可愛がる

先日

我が赤平めん羊牧場で採れる

食べられるキノコは10種類ほどと書きました

 

でも、ハタケシメジはもう出ないのです

悲しい

 

ナメコも今年は出ないのかなと

半ばあきらめかけていましたが、

 

今日、ゲット

でも、私の口には入りそうにもありません

遊びに来る小さな子供たちに行きそうです

 

目の中に入れてもいたくない子供達です

 

あたまから滑子ってやりたいほどかわいい子供達ですから

しょうがないかな

 

って

このダジャレ、ちょっと無理があるかな [^^;;

 

キノコの畑

おはようございます

今日はキノコの話です

 

我が赤平めん羊牧場で採れる

食べられるキノコは10種類ほど

タモギダケ、ツチスギタケ、ハタケシメジ、ヌメリスギタケ、ムキタケ

ナメコ、ナラタケ、エノキダケ、落葉キノコ、ヌメリスギタケモドキ

まだありましたが、忘れてしまった [^^;;

これらを春から秋まで楽しんでいます

 

その10種類ほどのキノコを

よく観察すると

それぞれ条件があるようで

幾つか試してみました

 

例えばナメコ

 

白樺の木に沢山生えさせることも可能です

湿地帯でしかも日陰になる様な場所に立つ一抱えもある白樺

これを地上から60cmほどの高さで切り倒します

その後3年くらいしたら切り株にびっしりとナメコが生えてきます

収穫は3年ほどできます

いままで3本倒して2本で実験成功

 

ボリボリ(ナラタケ)も

 

牧場造成で倒した雑木を

日陰になる様な沢に落とし入れます

で、そのまま5年くらい

その雑木が朽ちかけてくると

ボリボリを山ほど収穫できます

 

最後にエノキダケ(北海道ではユキノシタ)

写真のように

倒した太目のハルニレを

建物の日陰に寝せておきます

写真の丸太は今年で3年目かな

手前の2本は牧柵の杭なので関係ありませんが

 

私のキノコの先生横田氏によると

何回か水をかけ湿らせてやると良いだろうと

また、時々叩いたり動かしたりするともっと良いとも

結果教えの通りになったのですが

今年春、

邪魔になり重機で動かし秋に元に戻しました

 

で、見事に

このエノキダケを大量に収穫

 

いわば、丸太がキノコの畑となったのです

 

我が社の食品スーパー生鮮おろしで

エノキダケを売っていて言いうのもなんですが、

こっちのほうが数倍美味しいです [^^;;

 

落葉キノコ

ほっかいどうの秋は短いです

あれ?、

ほっかいどうの夏は短い、、、

だったかな [^^;;

それはともかく

秋と言えばきのこでしょ

ということで落葉キノコです

 

キノコ探しには相方と行きます

だいたい1時間ほど

 

同じ時間笹薮に入って

吾輩が5個ゲットしたら相方は10個

10個採ったら相方は20個

収穫にはいつも2倍以上の差があります

 

何が違うのか、

目が良い

観察力がある

集中力がある

などなどすべてが吾輩に勝っているのでしょうね

 

一番勝っているのは欲かな [^^;;

 

タマゴタケ

先日赤平めん羊牧場を歩いていたら

やけに激しい色のキノコを奈良の木の下で見つけました

10個ほど

これで牧場内で採れるキノコは10種類ほどです

 

色の鮮やかなキノコは毒キノコ

これ先入観

 

『でも、まてよ、』

『そういえば、5年くらい前に食べたタマゴタケに似ているな』と思い直し

A達キノコ会長のところへ持ち込んだら

やっぱりタマゴタケとのこと

タマゴタケを食したのは過去1回です

自分で獲りましたがそばに一緒にいた人が

「それはタマゴタケだ。美味しいよ」といわれ

早速食べたところ、メチャ美味しい

 

その記憶が鮮明で

早速次の日食べたのです

写真はあまりおいしそうには見えませんよね

はい、

なんとも味気のないキノコです

 

料理の腕が悪いのかな、

相方には申し訳ないけれど [^^;;

 

 

キノコは豊作かも

今年の初雪は遅いですね~

助かります

キノコの季節が長くなるので

2018.1107きのこたち8E92D3AB-9CFC-4B89-BC27-8C4F544AF3FE

写真、下の二枚はナメコですが

左のほうがぷりぷりで最高の味

 

ところで上は

ため池にせり出した柳の木です

いまも生きた柳の木ですが

それにエノキダケが毎年生えてきます

倒れた木なら2~3年で収穫できなくなりますが

これは生きた柳の木

5年ほど連続して収穫しています

 

あと5年は期待していいかな [^^;;

 

 

4種のキノコ

味覚の秋とは

キノコの秋

2018.10264種のきのこEB5

ということで

我が赤平めん羊牧場敷地内にて4種類のキノコをゲット

 

左上から時計回りで

ハタケシメジ、落葉キノコ、エノキダケ(北海道では雪の下)

そして天然ナメコ

 

ハタケシメジはこの3個だけ

一昨年まで食べきれないほど採れたのに

寂しいぃ~

 

落葉キノコもこの3個を

ゲットしたと思ったのですが

虫食いで全廃棄

ざんねぇ~ん

 

天然ナメコもたったこれだけです

いわば今年の最終便

かなしぃ~

 

最後の雪の下

池の上まで伸びる柳の木に登り収穫するエノキダケ

収穫は命がけ [^^;;

 

 

落葉きのこ

これも北海道のソウルフードかな

落葉きのこは、

名前からわかるとおり落葉松(カラマツ)の地面に生えてきます

正式名称はハナイグチ

収穫期は9月から10月

まさにいま

2018.1012らくようMG_8684

落葉キノコは落葉林の藪をかき分け入り収穫します

しかし、ことしは不作

松林に入ってもすぐ終わります

楽よう [^^;;

 

 

ナメタケ

ナメタケが正式名称かと思っていましたが滑子(ナメコ)が正解とのこと

辛酸なめ子は池松江美が正式名称 [^^;;

2018.1008なめたけIMG_8665

昨夜は写真だけ乗せて寝てしまいました

ということでなめこです

玄関出てから15秒のところにびっしりと

でも私の口に入るかどうか

相方は子供たちのところへと考えているようで [^^;;

 

 

ナラタケ

あの子何処の子、キノコ

ということで、これからキノコの季節

2018.0915ナラタケG_8505

今日はナラタケ

====ウィキペディアから

青森県、津軽はサモダシ
南部(三八上北+岩手県北部)カックイ
岩手県中域ではボリメキ、
下北はボリボリ
秋田県はモダシ
秋田県南部の一部はサワボダシ、平地に生えるものをクネボダシ
新潟県中越地方ではアマンダレ
鳥海山東麓はモタツの名
東京都多摩地方ではササコ

北海道などでは「ボリボリ」「ボリ」

====ここまで

我が地ではボリボリです[^^;;