医療崩壊の対策はしたの?

前回非常事態宣言が出されたのは昨年の4月7日、

・・・・でしたよね

 

コロナの感染者数のグラフでいうと

第一波の初めころでした

 

で、その頃思っていたのはこの数字って

検査をして見つけた人の数なので

正確に知るためには全員検査をするしかないでしょと考えていました

全員検査をしたらまずはほとんどの人は安心する

それに伴い経済への打撃は避けられるとも

 

そう考えている矢先に

私の大好きな橋下徹さんが

「全員検査をしないのは医療崩壊が起こるから」と言うのです

それを知って『なるほど、橋下さんの言うことの方が正しそうだね』と思ったものです。

 

それから10ケ月近く

いま第三波のてっぺん(?)に差し掛かっているのか

頂上はまだまだ先にあるのか定かではありませんが

 

いまだに医療崩壊が起きると大騒ぎをしています

まだそこなの?

 

医療崩壊が起こるとこうなると言われていることの一つに

患者の選別が行われるって

もしかしたら選別される方になるかもしれません

 

あれからもうすぐ1年も経つのに

医療現場にはなんの手立てもしてこなかったのでしょうか

 

みんな勝手なことを言います

それに振り回される国の指導者

国の指導者の言に右往左往する私たち

 

私も勝手なことを言っていますが

右往左往はしていません

選別される側にまわされても

それは、・・・どうなるか分からないけれど [^^;;

 

8人で会食に思う

いまたたかれています

菅首相の8人での会食

野党はこれに対して、、、

、、、、まっ、いいか

言うことは分かり切っていますから

マスコミもこれはいいやとばかりに批判のオンパレード

支持率はと不支持率が逆転したとのこと

 

しかしまぁ~たしかに迂闊でしたね

4人以下での会食を推奨したその日の8人の会食ですから

 

でも、考え方、受け取り方の違いでしょうが

逆なような気がします

 

日本の首相ですから沢山の人に会い色々な意見を聞く

これってリーダーとして当然のことです

ここ一番の難局のいまこそ

沢山の人と会い意見を聞く必要があります

誰の話も聞かずに意思決定するほうが

よほど危険なのではないでしょうか

 

自分たちのやらなければならないことを

日本国の首相に当てはめ批判するのではなく

危険を顧みずもっともっと沢山の人と会い

食事をし意見を聞けというべきだというのが私の意見です

なぜなら

これこそリーダーの本筋だと思うのですがどうでしょう

 

きょうは

天邪鬼な人間からのひとことでした [^^;;

 

コロナワクチンの治験開始

治験とはで検索すると

医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである。

こうあります

 

いよいよ世界を騒がせたコロナの克服はもう少しですが

そんな中どうしても分からないことがあります

 

ワクチンの接種に反対の人がいるのです

反ワクチン運動

この運動、

特にイギリスが活発なようです

その影響か五人に一人はワクチンを受けたくないとのこと

 

そこで私の意見ですが

受けたくない人は受けなくても良いと思うのですが

それをデモまでして人に強制するってどうなんでしょう

 

ワクチン接種を強制することには絶対反対です

しかし、反ワクチン運動の

ワクチン接種自体に反対と

これには納得できません

というか理解できません

反対なら自分だけ摂取しなければ良いだけではありませんか

 

私にはワクチン接種を強制するも

ワクチンをしないことを他人に強制しようとするのも

同じに見えますが [^^;;

 

テレビを見ると

ワクチンに対する心配を口にする人もいます

いつもより短い期間で開発されたワクチンですから

その心配

分からないことはありませんが

いまはコロナの不安とワクチンの不安

何方をとるかという話なのではありませんか

 

いつものインフルエンザワクチンと同じで

摂取するもしないも私の勝手、でしょ [^^;;

 

マスコミの役目

コロナの大騒ぎはマスコミが作った

と、言う人もいます

私もそう感じていますが

これは否定できませんね

 

その証拠を一つ

 

昨日12月8日は何の日か知っていますか

そこで12月8日は何の日と調べてみました

事納とか針供養

11月22日の良い夫婦のようなダジャレ日は

ありました、ジュニアシェフの日だって(ネットから)
【ジュニ(12)アシェフ(8)】の語呂合わせにちなんで、子どもを対象とした料理教室を展開しているベストアメニティ株式会社が12月8日に記念日を制定しております。

これは良いなと思うのが

有機農業の日なんてのもありますね

ジョン・レノン暗殺の有った日も12月8日だったんだ

 

なかなか本題にたどり着きません

 

これです

12月8日は真珠湾奇襲攻撃の有った日なのです

この日はアメリカ人は絶対忘れることのない日でもあるのです

喧嘩を売った人は忘れても

喧嘩を売られた人は忘れないと、

あれです

 

その次の日、つまり明日から

日本は大騒ぎしていたことでしょうね

マスコミを先頭に。

このマスコミの大宣伝に踊らされて第二次世界大戦が続くのです

そして日本国民は立ち上がれないほどの痛手をこうむりましたが

みごと復興したのです

 

まとめると

政治家、官僚(軍隊)が戦争を起こし

マスコミがあおったと、こうなるのです

詳しく調べると、

事(真珠湾攻撃)に至るのも

マスコミの煽り運転の影響のようです

 

もちろんここで数行で書くような簡単な話でないのは承知しています

しかし、マスコミが煽ったのはいまは事実として認知されています

 

ということで、

マスコミの態度はコロナ報道の今も同じでしょとこれを言いたかったのです

 

違うのはネットの普及かな

このネット上の小さなマスコミは

マスコミ監視の第一線に立っています

 

でも同じみたいですね

すぐ煽りに入るようですから [^^;;

価格決定は誰がするの

値段が下がるのは生活が楽になるので

ほとんどの人は大歓迎のはずです

 

今日は携帯電話料金の値下げの話です

 

私は

携帯電話を使い始めて30年くらいにはなるでしょうか

使い始めの使用料金は1万円から15000円だったと記憶しています

当時通話料金が高いので使わないようにしていたのでこんな金額です

また、相手はほとんど固定電話でしたね

 

現在の携帯電話使用金額は5000円から8000円位

たいして変わりありません

それにしても便利になったものです

24時間携帯し

ほとんどの人とつながった状態ですよね

十分満足しています

価格も [^^;;

 

そこで思うわけです

携帯料金は政府で決めることかと

 

政府で管理していた日本電信電話公社の時代

市内は3分10円

市街は距離によって金額が違います

民営化してから電話料金は下がりましたが

より下がったのは競争相手ができてからです

 

つまり

政府がやることはこれじゃないでしょうか

自由な競争を通じて

電話料金を下げざるを得ない状況を作ること

自由な競争へと誘導することです

 

携帯電話料金のようにいちいち価格に口を出すのなら

強酸祝儀です [^^;;

大根は800円

テレビは80,000円

自動車は8,000,000円と

 

自由にしたから大根は800円が仮にあったとしても80円になることもあり

テレビは8,000円の物も作られるかもしれません

車は8,000,000円の高級車から80万円の軽自動車もあるわけで

 

どの車を買うか

いくらなら買うかは買う人が決めます

何をいくらで売るか決めるのは生産者

また、生産者が決められない場合は市場が決めます

 

政府が価格を決めたら社会は発展しません

良い例がありますよね

ソビエトの破綻という [^^;;

 

マスク着用と手洗いウガイ

自宅を出るときはマスク着用

訪問先ごとに手指のアルコール消毒

帰宅時の手洗いとウガイ

これを欠かしたことはありません

 

先日の東京行きで100%の人のマスク姿を見て思ったことですが

マスク、手洗い、ウガイ

これってどれほどの効果があるのでしょうか

効果は有ると信じて実行していますが

このコロナ第三派で感染者は毎日のように増えています

 

感染した人たちはマスクはしていなかったのかな?

それとも帰宅した時などの手洗いが十分ではなかったのでしょうか

ウガイはどうなんでしょう?

 

感染者の行動は十分調査しているようですが

感染者に対してマスク、手洗い、ウガイの実態を調査しているのでしょうか

調べているならぜひ公開してほしいものです

 

調べていないなら今からでもぜひ調査をしてください

コロナ感染者の中に

マスク着用を時々忘れる人が33%いた、とか

マスクはしても帰宅時にウガイをしていなかった人は66%だった、とか

手洗いをしていなかった人が99%いた、とか

 

感染した場所や状態を知るのは重要ですが

こちら側の対策は十分だったのか

そこも大切だと思うのですが如何でしょう

 

私はというと

外出時のマスク姿は当然として

食事時間以外、

自宅にいるときも就寝時も

着用させられています [^^;;

 

害獣対策

おは羊ございます

今日は羊の話では無く

熊など害獣の話です

 

私には理解できないことが二つあります

一つは人里に出るクマなど怖い動物

これを猟銃で駆除すると

殺すなと大騒ぎする人達がいます

そこに住む人たちの恐怖が分からないのでしょう

それは理解できますが

その苦情が行き過ぎて

駆除を決めた市役所などは抗議の嵐だというではありませんか

むろんただただ追い回して遊びで殺すなら

それは駄目ですが

農作物の被害や人への危険など人命がかかっているのに

しかも、そこに住む人ではなく

直接危害を受けない場所にいての発言

納得できません

 

野生動物の被害防止対策として

檻を設置し捕まえたら人里離れた山へ離すとか

その場所から追い払うという事もしています

 

北海道奈井江の会社がモンスターウルフを作りました

ニュースにも出ましたが

簡単に言うとオオカミの形の人形(?)ですね

凄いですよ

そこへ近づいた野生動物が

一目散に逃げ出しています

私もその人形に出くわしたら絶対逃げますね [^^;;

 

それは良いのですが

そこから逃げたクマは何処へ行くのでしょう

この世から消えてなくなるのではなく

引越するわけです

 

この威嚇装置がクマ対策の最高の方法だとして

クマはどうするか

このオオカミちゃんをA市へ設置したら

クマは隣のB市へ引っ越ししますよね

B市も設置したら今度はC市へ現れます

ということでA、B、C、D、E~~Y市までこの威嚇装置を設置したら

クマはぜ~~~んぶZ市へ集まるのです

もちろんこんな簡単なことにはならないでしょうが

理論上はそうなりますよね [^^;;

これが二つ目の疑問です

 

じゃあZ市もこの威嚇装置を設置したらクマは何処へ行くのか

クマっただけで、解決しません [^^;;

 

寄付が嫌い

寄付に対する考え方

これを書いたのは2012年7月20日

寄付に対する考え方

あれから8年経ちますが今もこの考えに変わりはありません

寄付が嫌いな一番の理由は

お金がないからですが [^^;;

 

今年も神社からの寄付要請がありました

神様からのお願いでも

おい、おい、なので

個人での寄付にしました

いまもどうしても断れない人からの場合は個人で寄付をします

 

数年前に赤い羽根の共同募金の寄付を集めに来た人がいます

その人が我が家に来たのは

後にも先にもこの時だけです

勢いよく玄関先に立ち

「赤い羽根共同募金をお願いします」と

さもさも当然とばかりの話し方です

 

赤い羽根募金と言えば

昔々路上に立ったことがあります

「お願いします」が言えなくて

黙って立っていたのですが

当然のこと

収穫はゼロ

一緒に立っていた仲間からは不評の嵐でしたが

『何の見返りも有りませんがお金をください』というのはできません

 

で、件の玄関先の男性

会社への寄付以来でした

台帳を見ると5000円以上

1万円の人も

「本当は寄付はお断りをしています」と言いながら

500円を出しました

もちろん個人で

そのかた露骨に不満そうな顔をしていましたね

でも

500円じゃそんな顔をされてもしょうがないかな [^^;;

 

ということで、

より一層寄付が嫌いになりました [^^;;

 

風邪と新型コロナ

おはようございます

アメリカ大統領選

決まったようですね

でも、なかなか受け入れられない人もいます [^^;;

 

さて、寒くなってきました

風邪には気をつけましょう

疲れを感じるくらいならまだしも

鼻が詰まる、頭が痛い、喉が痛いはかなり進んでいますよ

咳がでたり熱が出たら要注意です

これって完全に風邪の症状

 

片や新型コロナウイルス

またまた感染者の人数が増え始めましたが

これから寒くなってきたらまだまだ増えるでしょうね

でも、先に書いた風邪の症状はコロナにもそのまま当てはまります

『違いは何処?』って感じ

恐れ過ぎじゃないかと思います

 

マスクとウガイ

帰宅してからの手洗いは必須

風邪も新型コロナも対策は同じ

 

個人的にやれることはここまで

 

で、コロナにかかったら

そのまま受け入れるしかありません

負けもそのまま受け入れるだけですよトランプさん [^^;;

アメリカの大統領選

このブログ10月6日に

国のトップがコロナに感染したあと

支持率が上昇していますと書きました

英国のボリス・ジョンソン首相は3月

ブラジルのボルソナ大統領は7月にコロナに感染

で、トランプさんは9月という話ですが

 

バイデンさん優勢の米国大統領選

ここへきて

トランプさん追い上げています

このままいくと当選するかもしれませんね

前回の選挙もマスコミなどほとんどの人がクリントンさん優位と言っていたのに

結果は御覧の通り

 

アメリカのマスコミも日本のマスコミも

トランプさんのひどいところばかり報道していますが

(実は私もチトひどいなとは思っています[^^;;)

詳しく見ると大統領としての仕事もきちんとしているようです

当たり前と言えば当たり前ですが

 

都構想が潰れたのは毎日新聞が流したデマ報道も一因

そう考えるとマスコミ報道をそのまま信じてはいけないのです

 

日本とアメリカの関係で言うと

第二次世界大戦をはじめとして

日本がひどい目にあったのは

アメリカが民主党の大統領の時というではありませんか

 

こう考えると

日本の国益に沿うのはトランプさんの方だとも言えるのです

まぁ誰が大統領になっても自分の国が一番なわけで

 

私も、我が会社が一番なわけで

「それがなにか」とトランプさんも思っているでしょうね [^^;;