日本の新たな観光資源

今日は

これって日本の新しい観光資源にならないかなという話です

 

今回の新型コロナウィルスですが

日本の指導者には言いたいことは沢山あります

しかし、現実を見ると自分が間違っているのかと思うことも

 

世界のなかで人口の割に死者数の少ない日本

なぜ少ないか

自分なりに考えてみました

 

日常的に衛生に対する感性が高いことでしょう

普段から生活が清潔なんですよね

私以外はですが [^^;;

つまり、それが観光資源にならないものなのかと

 

日本で長期に生活をするのです

朝起きたら歯を磨く

顔を洗う

レストランへ行ったらおしぼりで手を洗う

箸でご飯を食べる

パンを箸でってこれは無理かな [^^;;

外から帰ったらうがいをする

ちょっとでも風邪気味ならマスクをする

デモの時以外もマスクをするのです [^^;;

 

トイレはウオシュレット

これになれると外国へ行ったらそれが無いことに耐えられません

昔は自分も新聞紙だったのにです [^^;;

トイレから出たら手を洗う

風呂が好き、温泉が好き

シャワーでもいいけど [^^;;

 

あと靴を脱いで自宅に入る

この生活習慣が一番かな

そとは靴、家の中ではそれを脱ぎ

スリッパに履き替える

べつに裸足でもいいとは思いますが

これって日本だけの生活風習でしょうか

アメリカの映画を見ると、

ベットの上に靴を履いたまま体を投げだすシーンをよく見ますが

昔はカッコいいと思っていましたけどね

 

靴の履き替えで言えば、

我が社は肉屋

加工に入る前には必ず手も洗うし消毒もします

もちろん白い長くつに履き替えてから入室し仕事をします

 

などなどすべての生活を体験するのです

1年も日本で生活すると

パンを手で掴む国の人も

レストランではおしぼりを要求し手を洗うようになるでしょう

 

トイレでも、

男は小用を終え

なにを掴んだ手も洗うようになるでしょう [^^;;

 

日本に来て普通に生活をするということ

それを観光資源としてはどうかという話でした

 

でもまぁ無理でしょうね

のど元過ぎれば熱さを忘れるは、日本のことわざ

日本でさへこんな感じですから

そのための観光だと

日本へ来ようとした人たちも

機内でその目的は忘れるかな [^^;;

 

お国柄ジョーク

新型コロナウィルスで世の中がチト暗いので

ここでお国柄ジョークをひとつ

このジョーク大好き [^^;;

 

豪華客船ダイヤモンドプリンセス号から

お客様が下りてひと安心

 

さてジョークです

豪華客船が沈没しかかっているとします

そのとき脱出ボートの数が足りないので

船長はお客様に海へ飛び込んでもらおうと必死で声掛け

 

その時どう言うか

 

目立ちたがりなアメリカ人には・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」

格好つけるイギリス人には・・・・「紳士たるものこういう時は海に飛び込むものです」

皮肉れているフランス人には・・・「決して海には飛び込まないで下さい」

超女好きなイタリア人には・・・「海で美女が泳いでいますよ」

超超厳格なドイツ人には・・・「規則ですので海に飛び込んでください」

盗んだ物も返さないロシア人には・・・・「北方領土へ日本の潜水艦が向かっていますよ」

なんでも食べる中国人には・・・・「おいしいタイやヒラメが沢山泳いでますよ」

日本が嫌いな韓国人には・・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」

他人の目が気になる日本人には・・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

これ以上の解説は、・・・いらないかな [^^;;

 

いまだになり続く除夜の鐘

「人の名前を使ったダジャレは言うな」と

こう教わったのは10代のころ

 

でも言わずにはいられません

リスペクトしていた日産の業績を急回復させた立役者が

レバノンへ逃げちゃいました

それから三日目

ネットはゴーンさん一色

 

いまだに除夜の鐘が鳴り響いています

ゴーン、ゴーンと108つ

 

このダジャレ、やめた方が良かったかな [^^;;;;

 

ひじょ~~に驚いた話しを

今日はおどろいたはなしを

 

びっくりした、驚いたを

北海道ではどってんこいたともいいます

なんてね

正確には、

過去にその言葉を使っていましたです

いまは使っていません

 

久しぶりに使ったことがあります

 

どんなときか

それはただ驚いたのではなく

びっくりしたの2乗くらいの状況

どてんとひっくり返るほど驚いたとでもいえばいいでしょうか

 

最後に使った状況を思い出しました

従弟との会話でです

「いやぁ~、どってんこんたわぁ~」と

何の時出たかは忘れましたが

やつはきょとんとしています

そのあと大笑い

意味は分かったようですが、

「そんないい方したこと無いよぉ」と

笑いながらのたまうのです

 

ジョークかよ [^^;;

 

純正の従妹ですよ

すぐそばに住んでいるのに共通語でなかったとは

使ったことが無いばかりではなく、

この言葉を知らないとは

 

 

いとこかよ

でも、年齢は親子ほど違うなぁ~

 

ネットで調べてみると

北見のハッカのお菓子だって、

 

どってんこいた [^^;;

 

消費税10%へ

いよいよ始まりました

消費税は10%へ

 

不景気へまっしぐら

 

それでは困ると複雑怪奇な景気対策

5%、2%のポイント還元とか

おなじ外食も、

店内飲食10%、持ち帰り8%

おもちゃが付いたお菓子は10%、お菓子だけなら8%

雑誌は10%、新聞は8%

この怪奇現象

まだまだあるんでしょうね

 

 

これらすべてが景気対策のためにとられた政策です

つまり、

一般消費者が増税でお金を使うのを嫌がり

買物を控えて不景気になる

不景気になると税収が伸びない

で、

この複雑な税金終徴収方法や還元制度を編み出したわけです

 

でも、言われていないことが一つ

この複雑な制度を企業に押し付けています

複雑すぎて企業は大混乱でした

企業はこの制度を取り入れるために

レジの入れ替えで数百万など

そのお金を調達できずに廃業なんてのもありました

運営でも企業の経費は増えるのです

赤字にならないまでも

法人税が減ることは明らか

 

それにしても政治家の打ち出の小づちは良いよねぇ~

3回降ったらお金が降ってきた

これは便利と5回にしたよ

もっと欲しいと欲をだし8回に、

 

まだまだ足りないと10回も降ったら、

持ち手が疲労骨折しちゃうよ [^^;;

 

9.11

今日は9月12日

といいうことは、昨日は9月11日

これって当たり前です

 

その当たり前なことでないことが起こったのが

2001年9月11日

 

そう、アメリカの同時多発テロ事件

テレビで、テレビドラマを見るような光景を突き付けられました

世界貿易センタービルに飛行機が突っ込み

そのビルが崩れ落ち跡形もなくなくなっていく

イスラム過激派テロ組織のアルカイダによって

 

しかし、その惨状を見ても他人事のように

落ち着いてテレビニュースを見ていました

 

その時、その後のことは誰も想像できませんでした

怒り狂ったアメリカの大統領

それも当然ですが

 

アメリカ軍はアフガニスタンのタリバンを攻撃しました

それで終わりかと思ったら、

その次はイラク戦争

 

これもテレビの中のひっつの光景かと

 

口実は大量破壊兵器保有

大量破壊兵器など無かったのに

 

イラク戦争がイスラム国を生み

そして日本人も殺されました

 

中学生の時、

世界史なんて自分に何の関係があるのか、

どんな役に立つのかと思ったものです

 

全部繋がっていたんですね

私も地球家族の一員なのです

 

そういえば、

誤ったアメリカ大統領は謝った? [^^;;

人間の一生

子供の頃は

ジイジ、バアバの所へ行くのが楽しみだった

小遣いをくれるから

みな同じかな

孫たちは分かっていないだろうけれど

ジイジ、バアバは楽しみで

いや、それが生きがい

そんなことで小遣いを受け取るのは

遠慮なくどうぞ [^^;;

 

それが中学生くらいになると

友達などの付き合いが一番

文句ばかり言うジイジバアバはめんどくせー、かな

じゃジイジバアバはどうするか

小遣いの金額を上げて対処します [^^;;

 

高校生になると

両親からも離れる

親さへも、めんどくせー、となりますから

ジイジバアバはなすすべもありません

もうお金では釣れません [^^;;

 

で、社会に出、家からも出て

自活するようになると自分一人で大人になったと

錯覚し傲慢になるのです

 

ここでジイジバアバも気が付きます

小遣いを渡し過ぎて

孫たちをダメにしたのは自分たちだったのではないかと

そんなことは無いか [^^;;

 

ここまでほとんどの人は同じルートかな

 

孫たちが結婚し子供ができると

孫たちはやっと両親のありがたみが分かる

ジイジバアバに対しては、・・・特になし [^^;;

 

やがてその子らも結婚して子供ができる

自分は歳をとり体がガタピシいうようになると

やっとジィジバァバの気持ちが分かる

でも、その時にはジイジもバアバも

とっくにこの世には居ない

 

だから恩返しは早めにどうぞ [^^;;

 

 

マンションの1棟飼い

昨年マンションを売却しました

お陰様で若干利益が出たので

新しいマンションをを一棟まるごと購入

どうだぁ~、参ったか [^^;;

 

マンションは

5階建てで35戸入居できます

駐車場も右側に35用意しています

つまり一家に1台ですね

 

では購入したマンションを公開しますよ

2019.0228鳩のマンション1096

 

鳩(はっと)驚きのマンションはこれです [^^;;

 

 

有楽町で逢いましょう、鴨と

おはようございます

昨日のはなし

本当は鴨せいろを楽しむはずだったのですが

メニューに

鴨ロース焼き ~極太ねぎ添え~ の文字が

つい頼んじゃいました

 

鴨はハンガリー産とのこと

2019.0208鴨の焼肉9EAA5480-7E80-4A90-8D2C-D3B0D125878B

 

またまた昨日のはなし

 

羽田から品川までいつもの京急

腰を掛け、ふと前の席をみると

7人掛けに7人が座り1人が寝て

一人が本を読み

なんと5人がスマホ

これってどこかで見た景色だと

 

で、こちらの席を見ると

1人が新聞

1人が寝ていて

4人がスマホ

あれ?、数が合わない

あっ、そうか私がスマホを見れば良いんだ

ということで、1月19日の本ブログの記事に合わせました [^^;;

 

 

エンディングノート

今年5月には70歳に なります

いつ死ぬか分かっていれば何の問題もありませんが

わからないから困るのです

 

死ぬ時が分かれば準備できます

そう考えると

余命宣告されることも

違った角度から見ると

つらいけれど意味があるかもしれません

 

いずれにしても死ぬ自分には問題は少ないですね

でも、残された家族は大問題です

 

3年前に父が亡くなりました

今考えると

身の回りの整理は10年くらいかけてやっていたようですが、

それでも、

無くなった後は大変でした

 

ですから、

私も父の例に倣い身の回りを整理しておこうと考えて

一昨年エンディングノートなる物を買いました

年が明け昨年は一つも手を付けていません

 

今年は何とかそれを整理しようと

思うお正月でした

 

さて、ウィキペディアによると、エンディングノートとは、

高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノートと出ています
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

ここでの疑問は高齢者って何歳から?

私はいつから書けばいいの?

まぁ屁理屈ですが

 

屁理屈をもう一つ

自分の葬儀に関してはあれこれと注文を付けるつもりは在りません

葬儀の主役は自分ですが

葬儀の主催者は喪主ですから

いまから希望を書きおいてもその通りになるとも思えませんので

 

だからエンディングノートは不要かなとも考えましたが

 

そうはいっても、少ないとはいえ少しの現金もあります

土地、建物も

だから相続に関しては書き残さなければならないかなと

いまは考えています

あっ、そうそう、

これだけはというのは一つだけあります

それは病気になったとき、

延命措置は絶対お断りします

 

と、ここまで書いて気が付きました

この記事って、エンディングノート? [^^;;