アイマトン
ブログ管理

人手不足の影響

株式会社アイマトンのお客様は外食店です。

いま外食店では人手不足。

特に大手の外食店は。

それもそうです。

中小の飲食店は技術を教えるという給料以外のメリットもありますが、大手にはそれが有りません。

それどころか人件費は経費の一部。

こんな考えの会社がほとんどではないでしょうか。

経費の一部なら、いわば水道料や電気量と同じで節約するのが当然と言う考えに至ります。

 

この人手不足は企業間においての力関係にも大きな転換をもたらすことが予想されます。

例えば、建築業界に多い元請けと下請けの関係。

力は99対1くらいの割合でしょうか。

いつもお客様にはにこにこと笑顔を絶やさないような人でも下請けには別の顔を見せます。

元請けの社長どころか担当者まで。

下請けの年上の社長さへ頭ごなしに怒鳴り付けたりする。

そんな現場を見たことが有ります。

下請けを顎で使うような人は、仕事を出している元請けと言えども仕事は立ち行かなくなるのです。

なぜなら肝心のその下請けに人が集まらなくなっているからです。

 

他に、大手外食店や大手コンビニを見るとこれがよく分かりますね。

人手がないから営業時間を短縮する。

また24時間営業できないなんて序の口です。

いまにコンビニは週一どころから週に2回は店を休まなけえればならない時代が来ますよ。

外食店も同様です。

 

で、どうなるか。

60歳以上でも働きなさい。

いやいや75歳までは働きなさい。

それどころか介護の現場はお互いが死ぬまで介護しあう。

と、このように世の中は動いています。

 

最近よく聞きますよね「最近のお年寄りは若いですよねぇ~」とか。

「いやぁ、貴方、68歳に見えませんよ。せいぜい63歳くらいにしか」とか。

こんなこと多くはありませんか。

騙されているとは言いませんが、おだてられているとは思いますよね。

 

「いやぁ、貴方、68歳に見えませんよ。せいぜい63歳くらいに」。

これ私のことですが、それがなにか。[^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント