アイマトン
ブログ管理

ラクイラ・サミットのオバマ大統領

いまイタリアのラクイラ・サミット(G8)が開かれています。

ちなみに、去年は北海道洞爺湖。


いつのサミットでもアメリカの大統領は主役ですね~。

私としては、流れてくる米国大統領オバマさんの発言には大いに注目しています。

でも、実はアメリカの国は好きなんですが、アメリカ人は苦手と言うか、嫌いと言うか、[^^;;。

世界の国を『大好き』『好き』『どうでもよい』『嫌い』『大嫌い』に分けると、『嫌い』かな。

こんな人、結構いると思いますよ。

だって、歴代のアメリカ大統領を見ていると、あの傲慢さ好きになれますか。

そんなことから、オバマさんの演説は好きでしたが、どこかちょっと距離を置いて見ていました。

しかし、4月5日のチェコでの核廃絶宣言からは、好きからファンに昇格です。


理由は、その宣言の中でこう述べているから。

「核兵器を使用した唯一の核保有国として、米国には行動する道義的責任がある」と。

これをブッシュさんが言ったとして、ファンになるかと聞かれると、・・・・、いや、その前に絶対言いませんね。


さて、この言葉、一番言う権利があるであろう日本人でさへ、アメリカ合衆国に言った人はいません。

しかし、この言葉を本気かどうか疑う人もいるでしょうね、でも私は信じています。


え、理由を言えって。

はい、根拠はあります。

それは、先だってたばこ規制法案に署名したオバマ米大統領の言葉です。

こう言っています、「たばこに手を伸ばしてしまうことがあるかと聞かれれば、イエス」と答えています。

他に、「家族の前では吸わない」とも、また「達成率は95%くらいだが、時々がまんできなくなる」と正直に話しています。

世界最高の権力を持っている人なのに、ほんと正直な人ですよね~。


私も正直になろう、『社長が好き』から『社長のファン』になってくれるかも。

ん?、『社長が好き』の根拠ですか・・・・。根拠はありません。

勝手にそう思っているだけですが、なんか文句でも[^^;;



タグ:

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント