アイマトン
ブログ管理

‘お客様の話’ カテゴリーのアーカイブ

焼き肉の食べ方

2018/01/17

焼き肉を『美味しくいただくために』

1.生肉を扱う際はトングをお使いください。

2.肉はよく加熱して一番美味しい焼き加減でお食べください。

3.新鮮な肉を提供していますが生食はしないでください。

これは、楽しい煉屋に掲示されているポップです。

2018.0117肉の食べ方2IMG_5915

最初の『生肉を扱う際はトングをお使いください』の文章の意味です。

生肉はトングで。

焼きあがった肉は箸を使ってほしいのです。

焼かれていない肉は生ものなので衛生的に考えて箸とトングを使い分けしましょう。

と、こんな意味になります。

もう一つ、生肉はまだ焼かれていないので誰の口に入るかその時点では分かりません。

いわば公共物。

焼かれて皿に取り分けられるときは自分用ですから私物。

こうも考えられますよね。

 

『肉はよく加熱して一番美味しい焼き加減でお食べください』

このポップでなるほどな(個人的に)と思われるのが2番です。

美味しいか不味いかは主観。

つまり、食べる人がうまいという焼き加減が一番いいと思うのです。

ステーキで言うと、レア、ミディアム、ウェルダンの区別になるのでしょうか。

レアは、表面が少し焼かれた状態で切ると血が出るくらいの焼き加減。

ミディアムは、レアとウェルダンの中間くらいの焼き方。

ウエルダンは、私から言うと炭の二歩手前くらいの焼き加減。

これは焼肉言葉ではありませんが当然焼肉にも当てはまります。

私は野性的育ち方をしたので生に近い方がいいので、家族で焼肉屋さんへ行っても私の肉には触らせません。

 

『新鮮な肉を提供していますが生食はしないでください』

これも当然と言えば当然です。

ただ、生で食べられない肉は焼いても食べられないというのが私の考えです。

むかしむかしの話ですが、魚屋さんの売り言葉に「この魚は新鮮ですよ」と。

続けて「刺身でも食べられますよ」。

 

いつも思っていました。

刺身にできない腐った魚は焼いても食べられないだろ、と。[^^;;

 

 

つらら

2017/11/27

楽しい煉屋は7月12日にオープンしました。

暑い盛り。

そのとき一つの仕掛けを考えたのです。

それがこれ。

 

2017.1127つららIMG_5337

テラスの真ん前のつらら(氷柱)です。

かなり伸びて今日現在66cmと6mm。

本州でも氷柱はできるのかな。

 

氷柱ができる仕組みとしては

屋根の雪が融けて軒先から垂れ落ちるとき、屋根側から地面に向かって氷の柱ができますがそれが氷柱。

雪が有っても温かかったら雨だれになって氷柱はできません。

また寒いばかりでも、氷柱の原料となる雪が解けませんからこれも駄目。

氷柱は雪が積もった屋根の上がある程度温かく、軒先から落ちる時点で水が氷る寒さでなくてはならないのです。

 

ということで、地面までの氷柱ができることを望んでいます。

あと2m。

 

心配はお客様が悪戯して氷柱を折らないことです。

どうなるか。とうぜんショックで凍り付くしょ。[^^;;

 

 

お客様は神様

2017/11/21

『お客様は神様』の言葉はネットで調べたら歌手の三波春夫さんが言いはじめたとのこと。

 

通常お客様は会社や店から商品を購入し店に利益をもたら人たちです。

『お客様は神様』の言葉は、分かりやすくお客様の立場を表現したものとして定着しています。

ところが、こちらのお客様に対する感謝の気持ちを逆手に取り、中には理不尽な要求をする者がいるのも事実なのです。

理不尽な要求者は神様と言うより悪魔と言った方が良いでしょうね。

しかし、どんなお客様であろうとほとんどの店舗や会社ではその要求に応えようと努力します。

また経営者もそのように社員教育をするところが大半でしょうね。

それを無理やり継続すると最悪社員が精神的苦痛に耐えられないとなる。

こんなことも有るので。

 

また、こういう人たちの中には『これは良い方法だ。甘い汁を吸える』とばかりに他の店などでもクレームを繰り返すのです。

いわばクレーマですね。

しかし、それでも店はお客様のクレームにはなかなかNOとは言えないものなのです。

 

株式会社アイマトンは創業から35年経ちます。

その歴史のなかでこちらからお取引を断った外食店が10軒ほどあります。

一番最初に納品を断った店は今も営業しているので名前を明かせませんがひどい物でした。

そこを担当した営業マンが次々に会社を辞めていくのです。

4人目に聞いたところその店に行くようになったらみな精神的にまいってしまうとのこと。

結果こちらから取引を断りました。

お客様に対してこちらから取引を断るなどあってはならないのですが社員の健康のためにはやむおえない処置でした。

 

これら取引を断つのは此方の意思で出来ますが振り返るに弊社も誰かのお客様の立場でもあります。

つまり、逆もまたあり得ることなのです。

言わば仕入れ先から取引を断られる。

これは大ごとですね。

まだそのようなことはありませんが。

 

これからは分かりません。[^^;;

 

 

 

ウサギの肉

2017/11/09

子供の頃は楽しかったですよね~。

もっともこれは私だけではなくほとんどの人はそうだった思いますよ。

私の場合500mほど離れた川でドジョウやカジカを釣ったり獲ったり。

冬になるとウサギのわなを仕掛けてウサギを獲ったり。

もちろんウサギは肉として食べたのです。

 

2017.1109ウサギの肉IMG_5069

ということで、写真はウサギの肉です。

野生の肉とは癖も無く少し違いました。

 

今日はウサギの肉の試食。

メニューに入れるかどうかはこれからですがいけますよ。

 

ウサギだけに飛び跳ねるほどのあじ。

でも売れるかどうかは別のはなし。[^^;;

 

 

あまい話し

2017/09/26

お菓子屋さんの友人の話です。

「お菓子屋さんって良いんだよ」続けて「年中イベントが並んで菓子需要は自分で考えなくても良いのだ」とのこと。

詳しい内容は忘れましたが、見ると正月から始まり、バレンタインデー、節分、ひな祭り、ホワイトデー、子供の日、七夕、お盆、敬老の日、ハローウィーン、七五三、クリスマス。

なるほどなるほど。

こう見ると、お菓子屋さんの商機って盛り沢山ですね。

うまく使うと繁盛間違いなしです。

私から見ると、子供などお菓子を買う人ばかりではなく、お菓子を作る店にとっても大甘の一年とも言えます。

 

そうはいっても日本中のお菓子屋さんは同じ条件で戦うわけですから自分のところだけ儲かるとはいかないでしょうけれど。

 

2017.0926ハローインIMG_3900

さて、今日の昼の話ですが、この写真は煉屋です。

なんとハローウィーンの飾りつけです。

 

そうかぁ~。

一年が大甘にできているのは焼肉屋さんもだ。

そう言えば、ユッケジャンラーメンも盛岡冷麺もチト甘目。[^^;;

 

 

農場へお客様が

2017/08/02

家畜飼育の現場を知ってほしいので、できるだけ外食に係わるお客様を歓迎しています。

で、その先には食事をなさるお客様がいるわけですから大歓迎なのです。

私たち生産者はどんなに一生懸命家畜を飼育して、どれほどおいしい肉を生産しようと、調理人さんがいなければ世間にわたることは無いのです。

それに加えて、美味しく調理する職人さんがいなければただの自己満足で終わるだけです。

 

2017.0802鶴雅観光開発IMG_3204

ということで、本日は鶴雅観光開発株式会社様がおこしになりました。

鶴雅グループ

 

インターセクトバイレクサス様

2017/07/24

東京からお客様が来られました。

で、農場の隅から隅までごらんになっていきました。

2017.0724お客様MG_3083

楽しんでいたようですが、実は一番うれしかったのは私の方です。

我が社で生産されたものがこの人たちの手によってその先のお客様に提供されるなんて、生産者としてはこれ以上の喜びはありません。

 

関連ランキング:カフェ | 表参道駅外苑前駅乃木坂駅

 

羊のチーズ

2017/07/21

凝り性の私からおすすめのチーズです。

 

2017.0721羊のチーズIMG_3029

左下はイタリア ペコリノ・カネストラート(羊乳)

右上はイタリア・サルデーニゃャ モンテ・サルド(羊乳)

左上はオランダ アマルトゥーラ(ヤギ乳)

 

お買い求めは下記へ。[^^;;

関連ランキング:アイスクリーム | すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)狸小路駅

 

逆転した立場

2017/07/19

一つの計画を実施するには多くの方の協力が無ければ完成しません。

下の写真は滝川の地元紙プレス空知に乗った弊社『楽しい煉屋』の一面広告です。

業者様が協力し本日出していただきました。

 

2017.0719プレス空知広告IMG_3031

あらためて見ると驚きますね。

昨年の11月頃から武藤工業株式会社様の紹介で株式会社アキバ設計様と詳細を詰めてきました。

それが2月初旬に設計が完成し各業者様へ見積もりを依頼をしたわけです。

結果笹木産業株式会社様が受注。

着工は3月です。

そこから永遠7月12日まで各得意分野を持つ業者様が入れ替わり立ち代わり仕事をしていきます。

作業風景を間近で見てきましたがプロとしての仕事に頭が下がります。

 

いままでは施主としてかなり無理を言っていると思います。

それが通るのもいわば弊社がお客様の立場に立つからです。

しかし、これからはこの立場が逆転します。

施工業者様の方が弊社のお客様であります。

かなり無理を言っても許されますので、お客様として来店された場合はなんでもご用命ください。

 

また、その他仕入れ業者様、納入業者様等々多くの業者様が係わってきます。

それどころから、これからは多くのお客様の支持がなければ『楽しい煉屋』は立ち行けません。

 

今後とも楽しい煉屋を御贔屓にお願いいたします。[^^;;

 

 

農場へ来られたお客様

2017/07/06

昨日は久しぶりに農場へお客様がお見えになりました。

というのも昨年秋からの鳥インフルエンザが怖く来場者はすべてお断りしていたからです。

 

2017.0706お客様来農場IMG_2654

http://www.ristorantetokuyoshi.com/en/

 

農場はけっしてきれいな場所ではありません。

におい、ほこり、鳴き声などなど。

畜舎に入ったとき来られた方の態度って面白いですよ。

鼻をふさぎながら畜舎から早く出ようとする人。

できたら入りたくないと態度がいっているひと。

買う気が無い人。

こんな感じで付き合いでいやいや来ている人の気持ちは夜のお酒へ行っています。

 

今回の方たちは違いましたね。

まず質問攻め。

動物の写真を撮りまくり。

鳩の雛を手にとったら興味津々。

 

今回おこしになった料理人さんは素晴らしいです。

やる気、おしゃれ、若さ。

わたしには若さがまぶしいっす。[^^;;

 

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント