アイマトン
ブログ管理

鳥インフルエンザ 武田邦彦さんのブログから

おは羊ございます。

今日は朝3時半から仕事をしていました。

かなり早い目覚めです、おぼれる夢で起きちゃいましたが、なんでだろうと。

何のことはない小用。

えぇ~い面倒だ、とそのまま社長の仕事を。

と、言っても、PCでメールチェックなどですが。[^^;;

 

ところで、覚えていらっしゃいますか、私は肉屋なんです。

それなのに最近肉屋らしい記事を書いていませんので、今日は鳥インフルエンザの話を。

と言っても、尊敬する武田先生(お会いしたことはありません。勝手に生徒だと思っています)のブログをそのまま貼り付けますが。

そのほうが、自分で書くより、言いたいことを正確に話せるので。

 

====ここから武田邦彦さんのブログから

隠しているのか?知らないのか? 鳥インフルエンザ
報道を見ていると、言い方は悪いけれど「ウソなの?アホなの?」というものが多い。「酷いね。あんな記事を書くのだから」というと、「それは隠しているんじゃなくて、知らないんですよ。記者クラブで保護されているから」と言われたりする。

・・・・・・・・・

鳥インフルエンザの報道が毎日のように続いている.そして今にも中国の鳥インフルエンザが日本に上陸し、ニワトリの大量死が起こり、人間がばたばた死ぬと言う感じで報道されている.

その時にいつも「かつてスペイン風邪がはやって、全世界で4000万人の人が死んだ」と説明される。また、「中国ではハトやカモに感染例がでた。春にシベリアに帰った渡り鳥が、そこで感染し、来年に冬に日本にやってくる」とNHKが解説していた.

隠しているのか?知らないのか?!と叫びたくなる.

インフルエンザはウィルスが原因で病気になる。そして細菌と違ってあまりにも小さいので、光学顕微鏡では発見できず、ドイツのルスカが20世紀の半ばに電子顕微鏡を発明してからのことだ。

さらに、ウィルスを特定したり、ワクチンができたり、さらに1990年台になって抗ウィルス薬という治療薬も誕生している.

第一の疑問: 鳥インフルエンザは最近のもの?

第二の疑問: スペイン風邪のようなことが今でも起こるの?

第三の疑問: 数年前の鳥インフルエンザ事件の時に、薬品会社から多額のお金をもらっていたWHOの学者はどうなったの?

という肝心なことがさっぱり解説されない。これもまた「お金を取るための騒ぎ」でその先兵をNHKがやってるのではないか?

もともとインフルエンザが大陸から鳥に媒介されて日本に来ること、野鳥は保菌鳥で感染しても発病せず、ニワトリなどの家禽病として知られていたことがわかっている.昔からなじみの「七草がゆ」は野鳥がもってくる大陸からの病気を予防する目的を持っていた.

それなのに、なぜ最近になって騒ぐのか、その理由を明確にしなければならない。過去2000年間、そんなことが無かったのに、なぜ、怯えなければならないのか、専門家は全く語っていない.

第二に、スペイン風邪は第一次世界大戦で、寒気の中で戦っていた兵士が多く感染し、命を落とした。しかも治療も伝染経路もわからず、戦闘も中止せず、最悪の環境だった.

それと現在のようにウィルスを特定でき、感染経路を明らかにし、防止方法もある程度あるのに、なぜスペイン風邪が問題になるのか、それも明らかでは無い.

そこで、数年前の鳥インフルエンザ騒ぎの時に、「パンデミックになる」と言った3人のWHOの中枢の学者が薬品会社から多額のお金をもらい、その薬品会社こそがインフルエンザ騒ぎのたびに大量に生産され、排気される抗ウィルス剤の製造元だった.

疑惑が持たれて審査に入ったとの報道はあったが、その後はまったく伝えられていない.どうなったのだ!!

ウソなのか、アホなのか、これもハッキリして欲しいものだ。

(平成25年4月21日)
 
武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

 

====ここまでコピー

 

ということです。分かりましたか、みなさ~~ん。[^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント