アイマトン
ブログ管理

‘2017/11’ カテゴリーのアーカイブ

お客様は神様

2017/11/21

お客様は神様の言葉はネットで調べたら歌手の三波春夫さんの言葉だとのこと。

 

通常お客様は会社や店から商品を買い店に利益をもたら人たちです。

お客様は神様の言葉は分かりやすいお客様の立場を表現したものとして定着しています。

ところが、こちらのお客様に対する感謝の気持ちを逆手に取り、中には理不尽な要求をするものもいるのです。

理不尽な要求者は神様と言うより悪魔と言った方が良いでしょうね。

しかし、どんなお客様であろうとほとんどの店舗や会社ではその要求に応えようとします。

また経営者もそのように社員教育をするところがほとんどでしょうね。

結果最悪社員の中には精神的苦痛に耐えられないものも出ることも有ります。

 

この人たちは『この方法は甘い汁を吸える』と他の店などでもクレームを繰り返します。

いわばクレーマですね。

しかし、それでも店はお客様のクレームにはなかなかNOとは言えないものなのです。

 

株式会社アイマトンは創業から35年経ちます。

その歴史のなかでこちらからお取引を断った先が5軒ほどあります。

一番最初に納品を断った店は今も営業しているので名前を明かせませんがひどい物でした。

そこを担当した営業マンが次々に会社を辞めていくのです。

4人目に聞いたところその店に行くようになったらみな精神的にまいってしまうとのこと。

結果こちらからお取引を断りました。

お客様に対してこちらから取引を断るなどあってはならないものですが社員の健康のためにはやむおえないのです。

 

取引を断つのは此方の意思で出来ますが、逆に仕入れ先から取引を断られると、これは大ごとですね。

まだそのようなことはありませんが。

 

これからは分かりません。[^^;;

 

 

 

 

 

 

 

バカと言う言葉

2017/11/20

子供の教育で親が言っちゃダメな言葉が『バカ』です。

このくらいは教育評論家でなくても分かります。

私の知り合いで自分の息子のことを「うちのバカぼん」と「うちの息子」と言えばいいものをわざわざバカをかぶせて話している人がいました。

その結果はどうなったか。

・・・想像に任せます。

 

バカの言葉と言えばいつも思い出すことが有ります。

中学校2年の頃です。

学年をまたいで何かの作業をしていたとき、何気なしに2学年下ですから小学校6年生の女の子に「何やっているんだ、バカみたい」と言ったことが有ります。

その子は血相変えて涙を流しながら「ばかって、なんでそんなひどいことを言うの、」と睨まれたことが有ります。

そんなに重い事とは思わないで口から出た言葉でしたがこれには衝撃でした。

それから他人も身内にも「バカ」とは言わないようにしています。

 

2017.1120雪の日G_5248

昨日から雪が降っています。

 

バカみたいに。

おっと、いっちゃった。[^^;;

 

 

クイズ

2017/11/17

これはなんの写真でしょう~~か。

2017.1117ゆきG_5200

 

悩んでください。

え?、私ですか。

悩んでいますよ。それも、たっくさん。[^^;;

 

 

 

室内菜園

2017/11/16

今日はせこい話をひとつ。

100円の野菜をスーパーから買ったら8円の消費税です。

でも、野菜の種を買いそれを植え収穫すれば、消費税は限りなくゼロ円になりますよね。

 

北海道の室内は冬でも温度は15度から22度くらい。

ですから、室内でも太陽さへ当たれば植物は育ちます。

今日はそれを利用した我が家の室内菜園を紹介します。

 

2017.1116室内菜園

写真左の棚は下2段はニラです。

右上はそのニラ。

右下は11月10日に種まきした水菜とサラダ菜。

あと2週間ほどで食べられます。

一冬に4回くらい収穫できるのでサラダやみそ汁の具には十分です。

 

ということでこれは節税菜園でもあります。[^^;;

 

 

タバコの煙

2017/11/15

楽しい煉屋は禁煙です。

これが原因で店に来ない人もいるとのこと。

売り上げをとるか、スタッフとタバコを吸わないお客様の健康をとるか。

悩ましいところです。

 

禁煙で納得している人は満足しているのでネットに書いたりスタッフに文句を言ったりしません。

しかし、タバコを吸う人は思いっきりスタッフに文句を言います。

また、それが原因(のように感じます)でネットの評価を下げたりと。

運営する側は当然として店長のつらいところです。

 

2017.1115煉屋店長日記IMG_5199

写真は楽しい煉屋スタッフ日記ですが、ほとんど店長が書いています。

煉屋の店長の文章はなかなかに味があり(と私は思っています)わたしは大好きですね。

タバコのことも書いているので一度お読みください。

 

====ここから楽しい煉屋店長の日記(スタッフ日記)

分煙の意味

最近、タバコネタばかりで申し訳ない。

今回もその話だが、少し嫌な思いしたことを聞いてほしい。

先日の事、仕事終わってからとあるファミリーレストラン的なとこに入った。

もちろん夜遅いので、先客は2組。

で、入り口を入るとスタッフの案内があり、『喫煙席と禁煙席どちらがよろしいですか?』と。

もちろん吸わないので『禁煙席をお願いします』と言って案内された。

店内ガラガラで先客2組しか居ない状況なのに、あえて先客の隣席に案内された。

『空いているのにずいぶん窮屈な席に案内したな・・・』と思いつつも、それもこちらの店舗のマニュアルだと思い我慢できた。

で注文をとり、商品が来るのを待っていると、どこからかタバコの美味しい香りが・・・・

で、もちろん写真撮りました。

2_2

ちょっと分かりづらかったらアップにしてみてください。

まず、店内ガラガラで、タバコ吸わないのに、タバコ吸う人の隣に席通しますかね?

100歩譲ってこれを我慢するとしよう。

しかし見てください。

禁煙と喫煙の分煙区間というか席と席の間に、プラスチック板のみが仕切られてる状態。

しかも通路にはまったく分煙の仕切りが無い為、匂いは全部こちらに回ってきます。

煙こそ、そこそこ喫煙席は排気を強くしてるだろうからこちらの席にとどきませんでした(と思ってますが・・・)、匂いはまったく分煙処理されてませんでした。

私は大人(だと思ってます)なので、文句も言わず、食べました。

もちろん店名も出しませんし、食べログに点数も付けません。

しかし直して欲しい、言わんとしてることは分かってほしいですね、もしここを見てるファミレス、分煙を設けてる飲食店オーナーさんがいらっしゃったら。

まず、店内にお客様が少なかったら、狭い席に案内しないでゆったり食べてもらいましょうよ。

そして、せっかく分煙を設けるなら徹底して分煙を強化しましょうよ。

壁を作っても良いし、とにかく煙や匂いが禁煙席にこないことが大事ですね。

ファミレスは価格も安いし、子供向けのメニューなんかも豊富で、私はまた利用します。

なので、分煙の取り組みだけはしっかりしていただきたいものです。

2017年11月10日

====ここまで楽しい煉屋 店長の日記(スタッフ日記)

 

タバコの事を書いて毎回思い出すのは初めて東京へ行った時のことです。

電車を待つあいだホームに経ちますが、線路沿いにたばこの吸い殻がびっしり落ちていました。

それどころか次の電車が来る間、煙草をくわえた人が次から次へとたばこの吸い殻を線路に捨てていましたね。

最悪は混みあう、しかも狭い電車の中でもプカプカと。

それからみるとずいぶん良くなったとは思いますが。

 

私がタバコを嫌う理由は、吸いたい人は自分だけ吸う分には良いと思うのですが、

吐いた煙を他人に吸わせるなよと、ここが言いたい。[^^;;

 

 

 

地産地消

2017/11/14

地産地消をネットで調べました。

結果、調べるまでもなかったですね簡単過ぎて。

『地元で生産されたものを地元で消費する』でした。

言い換えると『裏の畑で撮れた野菜を夕食のおかずにする』ですよね。

 

2017.1114mininoboriMG_5194

楽しい煉屋のレジ横に有る地産地消のミニノボリ

 

煉屋の食材を整理してみました。

◎滝川産

合鴨 ウサギ 野菜の一部

◎赤平産

合鴨 羊 鳩

◎北海道産

米 麦(ラーメン)白老牛 ジャージー牛 ホルスタイン種 エゾシカ

 

ということで、肉は100%北海道産。

ご飯もラーメンも北海道産の原料です。

 

ほかにスタッフはほとんど滝川さん。[^^;;

 

 

雪はもう待った無し

2017/11/13

先日の話し。

あさ起きたらうっすらと雪が。

私の前に誰か歩いたんでしょうね。

 

2017.1113 足跡 1G_5147

3人かな。

 

2017.1113 屋根の雪 2IMG_5180

 

父の残した茶室にも。

 

2017.1113カモ鍋 3IMG_5168

こんな夜はやっぱ鴨鍋でしょ。

ということで、楽しい煉屋で『鴨鍋』をたらふく食しました。

大いに満足。

 

自社産の鴨肉を自社の焼き肉店で食べるのですから。

これ以上の満足はありません。[^^;

 

 

ウサギの肉

2017/11/09

子供の頃は楽しかったですよね~。

もっともこれは私だけではなくほとんどの人はそうだった思いますよ。

私の場合500mほど離れた川でドジョウやカジカを釣ったり獲ったり。

冬になるとウサギのわなを仕掛けてウサギを獲ったり。

もちろんウサギは肉として食べたのです。

 

2017.1109ウサギの肉IMG_5069

ということで、写真はウサギの肉です。

野生の肉とは癖も無く少し違いました。

 

今日はウサギの肉の試食。

メニューに入れるかどうかはこれからですがいけますよ。

 

ウサギだけに飛び跳ねるほどのあじ。

でも売れるかどうかは別のはなし。[^^;;

 

 

デパートの床と靴の泥

2017/11/08

これから北海道の道は足元が悪くなります。

雪が降ったり融けたりで。

舗装道路以外はどろどろ。

 

先日3日の話です。

所用が有り大丸デパートへ行きました。

地下1Fの肉屋さんではちゃんと我が社の鴨を売っていました。

ひと安心。

 

ではなく靴の話です。

デパートの床ってピッカピカです。

顔が写るくらい。

そんな感じで肉屋を見たりしていたのですが疲れ空いたベンチを探して一休み。

 

2017.1108汚れた靴MG_5016

そこで自分の靴を見てびっくりです。

泥だらけ。

写真ではそうも見えませんが、デパートの床の上でみるとひどい物でした。

あたりを見回し誰も気が付いていないようなのでよかったのですが。

 

ふだん農場で仕事をしているので、これでもきれいなんですよ。

そんなことで、今日は猿よりきつめの反省です。[^^;;

 

 

晩秋のヒツジ

2017/11/07

あと1週間もすれば北海道は雪の中でしょうね。

それまで羊は放牧地にいるのですがもう食べるものもありません。

で、こんな姿も。

 

2017.1107拝む羊IMG_5031

爪に火をともすという言葉があります。

あれと同じですね。

少しでも前歯に届いている草を何とか食べようとする姿。

こうなるのです。

 

でも、味は分からんだろうなぁ~。[^^;;

 

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント