アイマトン
ブログ管理

‘2006/07’ カテゴリーのアーカイブ

ジンギスカン王国滝川 ジンギスカン配布

2006/07/31

e-肉店売り場DSC_3315.JPG

ジンギスカン王国滝川で、なんばん(南蛮)ジンギスカンを売るスタッフです。売ると言うか、配るの方が正解かな。

ジンギギスカン製造者は、8社出店している。各お店は1100個のジンギスカンを作ったはずですが、全部はけたのかな。





羊の丸焼き

2006/07/30

札幌羊を食べる会 羊の丸焼き.jpg 羊の丸焼き

今日は某所(ブログに書くと、了解を得ていないので詳しく書けません)で仔羊、鹿肉などの試食会(?)。80人くらい来ていただろうか。

料理は、エゾシカの丸焼き、シュウバウロウ(モンゴル風塩煮)、シシケバブ、羊のレバー串、羊ロース・ヒレのカルパッチョ、羊シチュー、羊の胃袋トマトに等々、盛りだくさん。

その中でも、写真のこの羊の丸焼きは絶品。(ローズマリーとにんにく風味)

羊は8ヶ月の仔羊とのこと、柔らかでひつじ独特の臭みはまるで無いが、しかし羊の味はしっかりとしているんです。

しかも、甘いんです。

料理人さんの話では「ひつじの脂は甘いんですよね~」とのこと。まったくその通り。

柔らかと言っても、理解しずらいでしょうが、すね肉まで柔らかだといえば解っていただけるでしょうか。

牛すねは、何時間も煮込まなと柔らかくなりませんが、仔羊の丸焼きはビックリするほど柔らかく食べやすい物でした。

また、食べた人が「味付は塩に漬けて一晩ねかせるんですか?」と聞いたところ、この料理人さんの返事は「いえ、焼く前にさっと味付けするだけです。味付けしてから一晩寝かせると、硬くなるんです」。

いままで食べた仔羊の丸焼きは20度ほどですが、一番旨かったかな。

米国産の牛肉

2006/07/28

いよいよ米国産の牛肉が入ってきます。

肉屋ですから、消費者の選択肢が増えることなら良いことだともいえますが、よく考えると矛盾だらけです。

その中から一つだけ。

物の売り買いを商売といいますが、どう考えてもおかしなことがあります。

どんな商品も、買うかどうかは買うほうが決めます。

皆さん、毎日行くスーパーで「この肉を買え、買わないともう付き合わないぞ」と脅されて、その店から肉を買いますか?

私は買いませんが、他の人も同じでしょうね。

また、売るほうは、買う人の要望にあわせて、何とか買ってもらえるように努力をするものです。

例えば消費者が「BSEが怖いので、全部検査をしていただけませんか」。

こう言われたら、普通はそうするでしょうね。

今年3回目のゴルフ。

2006/07/24

去年の今頃は、20回はゴルフをしていましたね。いままで「趣味は何ですか?」と聞かれたら「ゴルフです」と答えていました。

で、今年もゴルフを趣味にしようと思っていたのですが、それよりも面白い遊びを見つけたんです。

あ~~、、そうじゃなく、今日はゴルフの話をひとつ。

今日ゴルフだったんです。場所は苫小牧の千歳空港カントリー倶楽部。

気が入っているのと、そうでないのとは随分成績は違いますね~、ひどいものでした。

趣味が変わったのと、しとしとと、雨に最初から最後降られて、つらい5時間でした。

ゴルフ場まで片道2時間。出る時は晴れていて、また、ゴルフ場を出ると晴れ。

雨はゴルフ場だけ?

何か悪いことをしたかなぁ~。


ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)

2006/07/23

滝川 第2回ジンギスカン祭り.jpg第2回ジンギスカン王国滝川




紫の芋の花

2006/07/22

美深町 芋の花.jpg芋の花

美深へ羊を受け取りに行った、帰りに芋畑を見つけたので、畑一面に咲く芋の花を一輪だけ、パチリ。

ジャガイモの花は、『可憐』という言葉が似合います。

この可憐な花から、どうやったらジャガイモに結びつくか、美味しさに繋がるのか。考えすぎて今日は眠れそうもありません。

ついでに、ジャガイモに詳しいHPを見つけたので、紹介しますね。
こちら→『おいしいねっと じゃがいも 馬鈴薯





羊40頭購入

2006/07/21

今日羊舎へ羊が入りました。

羊達は慣れない環境で「メーメー」と悲しそうにないていましたが、もう羊はおとなしく寝ただろうか。心配です。

いよいよめん羊牧場稼動。



困ったお客様

2006/07/20

レストランと商談がまとまり『北海あいがも』を納めるようになります。

納入業者のこちらとしては、納品先のレストランで合鴨を指名し食事をしていただかないと『北海あいがも』を継続して納入できません。

そこで販促ツールを駆使し、レストランの売上増加のお手伝いをすることになります。

このままレストランとのお付き合いが順調であれば、何の問題も無いのですが、時にはお付き合いが破談となることもあります。

こんな場合は、せっかく作った販促ツールは無駄になるんですが、それは良いとして、ここで大きな問題が時々発生するのです。

それは『北海あいがも』の販促ツールの返却をお願いしても、返してくれないのです。

店内に有る当社のブランド『北海あいがも』の販促ツールをそのまま掲示し、料理には輸入の安い合鴨を使うのです。

つまり、一種の偽装ですね。



ラベンダーの花畑(北海道浦臼)

2006/07/17

浦臼ラベンダー.jpg 写真は、北海道浦臼町の神内ファーム21のラベンダーです。

ラベンダーと言えば、『ファーム富田』が有名ですね。

ラベンダーを写真に撮りながら、自分の好みを発見しました。

一面同じ花が咲き、それも同じ色で咲き乱れるのが好きなようです。

写真を見てそのことを強く意識しました。なぜなら、このラベンダー畑の中に白い花も有ったのですが、そこをわざわざ外して写真に撮ってあります。

例えば、『滝川の菜の花畑』とか、『そばの花』の写真も、同じ花が一面に咲いているものです。

そういえば、まだありませんが『ジャガイモの花』も良いですね~。

こんど写真に撮ったら紹介します。じゃぁ。

赤平火まつり、焼き鳥は合鴨

2006/07/16

赤平火まつり合鴨串.jpg 私の住む町は、北海道赤平市。

赤平は炭鉱町として発展し、いっとき6万人くらいの人口が有りました。しかし、今は15000人弱ですね。

で、昨日・今日とお祭り。題して赤平火まつり。

火まつりの話をするとけっこう話せますが、今日は本題からずれるのでパスして、屋台の話を一つ。

お祭りの広場には、小さな屋台が30店ほど出ていますが、当社もに焼き鳥の屋台を出しています。

焼き鳥といっても、串に刺さっているのは鶏肉ではなく合鴨なんです。

もちろん(もちろんと言って良いのか異論もあるでしょうが)焼き鳥より味は数段上ですね。

昨年は二日間で2500本ほど売りました。昨年食べた人から、今年も屋台を出して欲しいと要望があり出店したのです。

でもなんか、昨年より売れていないようです。

決算がつらい。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント