アイマトン
ブログ管理

‘2007/09’ カテゴリーのアーカイブ

マダニの話

2007/09/28

落葉きのこの後遺症で書いたマダニのその後。

結論から言うと無事撤去しました。

どうやったか。

寝る前、虫除けスプレーをマダニがべとつくまで掛けただけ。言ってしまえば簡単な話です。[^^]

虫除けが虫除けたる所以は、たぶん『近寄ったら死ぬかもしれない』と虫が考えるからと結論づけました。

医者へ行くのは面倒。だからと言ってマダニと一緒の生活は嫌です。これが一番かなと。

次の朝見ると、血の入った袋がぺしゃんこ。

『こりゃ死んでるな』と確認。案の定です。で、万が一ということもあるので、もう一度虫除けスプレーをシューッと。

あとは、頭らしき部分を捕まえて、抜き取りました。

実に簡単な話で報告するまでも無いのですが、約束なので。

ただ、ここを読んだ皆さんには、お医者さんへ行くことをお勧めしますよ。やっぱり邪道です。

血統登録

2007/09/26

昨年から綿羊牧場を造成し、その語12月にオーストラリアからサフォークを輸入して現在飼育中です。

昨日今日、畜産技術協会開催の出生証明認定者と登録審査員の講習会に出席。無事終了。

出生証明は、綿羊の生まれを特定するもの。

また登録審査員は、綿羊の血統登録を審査するもので、簡単に言うと、日本国内に良い綿羊を増やそうというものです。

社団法人畜産技術協会は→こちら

落葉きのこの後遺症ダニ

2007/09/24

ちょうど1週間前に落葉きのこを採りに行きました。

で、四日くらい前から痒いんですよ。ある部分が。

原因は写真を見てください。

マダニ.jpg

写真だけで解った人は、経験者。

実は、これマダニ、約5mm。

昔々猫に付いたマダニをとった記憶はありますが、自分に付いたのは初めて。

落葉きのこ取りの後遺症。

ところで、ある部分って何処だと思います?。

あそこ・・、ではありません、左わきの下です。

私の大事な血を吸って1週間。グロテスクですが、かなり大きくなっていますねぇ~。

このまま引きちぎっても良いんですが、ネットで調べると、引きちぎっても頭が残り、それが体に入るとのこと。

今年、仕事に来ているKさんが、引きちぎって、その後40度以上の高熱を出し入院したと聞きました。

それがあるので、引きちぎるのやめにしましたが、さてどうするか。

ネットによると、皮膚科に行けと書いてあります。

父は「そのまま放っておくと、ダニは血を吸い大きくなって、ポロリと落ちる」と、人事のように言います。

妻は「気持ち悪い、そばに来ないで」と、まるでダニを見るような目で言いました。悲しい。

さて、どうするのか。来週のお楽しみということで。、もう一晩、マダニと仲良く一緒に寝ます。

フィールディズ イン ジャパン

2007/09/23

第4回フィールディズインジャパンJPG.jpg第4回 フィールディズインジャパン

こんなお祭りが有るとは、知りませんでした。

今まで知っている農業祭とは、ちょっと意味合いが違うようです。

詳しくは、→ここ

【主催】創地農業21・当別町農村都市交流研究会

【後援】当別町・北海道・ニュージーランド大使館・JA農協 SR推進事務局・札幌ニュージーランド協会・辻野グループ・(株)アレフ・ファームエイジ(株)

【協賛】ファームひなたんぼ・榮田畜産・若槻農場・新昌建設(株)・(株)ロイズコンフェクト・あったかいどう文庫・(有)牧家・泉亭産業(株)きりぎりすの会・ファーマーズマーケットペレ・(株)共生レンテム江別営業所・朝日生命保険相互会社・高橋建設(株)・北海道シャーリング・(有)友幸産業・大同生命保険(株)・(株)メディアコム・(株)ヴァンテック・(株)ファーストステップ・時計台フランチャイズ(株)・鳥取大山山麓放牧研究会・(株)大山産業・(株)キャムズ・(株)高橋組・辻野グループ・(株)アレフ・ファームエイジ(株) [順不同]

【協力】酪農学園大学農村計画論研究室・北海道エココミュニケーション専門学校・北海道医療大学・NPO法人エコロジカルコミュニティー・(有)下段モータース・バロシクス・ウソタン砂金掘共和国・北日本テレネットワーク・佐川急便(株)・ケーヱスビーデザインラボ・(株)アレフ分析センター [順不同]

以上カタログから

税務署様、来社

2007/09/21

昨日税務署から問い合わせがあり、今日面談となりました。

今回は直に我が社へ入ったわけでは有りませんが、これで税務署の来社は三度目です。

特に後ろめたいことも無いので、普通に対応しました。当たり前ですが。

実は、ブログを読んできたと言われては、こういう書き方しかありませんよね。だって多分これも読んでいるでしょうから。[^^]

帰り際「ブログには個人名を書かないでください」と笑いながら税務署氏。これは、むろん冗談。それくらいは解ります。

ところで、本ブログには、メイン・カテゴリーに『税金と税務署』があります。

今回の税務署来社、待ってましたとばかりに、ブログの最高の題材でしたね~。

さっそくいまこの状態。

で、個人名を、書いてやろうかな?[^^;;

さて、税務署の態度は過去とずいぶん違いましたね~~。

対応の仕方を変えたのか、それとも私の受け取り方が違ってきたのか、これは定かではありません。

調査も一段落したところで、自販機からお茶を購入してお出ししようと思いましたが「硬く辞退する」とのこと。

ここは変わっていませんでしたね。

蕎麦 花月さんのつけ鴨

2007/09/20

昼時札幌へ行って一番の楽しみというか贅沢は、自社産の合鴨を提供しているお蕎麦屋さんで鴨セイロを食べること。

きょうも『つけ鴨』。蕎麦 花月さん。

札幌 蕎麦花月 つけ鴨 900円.jpg

店舗の概観はコンクリート造り。これが蕎麦屋か、と思うほどのすばらしい造りです。こんなの大好き。

さっそく、つけ鴨を注文。

なんと冷たいそばつゆも一緒に出てきました。これは最高。うれしいと言うか、感激のサービスですね~。

もちろん、鴨の味は最高。そばも上品で滑らかな、食べやすい蕎麦でした。

「よし、また行こう」

【お店の情報】
店の名前 蕎麦 花月  
住所   札幌市西区西野5条2丁目11-8
電話   011-664-0888 
休日   月曜日 
営業時間 11:00~20:00(平日15:00~17:00まで準備時間)

へつらう

2007/09/19

いま牛は全頭BSE検査を実施しています。これは補助金。

しかし、厚生労働省では、生後20ヶ月以下の牛は 2008年7月で補助金を打ち切るとのこと。

これは、検査を止めろと言うに等しいことです。

しかも、自治体単独での全頭検査を継続しないよう、文章を送付しているとのこと。

現在アメリカから輸入している牛は20ヶ月以下のものは、BSE検査をしていません。それに合わせようというものでしょうね。

へつらっているを漢字で書くと『諂っている』。へぇ~、漢字は読めないけど、厚生省の胸のうちは読めますね、これは。

受け入れるとアメリカは次は30ヶ月以下を要求しています。このまま行くと、日本も同じことになるでしょう。で、最後は、全部無条件で輸入となり、日本人は・・・病気となるのです。

言いすぎでしょうか。

それにしても、そのまんま東さん、じゃなかった東国原英夫宮崎県知事はえらい。検査の継続を表明しています。

高橋北海道知事はどうするのかな。

いくらお上(厚生労働省)と言えど各自治体が自主的に全頭検査を継続しようとすることに、妨害は許されません。

それより何より、厚生省は国民の命を守るため、先頭きってBSE検査の継続を主張すべきではありませんか。

空弁

2007/09/18

北海あいがも和膳.jpg北海あいがも 和膳  

当社の北海合鴨が千歳で空弁となりました。

発売開始からだいぶたちますが、きょう千歳まで1時間半掛け買いに行きました。

夕食は、自宅で空弁『北海あいがも和膳』。

自分の所で生産された合鴨が使われているせいか、とっても美味しく感じます。

で、PRついでに、このブログをお読みの皆様にお願いです。

千歳空港からお出かけの際には、数ある空弁の中でぜひ『北海あいがも和膳』をご指名ください。


空弁(そらべん)とは、空港で売られるお弁当ですが、→詳しく知るならここ『空弁とは』

落葉きのこ

2007/09/17

小さい頃から私は、カラマツの木をラクヨと呼んでいました。たぶん落葉でしょうね。

カラマツは針葉樹なのに、秋には葉を落とします。だから落葉というらしいのですが、そのラクヨの木の下になるきのこで、ラクヨきのこ。

そう呼んでいますが、これも落葉きのこが正確かな。

らくよきのこ.jpg
今日は妻ときのこ狩り。私は正味2時間で800g。

ラクヨきのこは味噌汁が一番ですね。

でも、きのこ狩りって嫌いです。虫に刺され、木の枝に顔を引っかかれ、くもの巣に眉毛を弄ばれる。

じゃぁ何で行くの?。実は妻が大好きなんです。きのこ狩りばかりではなく、山菜取りが。

妻はきのこ取る人。私食べる人。

これだけだったら幸せなんですが、それだけでは納得しません。で、1年に1度はお供をします。

ちなみに、私と同じ時間で、らくよきのこを3kg強はとりましたね。私の4倍、これには脱帽。

行きたくて行く人と、いやいや付いていく人では、これだけの差があります。この差は仕事も同じかな。

しかし、食べるのは私一人。いっただきま~~す

取り締まり

2007/09/14

これは俗に言う、ネズミ捕りの写真です。

スピード違反の取締りですが、ネズミ捕りって誰が言ったんでしょうね。うまいこと言うものですねぇ~。

私は北海道ですが、他の府県でも同じ言い方をするのでしょうか。ちょっと興味があります。

それはともかく、右側なかほどの丸い物体が測定器(?)。

今日は天気もよく、絶好の取締り日和。

ネズミ捕り.jpg

場所が良いのか悪いのか、捕まる車の多いこと多いこと。

同情はしませんよ。スピード違反をする車が悪いので、つかまって当然です。

しかし、警察には言いたいことが一つ二つ三つ・・・山ほどありますね。

測定している時間、11時3分。真昼間。

場所は流通団地で、通る車は配達のトラック、買い物したおばちゃん、営業マン、などなど。

つまり、普通の人。暴走族はいません。

で、捕まっている人も普通の人。ちょうど目の前で買い物帰りか、おばちゃんが捕まっていました。

そこで、ひとこと警察に言いたいのです。

普通に生活している人を捕まえてどうするの。

ちょっと油断しても、自分でスピード違反をしたつもりはないでしょうね。このおばちゃんは。

トラックの運転手も、次の配達はどこでその次は何処。次から次へと配達があり、きっとメーターは見ていないでしょう。

スピード違反を気にしながら配達にも気を使う、必要以上スピードメーターを見ていたら、事故を起こすでしょ。

日中の11時に、やる気でスピード違反をしている人はいないのではないでしょうか。

覚悟の上でスピード違反、法律違反をする人は、走るなら夜中でしょう。

交通違反を少なくするため、取締りをするなら、夜やらなければ目的は達成しません。

警察といえども公務員ですから、9時から夕方5時までしか仕事をしないのは解ります。

あっ、そうかぁ~、スピード違反の取り締まりは、仕事なんだ。金儲けだったんだ。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント