アイマトン
ブログ管理

‘BSE 鳥インフルエンザ スクレーピー’ カテゴリーのアーカイブ

マスコミが広げる口蹄疫

2010/05/28


口蹄疫がものすごい勢いで広がり、屠殺された動物は90000頭は超えているのかな。他に強制的に10万頭は殺処分される予定とのこと。

さっぱり収まらないこの口蹄疫の広がりを見て、なんで収束しないのかと、単純に疑問を持っています。


一つには当初から言われていた、マスコミが口蹄疫を広げているという話。

これはたしか、鳥インフルエンザが国内で初めて出た時も言われましたね。

取りインフルエンザを広げているのは、マスコミであると。

今回の件と併せて考えると、どうも間違いないようです。

先日の続きになりますが、マスコミは報道でも害毒を流し、記者が病原菌を撒き散らすのでは、いいとこ有りませんね。

ちゃんと仕事をしたらどうでしょう。


そんなことより、口蹄疫の伝播力はすさまじいです。

これが人間界に起きたらどんなことになるのだろうと、考えてしまいました。

口蹄疫

2010/05/19


口蹄疫が世間に知れたのが4月20日。

政府が口蹄疫対策本部を立ち上げたのが、やく1ヶ月後の5月17日。

なんとなんとのんびりしたものです。

7時のNHKニュースで一番先に流れたのも、新聞の1面に書かれたのも、ここ二三日前からです。


宮崎県から遠く離れた北海道に住まいする私でさえ5月5日のブログに宮崎県の口蹄疫に関して、なんでマスコミの報道が少ないの、と、疑問を書いています。

で、5月8日にも、 宮崎県の口蹄疫 その2 を書いています。


それで、皆さん見ていてください。

明日から新聞テレビ、ぜ~んぶのマスコミが口蹄疫一色になりますから。

普天間も小沢問題も吹っ飛んで。


マスコミって、私くらい単細胞なんですね。[^^;;


追伸
 対策としては早すぎるかもしれませんが、我社の北海道サフォーク牧場も外部からの見学は総てお断りしております。
 ご容赦ください。

宮崎県の口蹄疫 その2

2010/05/08


なんと60,000頭殺処分とのこと。

宮崎県で発生した口蹄疫。


そんなことから、ツイッターで東国原英夫宮崎県知事をフォローました。

だって、口蹄疫の対策本部長ですから、情報が早いはずです。

私は肉屋、大いに関係あり。[^^;;


それによると、『口蹄疫確認、現在までに43例。殺処分対象家畜、59104頭』です。

これほどの大問題なのに、もう一つの普天間ばかり。

たしかに、普天間は日本の将来の話であり世界の話で大問題です。

片や口蹄疫はいまの話、国内の話、しかも生活の話ですから、小さな話題だとでも言うのでしょうか。

でも、命の問題ですから、新聞で大々的に報道する価値はあると思いますよ。


とは言っても、両方とも日本にとっては重要ですが。[^^;;

宮崎県の口蹄疫

2010/05/05


宮崎県内で次々と出ている家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題。

収まる気配がありません。

今日のニュースでは、約2万7800頭が殺処分されたとのこと。


身近なところでは、肉類の価格は上がるのではないでしょうか。

また、外国への輸出も制限されるでしょうし、いつ収束するのか、肉屋としては気になりますね。


しかし、この口蹄疫発生は沖縄普天間基地問題の影になり、新聞でも大きく取り上げられていません。

比較の話しではありませんが、ただあまりにも報道のされ方が小さいので、それでいいのか?と、ちょっと疑問に思ったもので、ブログに書いた次第です。


口蹄疫(こうていえき)とは、→Wikipedia
家畜の伝染病のひとつ。偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病。日本では家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛、鹿、羊、山羊、豚、猪。人には稀にしか感染しない。国際獣疫事務局(OIE)リストA疾病。


佐呂間町のオオハクチョウ

2008/05/10

10日に死んでいた北海道佐呂間町サロマ湖のオオハクチョウから、強毒性H5N1型の鳥インフルエンザウイルスが発見されました。

これで、北海道内では野付半島で発見されたものも含めて2例目。

話は変わりますが、2年前くらいでしょうか北海道から雀が消えたと大きな騒ぎとなっていました。

私の近くでも、春になると会社事務所の換気扇にすずめが巣を造り、餌をねだる雛ちゃんがちゅんちゅんとうるさいくらいだったのに、ある日突然ぷっつりと。

やっと昨年くらいからぼちぼち見かけますが、でもいまも昔には戻っていません。

これって、鳥インフルエンザとぜんぜん関係ないのでしょうか。(実は当時からそう見る人もいましたが)

ところで、この2件から想像するに、オオハクチョウが2羽死んで大騒ぎしていますが(私も心中穏やかではありません)、実はすでに北海道には鳥インフルエンザが蔓延していると考えるのは、行き過ぎ?。

考えても見てください、例えばすずめが山の中で死んでいたらどうなります。すぐ狐に食べられちゃいますよね。

とんびにさらわれるかもしれません。

例えば、街中ですずめのような小さな鳥が死んだらすぐ野良猫にぱくっとやられるでしょ。

もしかしたら虫などに食い散らかされることもありますよね。

小鳥類は、そんなこんなで死骸は見つかりません。

でも今回ように水辺で死んでいたら、どうなるでしょう。しかも大きな鳥が。

少なくとも狐は近寄れません。

もし近寄ったとしても、お持ち帰りできないでしょうし、その場でも食べきれるものではありません。

そんなことから、オオハクチョウの死骸が天敵に食べられる前に、人が発見してしまったとは考えられませんか。

世にも恐ろしい話ですが。

鳥インフルエンザの脅威

2008/05/06

いよいよやってきました。

待っているわけではありませんが、この鳥インフルエンザ。今年に入り東北で発生したとき、次は北海道だろかと。

先日根室近くの別海町、オオハクチョウの死骸から毒性の強い鳥インフルエンザウイルスH5N1型が
北海道内で初めて発見されました。

これで終わりならよいなと思ったのですが、また網走管内のサロマ湖でもオオハクチョウの死骸が見つかりましたね。

これだけ続けて鳥インフルエンザで死んだ野鳥が見つかると言うことは、北海道は鳥インフルエンザにすでに汚染されていると考えてよいでしょう。

私も8年ほど前まで養鶏業を営んでいましたが、この状況では。

まだ人にうつっていないとは言え、養鶏業者は生きた心地がしないことでしょう。心中察します。

この苛立ちを誰にぶつけてよいのか、養鶏業者の不安は大変なものでしょうね。

話はかわりますが、自宅の二回ベランダに、毎年ひよどりがきます。

それにりんごを与えているのですが、これも止めなくてはならないのですが、神経質になりすぎでしょうか。

でも、他人に迷惑をかけるわけにもいかないので。

本業の飼育するアイガモ舎には、外から野鳥が入らないように、きちんとネットを貼っています。

この鳥インフルエンザ騒ぎが大きくなる前からです。でも、すずめの進入対策でしたが。

北海道は継続

2007/11/29

北海道は、20ヶ月未満の牛肉に対するBSE全頭検査を継続するようです。

これに使用する税金は年間七千万円。

今日の北海道新聞から(一部抜粋)
BSE全頭検査を継続 知事、道議会で表明へ(11/29 06:45)
 二十カ月齢以下の国産牛の牛海綿状脳症(BSE)検査への国の補助金打ち切り方針を受けて対応を検討してきた道は二十八日、独自の全頭検査を継続する方針を固めた。開会中の定例道議会で高橋はるみ知事が表明する。道民アンケートで七割以上が継続を支持したことなどを受けて、判断した。


高橋知事、よくぞ決断をなさいました。

人間にとって食は生きる基本。

その食の供給基地たる北海道は、食の安全安心にはまだまだ心を裂かなければなりません。

なぜなら、いまなお食肉偽装事件やお菓子の賞味期限改ざん事件などが時々出てくることが証明しています。

こんな中での、北海道の食の安全に対する毅然たる態度表明は、重要かつ緊急を要していました。

今回の態度表明は、重要の部分は満たしましたが、緊急の部分は遅きに失した感無きにしも非ずですが、まずはよかったよかった。

これで、北海道の食も少しは名誉挽回できるかもしれません。

へつらう

2007/09/19

いま牛は全頭BSE検査を実施しています。これは補助金。

しかし、厚生労働省では、生後20ヶ月以下の牛は 2008年7月で補助金を打ち切るとのこと。

これは、検査を止めろと言うに等しいことです。

しかも、自治体単独での全頭検査を継続しないよう、文章を送付しているとのこと。

現在アメリカから輸入している牛は20ヶ月以下のものは、BSE検査をしていません。それに合わせようというものでしょうね。

へつらっているを漢字で書くと『諂っている』。へぇ~、漢字は読めないけど、厚生省の胸のうちは読めますね、これは。

受け入れるとアメリカは次は30ヶ月以下を要求しています。このまま行くと、日本も同じことになるでしょう。で、最後は、全部無条件で輸入となり、日本人は・・・病気となるのです。

言いすぎでしょうか。

それにしても、そのまんま東さん、じゃなかった東国原英夫宮崎県知事はえらい。検査の継続を表明しています。

高橋北海道知事はどうするのかな。

いくらお上(厚生労働省)と言えど各自治体が自主的に全頭検査を継続しようとすることに、妨害は許されません。

それより何より、厚生省は国民の命を守るため、先頭きってBSE検査の継続を主張すべきではありませんか。

岡山県でも鳥インフルエンザ発生

2007/01/28

岡山県高梁市の養鶏場でも鳥インフルエンザが発生しました。

ニュースによると、26日に2羽、27日に20羽の採卵用の鶏が死んでいたとのこと。

養鶏場といっても、卵を生ませる養鶏場と鶏肉生産の養鶏場と分かれますが、今回は採卵鶏の養鶏場での発生です。

10年位前に4万羽ほどの養鶏場を運営していたので解りますが、鶏の死亡は、毎日のように数羽から数十羽は普通です。

ここの養鶏場には、20羽ほどの死亡でよく保健所に届けたものだと感心しますね。まぁ、いまの鳥インフルエンザ騒ぎで、慎重にはなっていたのでしょうけれど。

また、以前は今頃の餌の無い冬は、鶏舎内にスズメが沢山入っていたものですが、しかし、いまは外部からスズメはもちろん鳥類は1羽も入れることは無いはずです。

いったいどのように感染するのか、はやく原因や感染ルートを確定して欲しい物です。

そうでないと、養鶏場は不安で夜も眠れないことでしょう。

ところで、これらの養鶏場では、鶏糞をどのように処分していたのでしょう。

養鶏場が自社単独で鶏糞を処理しているところと、鶏糞を集めて処理するところがあるはずです。韓国では鶏糞処理業者が鳥インフルエンザを広げたとニュースで見たことがあります。

あっ、この程度はとうぜん調べていますよね。

高病原性鳥インフルエンザを詳しく知りたい方は、
「国立感染症研究所感染症情報センターホームページ」へ。

鳥インフルエンザの補償

2007/01/14

創業が養鶏場なので、そのせいか鳥インフルエンザにはどうしても目がいってしまいます。

また、いまはアイガモを飼育していますが、これも羽が付いているのでやっぱり鳥インフルエンザは心配です。

鳥インフルエンザの発生は、なんとか宮崎県だけで収まって欲しい物です。

このニュースが毎日流れていますが、そこで一つ気に掛かることを。

鳥インフルエンザは人間にとっても怖いので、罹患したニワトリを強制的に破棄するのはもちろん賛成です。

しかし、支払われる金額が評価価格の4/5だけと言うのは納得できません。

また、卵や死骸の処理は1/2補償とのこと。他にも近隣の養鶏場にも損害の1/2の補償です。

鳥インフルエンザになった場合の責任は養鶏場にありません、むしろ養鶏場は被害者です。

行政命令で廃棄させるのであれば、100%補償するのが妥当だと考えます。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント