アイマトン
ブログ管理

‘タバコの煙’ カテゴリーのアーカイブ

26期経営方針

2008/09/25

株式会社アイマトンは、9月が決算です。

で、本日26期へ向けて経営方針発表会を開催しました。

その一部をご紹介いたします。


≪第26期 経営方針≫

●重点項目1 ≪黒Gと責任≫

1. 全部門黒G

 1)経営者のリーダーシップ
  KK26はG確保に敏感になり、全スタッフの行動を
  そこへ向けていく。

 2)SKZ
  上司から出た指示命令すぐやる・必ずやる・絶対やること。
  理由がわからない場合は、何も考えなくても良いので、
  まずは行動。理解は後から付いてきます。

 3)幹部が先頭を走る
  幹部及び現場の店長・リーダークラスはまず行動ありき。
  経営者から出された方針は即実施。
  会社の指示命令
 ※通常/経営者→幹部社員→社員・パートさん。
 ※KK26/二つの指示命令系統。
  (1)経営者→幹部社員→社員・パートさんの他に、
  (2)経営者→社員・パートさん⇒幹部社員の正常ルート。
    ただし、この場合の『⇒』は、報告で経営者から受けた
    指示命令を、社員・パートさんから幹部社員へ報告として
    上げてもらいます。

2.利益還元と責任

 1)利益還元
  全社のG20%を決算手当として出します。

 2)赤字部門の責任
  赤字の部門は
  (1)給料ダウン
  (2)降格
  (3)退社

●重点項目2 ≪環境整備≫

1.挨拶

 1)朝礼は大きな声で挨拶をする
  (昇給のときに評価します)
  朝の挨拶も満足に出来ない職場は、良い職場ではない。
  とにかく朝だけでも大きな声で挨拶をする。

 2)経営者に出合ったら、作業中でも仕事の手を
  休め挨拶をする。

2.衛生
 1)24時間保健所が来ても良い環境造り
 2)ノロ対策としてマスクの着用必須
 3)加工場の温度管理/夏ー17度上限
 4)全ての加工場、事務所での飲食禁止 
 5)加工場・バックヤードから休憩等外部へ出るときは、
  靴を履き替え白衣を脱ぐ
6)店舗巡回の幹部社員は、白長靴、白衣、白帽子を
  持参し入室する
 7)同居者に原因不明の疾病ある場合は仕事を休む
 8)年3回の検便、年1回の健康診断実施
 9)本人の疾病の場合は、原因がハッキリするまで作業禁止

3.喫煙
 1)喫煙は休憩時間のみ
 2)仕事中は、休憩時間で喫煙室以外は喫煙禁止
 3)休憩は白衣・制服は脱ぐ
 4)使用ごと、タバコの灰を片付ける
 5)喫煙室には灰皿以外の物を置かない
 6)配送車内は禁煙『2)を参照』

4.偽装禁止

 1)社長・副社長が偽装を支持したら、
  関係官庁へ通報する
 2)上司が偽装を支持したら、社長。副社長へ報告する
 3)社員・PTNが偽装したら、会社は警察へ告訴する
※知っていて、無視した場合はその人も同罪とする

●約束

1.決算賞与支給
 困難なこの状況をやりぬいたら、決算賞与として還元する

2.厳しい今の世の中をともに戦う気が無い人は、
  早めに退社すること

  以上今日からKK26期中の方針とします。


甲府は初めて、

2006/11/03

新宿12:30発のかいじ105号で甲府へ。

甲府は初めてです。

列車の中はぜ~ぶ禁煙席かと思っていたら、なんとまだ喫煙席もあるとは、しらなんだ。その喫煙の車内に席を取ってしまった。

車内に入るなり、吐き気をもよおすほどの匂い。しかも、左隣の席のおにいちゃんは、タバコを離さない。

一つ前の席からもタバコの煙が来る。油断してしまった。

タバコのマナーは、アメリカより遅れている。

『タバコを吸う人は仕事をしない』へコメント

2006/08/27

2006年3月07日の記事『タバコを吸う人は仕事をしない』へ、コメントを頂きました。

====ここからコメントです。

煙草を吸う人は仕事ができない・・そうでしょうか 偏見じゃないでしょうか 吸わなくても仕事できない人はできないですから よーく従業員を見てください

====ここまでコメント

で、私の返事です。

「はい、おっしゃるように、私の偏見です」

「ただ、一つだけ解ってください。同じ能力の人(仕事ができる人)、二人を比較した前提で、タバコを吸う人の方が仕事をしませんという意味です」

でも、やっぱり偏見でしょうね。 
 

弊社ではタバコを吸わない人へ、禁煙手当を出していますが、喫煙者へは何も対策をしていませんでした。

そこで『禁煙ボックスを設置』をしたのです。

これで、私のような喫煙者へのいじめは、少しは弱くなる思います。


喫煙ボックス設置

2006/06/29

喫煙ボックス.jpg

タバコの話しばかりですが、もう一つ。

今日、喫煙ボックスなるものを設置しました。で、その際の社内への案内を書きます。

喫煙ボックス設置にはタバコを吸わない人からの、ブーイングがすごかったですね。

喫煙ボックスは、4つの各事業所に設置するので、1台22万円で88万円になります。これでは、ブーイングが出ても、しょうがないかな。

====ここから、社内用案内。

190. 喫煙室の設置 岩井政海
2006年05月19日(金) 20時35分

みなさん、いつもありがとうございます。

各営業所・生鮮おろしに喫煙場所を設置します。

容積は電話ボックスの大きさで、すべての営業所の屋外に設置します。

営業所によっては、既存の喫煙室は加工場の中に設置されていますが、衛生上、また健康上問題があるので、社屋と喫煙場所を切り離します。

ヨーロッパは、人が集まる屋内はすべて禁煙です。また、タバコは制裁的要素を含み、今年大幅な値上げをします。

米国は、公共の場所はすべて禁煙です。また、日本は屋外でも歩きタバコは禁止、場所も禁煙となる所も有ります。

喫煙者にとっては、まだまだ厳しい方向へ規制はいくと考えられています。しかし、喫煙は個人の嗜好であり、社内から全部排除することはできません。

喫煙場所の設置は、禁煙者と喫煙者両方の要求を満足させるものです。

よって、喫煙場所は、まず滝川に実験的に1台設置。次に、各営業所へ設置。喫煙場所の設置は、今期中に終了させます。

・・・  2006.0519 20:04 岩井政海  ・・・

====ここまで、社内用のコピー

タバコの吸殻を片付けるのは、

2006/06/27

20年ほど昔の話ですが、ある団体に入っていたときのこと。

その団体では会議中でもタバコを吸っていました。で、煙草の吸殻の後片付けをするのはいつも煙草を吸わない人だったのです。

実は、これは他の場所でも同じことが言えますね。

宴会に出た時注意して見て御覧なさい。灰皿を片付けているのはタバコを吸わない人ばかりですよ。

タバコを吸う人は周りを汚すことや、タバコの嫌いな人のことを気にしない傾向にあります。

喫煙と道路脇の空き缶

2006/06/23

今朝は、最北の温泉街、豊富温泉。

朝4時に起きだし、小雨降るホテルの前を歩こうと玄関を出たらタバコを吸う人がいました。

『ホテル内での喫煙を遠慮しているのだろう、奥ゆかしい人だ』と、思っていましたが、周りには灰皿らしき物はありません。

タバコを吸い終わったようです。

で、どうするのかなと、それとなく見ていると、その人は大きな柱の影へ回りました。

出てきた時にはタバコの吸殻を持っていません。

側溝へ吸殻を捨てたようです

最近空き缶などを道端へ捨てる人も少なくなったようで、国道から脇道、また公園なども実にきれいになりましたね。

たまぁに、買い物用のビニール袋が飛んでいるのを見かけますが、道路脇の缶コーヒーの空き缶類はほとんど見かけません。

海岸の汚れなどはまだひどいですが、道路や駅中はほんとうにきれいになりました。

いつ頃から、こんなにきれいになったのでしょう。

考えるに、駅中での喫煙を禁止した頃ではないでしょうか。道路淵などの空き缶が目立たなくなったのもその頃と符合しまず。

つまりタバコの害は、タバコを吸う人個人の健康の問題ばかりではなく、町の美しさまで関連しているのです。

タバコを吸う人は仕事をしない

2006/03/07

タバコを目の敵にしていると思われそうですが、実はそうなんです。(笑)

仕事をしている時、休憩時間があります。タバコを吸う人は堂々と休憩していますが、タバコを吸わない人は、手持ち無沙汰でやることがなく、ぼーっとしてして様(さま)になりません。

また、同じ能力の人が二人居て仕事をしていたら、タバコを吸う人の方が絶対仕事をしていませんね。

それに、タバコを吸う人は会社を汚します。

他にも、営業車を与えたら喫煙者は車内をヤニでべとべとに汚しています。腹の立つのは、そんなやつが個人の車はぴかぴかにしていることです。

今日は、天気が悪いので気分も悪い。

てなことで、タバコを吸う人、集中攻撃ですが許してください。

生まれたばかりの曾孫、曽祖父に禁煙させる

2006/01/10

父は80歳ですが、聞く所によるとタバコを吸い始めたのは、どうも16歳くらいからのようです。

それからず~と、タバコを吸い続けていて、一度も止めたことがありません。

タバコを止めた人を「意志が弱いから、タバコを止めるんだ」と、わけのわからないことを平気で言います。

また、飛行機内での禁煙が当たり前になってからは「タバコを吸えないから、外国旅行には行かない」と、あれだけ好きな海外旅行へも行かなくなりました。

タバコを止めなくても、せめて吸う本数を減らして欲しいなど、タバコの話をし始めると、必ずタバコを取り出し吸い始めるような、あまのじゃくでも有ります。

ところが、ところがですよ、なんと昨年の11月から見事にタバコを止めたんです。

私には兄弟が4人いるんですが、いまは全員タバコを吸いません。

両親を頭に一族郎党20人くらいの中で、タバコを吸うのは父一人です。たぶん。(孫の高校生は吸わないと数えています)

それが、昨年の10月から急にタバコを止めると言い出したのです。

しばらく理由を言わなかったのですが、やっと白状しました。

11月24日に父にとって初の曾孫が生まれたのですが、その「曾孫に会う為にタバコを止めることに決めた」というでは有りませんか。

孫の生産者の私としては、父が64年間吸い続けたタバコを、曾孫に会う為だけに止めたことに感動しています。

『物言わぬ曾孫、曽祖父を動かす』かな。

現在1ヶ月に2kg太っているようで、これから別な問題がおきあがるかもしれませんが、そのときはそのときということで。

タバコと箸の二刀流

2005/09/27

まいどタバコの話が多いのですが、ついでに一つ。

これは、身内の葬式で長野県へ行った通夜の席でのできごとです。

豪傑というか、わけが解らないというか、もの凄い人と出会いました。

左手にタバコを持ち右手に箸を持って、タバコと料理をかわるがわる、吸ったり食べたり、飲んだりと。

まぁまぁ忙しいことですね。

『おっタバコと箸の両方を離した』と、思ったら思いっきり咳き込んでいる。それもかなり。

長野県といえば教育県だと聞いたことが有ります。なんとこれが教育県なのでしょうか。

色々な人がいるので、これは個人だけのことかと思って見ていたのですが、気を付けて見ていると、どうもタバコの吸う比率は高そうですね。

長野県で禁煙席を設けているレストランをも掛けませんでしたね。

いつも思うのですが、タバコを吸う人は周りに気遣うということがありません。

今回の通夜の席だけ見ても、向かい合わせの席だったのですが、正面の人から煙がぷぁ~と来る。その人がタバコを置いたなと思ったら、その隣のおじさんもタバコを吸い始め、その煙があたりをぐるぐる回り私の鼻先をなでていくのです。

喫煙者が、自分の吸ったタバコの煙の行き先を気にしている図というのに出会ったことはありません。

健康のためにタバコを吸わないでくださいとは、関係の無い人には言いませんがもっと他人への気遣いを必要ですね。

禁煙手当

2005/09/19

禁煙手当を出すようになってからもう15年以上にはなるはずです。

禁煙手当は500円から始め、現在は1ヶ月6000円を上限に禁煙手当を出しています。年間にすると72000円ですから、結構大きな金額になりますね。

禁煙マーク.jpg

私としては、禁煙手当を目的としてもいいので喫煙を止めて欲しいのです。でも、すなおにそうした人は少ないですね。

社員の健康は会社の健康、つまり、良い会社を造る元になると考えていますので、この考えを変える気はありません。

禁煙のために、タバコを吸える場所を減らし、禁煙者への誘導をお金を使ってもやろうとしていますが、考えようによっては、個人の嗜好まで口を出すのはおかしいと言われるかもしれません。

しかし、私の喫煙者への意地悪はまだまだ続きます。それも、もっと過激になるかもしれません。

それが会社も個人も幸せになると信じているからです。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント