アイマトン
ブログ管理

日本のカジノは10億以上持つ人だけ

今日の話しは、ギャンブル依存症があるからカジノは反対と言っている人に異議ありです。

少ないお金を大きくすようとするからギャンブル依存症になるのです。

大金持ちは、ほとんどの場合人生のギャンブルに勝ちお金を得た人たちなので、そのような人だけカジノへ入ることを許可しましょうよ。

 

依存症になると言うのも分かりますが、依存症があるからカジノを作るなには無理がありますね。

なぜなら、今のギャンブル依存症は、現状のパチンコ競輪競馬でなっているからです。

もしかして、ギャンブル依存症になるから反対という人たちはパチンコ競輪競馬競艇などはギャンブルだと思っていないのですか。

FXはやったことはありませんがあれもギャンブルみたいなものと認識しています。

もしかしたら株の売買も。

ほとんどの先物投資はギャンブルの一つでしょうね。

つまりお金で先の見えないものを買うのは一種のギャンブルだと思うのです。

 

ですから、ギャンブル依存症が増えるからカジノ設置に反対するのではなく、違う方法でそのような可能性のある人を入れなくすればよいのです。

一番良いのは日本のカジノには世界の大金持ちしか入れなくするのです。

10万とか100万とか、もしかしたら1000万程度のお金しか用意できない人は入れないのです。

どうやってやるか。

そんなの簡単。

掛け金を前払いにするのです。

1000万程度の小銭(この言い方にはちょっと無りがあるのは承知の上です)しか保証金にと積めない人は入れなくする。

で、10億以上(なんの根拠も有りませんが)の補償金を積む人は50%の5億まで掛けることができる。

100億以上の人は8割まで使えるようにするとか。

 

ん~~でも、これじゃカジノに来る人はいなくなるかな。

それでもカジノを作るというのは一種のギャンブル鴨。[^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント