アイマトン
ブログ管理

‘これに異議あり’ カテゴリーのアーカイブ

増税するのに、

2017/12/10

たばこ

国際観光旅客

森林環境

所得

消費

 

さて、ここでクイズです。

今朝の新聞に載っていたこの項目の共通点は何でしょうか。

答えは後ろにを着ければ簡単。(着けなくても分かったかな)

たばこ税、国際観光旅客税、森林環境税、所得税、消費税。

そう、これから増税されるものです。

ビールもかな。

税金は上がりますよ~、これからどんどんと。

そのほかにも、社会保険の給付は下がるのに社会保険料は上がるなどもあります。

 

その前にやることあるだろうと思うのです。

まず最初に政治家と公務員の給料をさげるなど。

そのほかにも無駄使いを止めさせるとか。

 

国にお金が無いのは分かります。

でも、やり方が間違っています。

 

企業なら自分のお金を増やすのにお客様にお金が欲しいと言ったら取引を断られますよ。

その前にやることが有ります。

まず、経営者の給料を下げる。つまり総理大臣、経産大臣、財務大臣など。

次に幹部社員の給料を下げる。つまりその他の政治家。

で、社員の給料も下げる。つまりすべての公務員。

そのほかに電気料金、水道料金、ガソリン代、灯油代などをケチりますね。

また、車はぼろ車で我慢する。

民間企業はみなこんなことを普通にやっています。

まずやることは自分たちの社会の窓(蛇口)を閉めろと言うことです。

いまやろうとしていることは破廉恥だろ。

 

私が納得できるのはたばこ税の増税だけですね。[^^;;

 

追伸/それにしても総理大臣は大変だね。

世の中悪いのは全部総理大臣の責任にされちゃうのだから。

 

人も企業も栄枯盛衰あり

2017/11/28

いまグットライフという外国(米国)ドラマを見ていました。

17.1203追記/グットワイフでした。

弁護士事務所の話ですが、そういえば弁護士ドラマは昔から好きですね。

なんでだろ。

そうそう子供のころ、といっても中学1年生の時ですが仕事の適性検査なるものが有りました。

私はたしか弁護士に向いているということでした。

でも、貧乏でお金がなく大学へ行けなかったので弁護士になるのは早々とあきらめてしまいました。

 

いまはそれでよかったと思っています。

だっていまでは弁護士は安月給の代名詞だというじゃありませんか。

と言っても私の年代ではなく若い人の話しですから、仮に弁護士になったとしても何も問題なかったですね。

 

数十年前の話しですが歯科医の友人から「これから歯医者は余るよ、決していい仕事ではない」と聞きました。

そのときは歯科医と言えば高収入の代名詞。

そんなことは無いだろうと思っていたのですが、いま街の歯医者さんはがらがら状態です。

 

それよりさらに数十年前の話もあります。

赤平は炭鉱町。

当時の住友石炭の社長の学歴を見てびっくりです。

東京大学卒業。

え~~、なんで東大卒業して住友石炭の社長なのと思った次第です。

なぜなら、当時炭鉱は閉山に次ぐ閉山で斜陽産業の代名詞でしたから。

ある人曰く「戦後は石炭産業は成長産業、で、国の重要産業。だから入社する東大生が居ても当然です」とのこと。

 

で、この時悟ったのです。

いま一番いい企業はあとは落ちるだけなんだと。

 

そういえばシャープも東芝も、ちょっと前は「鉄は国家なり」と豪語していた製鉄会社も。

有名な会社と言えどもいまはかなり厳しいですよね。

 

栄枯盛衰の言葉は会社も人間も当てはまりますね。

成長盛りの10代前後から、肉体的最盛期の20代30代。

そしてピークを過ぎて50代60代と昔の勢いはどこへ行ったのか状態。

頂上に登ったらあとはくだるだけ。

いまどん底だともがき苦しんでいる最低の状態でも、考えを変えるとあとは登るだけ。

そんなこんなで、いま書いていることにおおきな間違いはないと思っています。

 

ここで一つ訂正を。

弁護士を目指さなかったのはお金が無いからだと書きましたがそれはうそ。

本当は頭がついて行かなかったから、です。[^^;;

 

 

 

裸電球と相撲界

2017/11/24

毎年冬になるとプランターに土を入れニラや水菜などを栽培してます。

ことしはそれに加えて植物用のLEDも追加しました。

とうですか、飲食店でも使えるかもとの実験です。[^^;;

 

2017.1124LEDIMG_5275

子供の頃、家の中で100Wの裸電球でニラ栽培をやっていたことを思いだしました。

そう言えばホームセンターに100Wの裸電球はもう売っていませんね。

物凄い勢いで世の中はLED化へ突き進んでいるようです。

というより、もう替わっちゃったのかな。

 

話しは変わって相撲界。

横綱日馬富士の暴力事件。

横綱白鵬の品格事件。

どちらもモンゴル出身力士。

 

日馬富士の暴力はいけません。

が、当事者同士は和解済みだとのこと。

しかもことは暴力ですからはなしは簡単。

で、解決も簡単なことです。

この一件落着済みなのに混乱させているのは別の人のような気がします

 

横綱白鵬の土俵下の無言の抗議。

これに相撲界は品格が無いと大騒ぎで結局白鵬が謝ったようですが。

この事件はこれで許されるのに日馬富士の件はどうなの。

やっぱり混乱させているのは貴乃花なんじゃない。

 

考えるに、日本人は見慣れているちょんまげ姿に裸軍団の戦い。

それを何千人もの大衆の面前で披露しているすがた。

そのうえテレビで何千万人もの人々にみせているすがた。

これって外国人が見たらどうなんでしょう。

品格が無い仕業とみられているような気もしますが。

 

白鵬への品格指導が正しいとしても、考え直さなくてはならない問題があります。

いまの相撲界はモンゴル人力士に支えられています。

で、ずいぶん前から日本の相撲というより世界の相撲に一段格上げになっているのではないでしょうか。

そうかんがえると、日本人が考える国技としての相撲も常識が変化しているとおもうのです。

その変化について行けていないのが相撲界かい?。

 

裸電球はLEDに替わったのに。[^^;;

 

お客様は神様

2017/11/21

『お客様は神様』の言葉はネットで調べたら歌手の三波春夫さんが言いはじめたとのこと。

 

通常お客様は会社や店から商品を購入し店に利益をもたら人たちです。

『お客様は神様』の言葉は、分かりやすくお客様の立場を表現したものとして定着しています。

ところが、こちらのお客様に対する感謝の気持ちを逆手に取り、中には理不尽な要求をする者がいるのも事実なのです。

理不尽な要求者は神様と言うより悪魔と言った方が良いでしょうね。

しかし、どんなお客様であろうとほとんどの店舗や会社ではその要求に応えようと努力します。

また経営者もそのように社員教育をするところが大半でしょうね。

それを無理やり継続すると最悪社員が精神的苦痛に耐えられないとなる。

こんなことも有るので。

 

また、こういう人たちの中には『これは良い方法だ。甘い汁を吸える』とばかりに他の店などでもクレームを繰り返すのです。

いわばクレーマですね。

しかし、それでも店はお客様のクレームにはなかなかNOとは言えないものなのです。

 

株式会社アイマトンは創業から35年経ちます。

その歴史のなかでこちらからお取引を断った外食店が10軒ほどあります。

一番最初に納品を断った店は今も営業しているので名前を明かせませんがひどい物でした。

そこを担当した営業マンが次々に会社を辞めていくのです。

4人目に聞いたところその店に行くようになったらみな精神的にまいってしまうとのこと。

結果こちらから取引を断りました。

お客様に対してこちらから取引を断るなどあってはならないのですが社員の健康のためにはやむおえない処置でした。

 

これら取引を断つのは此方の意思で出来ますが振り返るに弊社も誰かのお客様の立場でもあります。

つまり、逆もまたあり得ることなのです。

言わば仕入れ先から取引を断られる。

これは大ごとですね。

まだそのようなことはありませんが。

 

これからは分かりません。[^^;;

 

 

 

中国製のLED電球

2017/10/29


ウィキペディアより=LED照明とは
発光ダイオード を使用した照明器具のことである。2016年現在、照明器具の主力光源となっている。 LEDを使用しているため、低消費電力で長寿命といった特徴を持つ。定格範囲内で使用する限り発光素子自身は比較的長寿命であり、熱による劣化が寿命の決定要因となる。
 

ということで、楽しい煉屋の電球はLEDです。

価格も安く寿命も長いので全部LED。

200個ほど付いています。

 

2017.1029中国製のLED電球IMG_3310

と、ここまでは良かったのですが。

ぜんぶ中国製なんですよ。

店長に聞くと、7月12日オープンから3ケ月で30個ほど駄目になったとのこと。

なんと長寿命はどこのはなしか。

 

これを称して、『安物買いの銭失い』と言うのです。

つまりあと半年ほどで全部駄目になるはなしです。

中国製は1個1000円。

日本製3000円。

 

あ~~、情けない、けっして中国を恨むまい。

買った私がバカでした。[^^;;

 

マンスリーメニュー

2017/10/27

楽しい煉屋では毎月マンスリーメニューとしてそのときだけの特徴のある肉類を提供しています。

2017.1027マンスリーIMG_4952

で、今月はワインラムと牛脂ホルモン、豚ホホ。

 

牛脂ホルモンは美味しいのですが、ちょっと油断すると、

2017.1027牛脂ホルモンIMG_4958

側に氷を置いて網の上にのせながら食べるのですが、すっごい忙しい焼き肉になりますね。

 

と、いまごろマンスリーメニューを宣伝しても、

あと4日しかないじゃん。[^^;;

 

 

寒いはなし

2017/09/29

今朝は寒かったですね~。

雪はまだですが4℃です。

部屋の中で14度くらい。

2017.0928寒い話1IMG_3933

 

で、寒い話をもう一つ。

下の新聞記事。

2017.0928寒い話2IMG_3935

良く考えたら小池劇場なる言葉。

これっておかしいですよね。

主役は小池さん。

新聞をみるとそう思いそうになります。

でも脚本はだれ?

 

過去には小泉劇場も有りましたが、あの時も思いました。

劇場にしているのは新聞社じゃないかと。

で造られた劇場を小泉元総理大臣に利用されたのだと。

 

今回も小池劇場なる言葉。

この言葉を何回も言われるとまた始まったと思いますね。

マスコミは小泉劇場の舞台つまりは新聞紙がその舞台となるべく整えられ、台本も書き観客、つまり観客たる私たち国民を飽きさせないようにする。

良く考えると、結果小池希望の党党首に利用されるだけなのに。

 

私の友人に巨人が大嫌いと言う人がいました。

会うたび巨人の悪口を言っていました。

巨人が嫌なら巨人戦を見なければ良いのに。

そう思ったものです。

でもほぼ毎日見ているんですよねぇ~。

で、考えたのです、なぜなのかと。

理由は簡単、巨人フアンであっただけの話です。

可愛さ余って憎さ百倍。

これです。

 

そうか、マスコミは小池フアンなんだな。

それにしても、新聞社やマスコミは悪口を書かずに、もう少しでいいから冷静に見ることはできないのでしょうか。

マスコミの仕事は冷静に事実を伝える。

これに徹してください。

それを見て判断は国民がする。

私たちを楽しませなくてもいいんじゃね。

これでいいとおもうのですが、芝居がかった記事は御免こうむります。

 

政治家の命は言葉です。

私たちはその言葉を受け、さてだれにしよう、とこうなるのではありませんか、マスコミさん。

 

新聞を売りたいのは分かりますが、いまはネットで間に合っていますよ。

劇場の舞台は不要です。

あっ、必要か。

新聞は舞台のパンフレットだから。[^^;;

 

 

衆議院選挙

2017/09/28

まずは2015年3月1日の記事を読んで戻ってきてください。

必ず戻ってください。[^^;;

第18回統一地方選挙

 

当時の私の選択基準ですが、いまもほぼ変わっていません。

それを来る衆議院選挙に合わせてみました。

1.原発を止める/できれば即時停止して欲しい

2.消費税増税反対/できれば増税どころか下げて欲しい。

3.多選反対/何回も出るなんて邪魔になるだけです。老害とも言いますが。

4.若い人に出て欲しい/若ければ若いほど良いと考えています。できれば20代から30代、妥協しても40代。

5.官僚出身者は反対/能力があっても、人が良くても駄目。住む場所が違います。能力を発揮する場所が違います。

6.みそもくそも一緒の政党連携に反対/

 

で、今回の衆議院選挙。

見事に私の希望に当てはまるのは希望の党。

1番と2番はぴったりです。

でも6番が怪しいです。

しかし、今回は希望の党の小池さんが言うには、理念政策が一致しない人は入れないとのこと。

党が合併するのではないので6番はぎりぎりセーフかな。

 

一連の騒動で前原さんを見直しました。

切腹覚悟で役に立たなかった民進党を亡くするのは。[^^;;

 

 

第二次世界大戦前夜

2017/09/12

北朝鮮ってどうにもならない国だよねぇ~。

と言うのが今日本人の共通の認識です。

私もチトそうおもいますが。

でも、そうかな、と言うのが今日の話し。

 

なぜなら、第二次世界大戦を思い出してください。

A・B・C・D包囲網を。

====以下ウイキペディアから抜粋 https://ja.wikipedia.org/wiki/ABCD%E5%8C%85%E5%9B%B2%E7%B6%B2

ABCD包囲網とは、1930年代後半(昭和10年頃)に、日本に対して行った貿易制限の総体に、日本が名付けた名称である。「ABCD」とは、貿易制限を行っていたアメリカ合衆国(America)、イギリス(Britain)、中華民国(China)、オランダ(Dutch)と、各国の頭文字を並べたものである。ABCD包囲陣、ABCD経済包囲陣、ABCDラインとも呼ばれる。この呼称は日本の新聞が用いたものとされるが、初出については良く分かっていない

====ここまで

つまりアメリカがやろうとしている北朝鮮が核実験をやったから貿易を制限をするという行為。

今やろうとしている石油を輸入できなくして兵糧攻めにしようとする行為など当時の日本へとった行為とうり二つです。

兵糧攻めで「もう降参です」なんて国の指導者は口が裂けても言うはずはありません。

当時の日本もそうでした。

威勢よく、国際連盟を脱退しましたよね。

降参しても地獄、進んでも地獄なら、もしかしたらと、考えているのでしょうね。

 

いまの包囲網、アメリカ、ロシア、中国、日本、韓国ですが。

これってA・C・R・J・Kとどこが違うの。

違うのは順に並ばないことだけです。[^^;;

 

もうひとつ。

当時、アメリカは一発目を真珠湾に撃たせて日本を責める口実としました。

ここが肝心です。

日本が撃ったのではなくアメリカが一発目を撃たせたのです。

そう。

北朝鮮へも同じことをやりたいのが見え見えです。

アメリカ映画でよく見るおとり捜査。

麻薬を買わせて逮捕するあの場面。

まさに、ミサイルのグアム方面への一発。

それを狙っているような気がします。

この手段、

化学兵器の無かったイラクへも嘘の口実をつけて攻めるくらいですからあり得ますね。

 

とはいってもあの国の、核実験、核保有、ミサイル保持などすべてが許すことはできません。

が、少なくとも、日本の二の前だけは踏んでほしくないものです。

なぜなら各々実験済みですから。[^^;;

 

 

柳川丼

2017/09/09

柳川ドンとは、

====ここから以下ウィキペディアから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E9%8D%8B

概要[編集]

開いたドジョウと笹掻きにしたゴボウを味醂と醤油の割下で煮て鶏卵で綴じる。バリエーションとして、一緒にネギやミツバを用いる場合もある。肉類などを柳川と同じように、笹掻きゴボウと共に甘辛く煮て卵で閉じたものを「○○の柳川」あるいは「柳川風」と呼ぶことも多い。

江戸時代にはドジョウもゴボウも精の付く食材とされていたため、柳川鍋は暑中に食べるものとされていた。俳句の世界では「泥鰌」は夏の季語(「泥鰌掘る」は冬の季語)となっている。ドジョウはウナギに劣らない滋養があり、しかも安価である事から、江戸の庶民に好まれていた。

====ここまで

 

2017.0909鴨の柳川丼IMG_3673

ということで、鴨の柳川丼です。

れいによって「どこの鴨ですかぁ~」と優しく聞くも、そく「わかりません」とのこと。

スタッフさんは心の中で『調べる気はありません』とおっしゃっていました。

確かにそう聞こえました。

 

ということで、美味しい柳川丼でした。

 

写真は逆さまのまま。

察してください。[^^;;

 

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント