アイマトン
ブログ管理

赤平市の議員報酬削減幅

私の生れた町赤平市は、夕張に次ぐ財政再生団体入りを避けるため、必死に努力をしています。

最盛期には6万人近くになったこともある人口は、3月31日の時点で13,825人。

過去には豊かな時代もあったはずで、なんでこんなひどい状態になったのか。歴代の市長や市会議員の責任は重いですよね。

そう考えながら地元紙を読んでいたら、原因の一つが見えてきました。

以下は、再生団体回避のため、経費の縮減として各報酬の削減幅を議会で決めたものです。

一般職員給与 30%削減
市長給料    50%削減
副市長給料   40%削減
教育長      32%削減
議員報酬    22%削減

これは地元紙に載っていた順番を書き写したもので、五回ほど眺めていましたがやっぱり納得できません。

何処がおかしいのでしょう。ということで並べ替えてみました。

議員報酬    22%削減
市長給料    50%削減
副市長給料  40%削減
教育長      32%削減
一般職員給与 30%削減

この給料削減幅を決めるのは、議員。

見えてきたのは、議員さん、自分の給料削減幅を一番小さくしてあるのです。

そして、一番立場の弱い一般職員給与を思いっきり30%削減です。

きっといままでも、このようにしていたんでしょうね。

自分に都合の良いように解釈し物事を見て決めていく。そして、その付けを弱いものにしわ寄せさせていく。

そうです、赤平がこんなに厳しい状態に追い込まれたのは、市制のチェック機能を果たすべき市会議員に問題があったのです。

私が議員なら、こう決めます。

議員報酬    80%削減
市長給料    50%削減
副市長給料   45%削減
教育長      40%削減
一般職員給与 30%削減

強い権限を持つ議員には大きな責任もあります、そして物事を決められる立場にもいます。それなら、まず己自身に厳しい数字を出し、それから立場の弱い人にお願いすることになりませんか。

でも、この私の話にも矛盾はありますね。

それは、この市会議員を選んだのは私(市民)なんですから。つまり、この私の意見は天に唾するようなものでもあります。



タグ:

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント