して、声を大にして批判するのは勇気のいることで、我々普通人にはおいそれとできません。

そんなことで選挙に行く、投票する、これしかありません。

既存の政党から、維新の会に投票先を変える。

つまり、これが一番の応援です。

北海道10区にも候補を立ててください。


ただ残念ながら、このブログを読んでいる人は少ないですから、この影響力は限りなくゼロに近いかも。

読者は10人くらい。[^^;;

仔羊効果

2012/02/23

今年は、雪が多くて疲れますね。

また、景気も悪いし、それを何とかしなければならない政治家にもやる気が無いし、これまた疲れますよね。

東日本大震災の瓦礫も片付いていないし、放射能汚染源、原発も運転を止める気は無いし、これにもまたまた疲れますね。


そんなときは、お茶ですか、コーヒーですか。

それともパチンコ、競輪競馬。(これには、私なら逆にストレスが溜まりますが)

私はこんなとき羊を眺めにいきます。

2012.0223癒される仔羊DSCF2425.jpg
なんかほっとするんですよ。

とは言っても、まさか皆さんに、羊を見に来ませんかとはならないかな。


てなことで、めえめえの写真をいちめぇ~どうぞ。[^^;;

冬の生活は、除雪、排雪、雪下ろし

2012/02/22

またまた雪の話しです。

それも、また屋根の雪下ろしの話。

雪降しと、雪下ろし、どっちが正解かな。[^^;;

2012.0222Y根の雪下ろしDSCF2226.jpg
写真の平屋は40年ほど前に建てたもの、ここ10年は空家。


今年の北海道で一番の問題は、空き家の倒壊。あまりにも降雪が多くてこれもまた比例して多いようです。

『この空き家に持主はいるんだろうか、あぶないな』とテレビを見ていたら、なんと目の前に1軒の空き家が。

自分の持ち物。[^^;;

これでも固定資産税を年間3万弱支払っているので、倒壊したほうが正解かもしれませんが。

倒壊後の廃棄を考えると、手順に添った方が良さそうです。


いつもは気にならないのですが、あまりにも多い雪なので冷静に見ると、これはあぶないかもと。

しぶしぶ雪を下ろし始めたのですが、なんとも重労働で30分ほどで根を上げました。

他に何か良い方法は無いかなと、思案橋ブルース(古い?)。

小さなショベルがあったので、これを屋根の上に上げて下ろそうかと30分考えていましたが、当然ながらそれは無理。だって重量1トンですから。

あきらめてこつこつ雪下ろしをしました。


1/5ほど下ろしたかな。春までには何とか全部下ろそうかと思っています。

やぁ~ねぇ~。[^^;;

エゾシカ肉の衛生管理

2012/02/21

ときどきテレビに養豚場とか養鶏場、また牧場などが出てきますよね。

牧場の風景などは、すがすがしく健康的で大好きです。

それももっともでテレビで見ている限り、臭いも無いし埃もありませんから。

でも、生産の現場は壮烈なもので、初めての人なら臭いで卒倒しそうになるかもしれません。

また、ハエやほこりで、思わず顔をしかめて口をふさぐかもしれません。

子供は正直。すぐ反応しますよ。


その農場は、鳥インフルエンザやBSE、口蹄疫、またスクレーピーなどの感染が心配で、病原菌対策はきっちりとしなければなりません。

消毒はもちろん、外部からの野鳥類の侵入を防ぐ、また人の出入などを規制するなどでしょうか。

でも、このような大自然の中での人間の知恵など知れているでしょうから、衛生管理で戦っても勝てるかどうか。


この清潔感は、農場と食肉加工場とではずいぶん違います。

我社は、その農場と食肉加工場の二つの業態を抱えています。


整理すると、農場は家畜のために衛生管理をする。また、食肉加工場は人の口に入るための衛生管理をするとなるでしょうか。

2012.0221衛生的な加工場DSCF2363.jpg
写真は、弊社株式会社アイマトンの食肉加工場風景です。

私がここへ入るには、白衣を着て、使い捨ての帽子をかぶり、ローラーで埃を取り除き手を洗い、そして使い捨てのゴム手袋を着け、なおかつ風で埃を吹き飛ばしてやっと入室です。

作業もせず、ただ入るだけでもですよ。

これも当然で、人の口に入るものを生産しているのですから当たり前です。しかし、廻りを見渡すと納得できないこともあります。


それはエゾシカ肉の事に関して。

弊社ではエゾシカ肉も当然ながら、徹底した衛生管理の元で食肉としています。

しかし、世の中には駆除されたエゾシカを、山中で内臓を取り出し都合の良い部分だけを持ち帰り、近所に配ったりレストランへ販売している人もいるようです。


弊社は写真のような徹底した衛生管理ですが、まだ上を目指しています。なぜなら衛生管理に関しての心配はゼロにはならないからです。

でも市場ではそんなの関係ないとエゾシカ肉を販売する人がいるのも事実です。


なぜこんなことを言うか。

それは、エゾシカ肉は市場に出てからまだ新しい食材であり、衛生管理に失敗すると、すべてが吹き飛んでしまう状態で、いまだ不安定、定着まで相当の時間を要すると思われるからです。

エゾシカ肉の業界が、産業として定着するかどうかは、この衛生管理をどこまで高めるか、ここに掛かっているのではないでしょうか。


エゾシカは自然の中にいるから、シカたない、では済みません。[^^;;

国旗・国歌に思う

2012/02/17

日本の国旗は日の丸。国歌は君が代。

私も賛成。これしかないと思っています。


そうは言っても、国旗も国家も意識しない生活が一番だと思うのですが、如何でしょう。


いま日本は、国旗掲揚と国歌斉唱を義務付け、違反したら罰則を課すという方向へ行っています。

これには反対、大反対です。


意見は色々有るでしょうが、私の考えを聞いてください。


まず思うのは、生活の中で国旗掲揚は必要でしょうか。

ほとんどの人は、日本国内で生活する時、国など意識していません。

パスポートや身分証明書を持ち歩きませんよね。

何かこと有るとき、また外国と接点を持ったとき、国歌を意識し国旗に日本を感じるのだと思うのです。

それで良いと私は考えています。


日本人は国旗や国歌を大事にしないから、国を大切にしない国民だと言う人がいます。

だから国旗を掲揚せよ。しなければ罰則だと。

そうは思えません。


どうもその話の裏に国のリーダーの胡散臭さを感じるのです。

第二次世界対戦前夜のような。


別な言い方をします、アメリカ合衆国はなぜあれほど国旗・国歌を大事にするのでしょう。

多民族からなるアメリカ合衆国は、あらゆる場所、そしていつも、国旗だ、国歌だと植えつけなければまとまらないからではありませんか。

国旗国歌をシンボルとして、国家意識を高めようとしなければ、ばらばらになるからではないでしょうか。

これってどこかの国が、三代に渡りリーダーを神格化して、国民を一つにまとめようとするのと同じだと思うのです。

それが国旗・国歌を対象とするか、はたまた人なのかの違いです。

いずれにしても、強い力で国家を認識させられる国と、日常国家を意識しないでも生活できる国と、どちらの国民が幸せでしょう。

言うまでもありません。


我が日本は総理大臣が毎年変わろうと、日本人は日本人らしく生きています。

無能な官僚の下でも、破廉恥な政治家の統治の下でも、そして倫理観を忘れた経済人の下でも、日本人は真面目に働き生活をしています。

そんなこと無いとは言わせません。

3.11を振り返って下さい。

あれほどの困難の中、外国を感嘆させた食べ物を分け合う姿を。

東日本大震災の時のあの姿に、日本人の国家意識が見事に凝縮されていると思うのです。

当時のリーダー不在の国のあたふたした姿と対照的な被災者や、それを応援する日本人は、もしかしたら国家意識を超越した地球人ともいえる民の姿が有ったのです。

自分だけよしとする、他の国とは天と地ほど違います。

ちょっとの停電でも、シャッターを壊し強盗に入る国では、国旗・国家はこれでもかというほど大事にされ流されています。

日本のリーダーは、国旗・国歌を話すとき、必ずこの国を意識しています。

またある国では、餓死者が出るほど国民生活が困窮していても、その国のリーダーは神様になろうというほど神格化されています。

この二つの内、一つでも上手に出来ない国は、本来外国から国民を守るはずの武力で独裁者の生活を国民から守っています。

アルジェリアでもリビアでもそうでした。

いまも、シリアの軍隊は自国の国民に銃口を向けています。

国家意識を高めようとする裏には、こんな危険性をはらんでいると思うのは考えすぎでしょうか。


国旗・国歌は人が造ったものです。

その推進には、ある意思があるはずです。

日本人は、リーダーが国旗や国歌を意識させようとした時、過去不幸になりました。

それらを意識しない日本人の国家意識、またそれを超越した人としての尊厳は、豊かな山や川、そして海の恵から自然発生的に生れてきたものだと私は考えています。

だから強制するなと言いたいのです。

(この記事は書き掛けです)

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント