第二鴨飼育舎はただいま工事中

第二アイガモ飼育舎.jpg工事中の第二鴨舎

昨年まで自社生産の鴨は、年間約1万羽の出荷になっています。順調な売上の増加で、今年は1万5千羽になる予定です。

鴨の販売は絶好調で、ただいま来年から2万羽の出荷体制を取るべく準備をしています。

写真は、第二鴨飼育舎建築風景ですが、飼育舎は農家のビニールハウスをもうチョッと頑丈にしたビニールハウスで、ここで飼育をしていますが、夏はけっこう暑くなり、冬はマイナス5度位まで下がりますね。

しかし、夏は暑いといってもそこは北海道。

鴨の飼育には適しているのか、小豆色をしたアイガモフィレは、何処に出してもけっして引けはとりません。

 

ということで、鴨の自慢でした。[^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)