アイマトン
ブログ管理

元号のはなし

むかしむかし、30年以上前の話です。

当時会社を作ったばかりでお金はありません。

まだコンピューターは高価でパソコンが世の中に出始めたころでした。

そんななかで販売管理で伝票を発行するすることになりコンピューターの導入を検討しました。

まだ不安定だと言われていましたがパソコンを入れました。

で、でてくる帳票は今まで使っていた物と大きさが違うではありませんか。

聞くといままではBサイズでパソコン用紙はAサイズとのこと。

そのとき、こんな便利なパソコン、会社にどんどん入ってくるだろう。

そうすると紙のサイズはAになるなと思ったのです。

そこで、まだBサイズが主流の会社の紙類をすべてAサイズに統一したのです。

B5よりA4の方が大きいので、最初の頃は慣れていないのか紙が無駄だなと思ったものです。

後から知ったのですが、Aは国際規格、Bは昔からの日本の規格という事だったのですね。

 

同じ発想で年号も西暦に統一しています。

2000年問題の時は世の中の騒動とは別に高みの見物を決め込んでいました。

しかし、生年月日など役所や市立病院などいまだに和暦ですよね。

かなり不便です。

社会へ出たての頃、新聞は元号から始まり括弧(西暦)で表示していましたが、いまは逆に西暦が最初に来て括弧(和暦)が記載されています。

これは何時からだったかな~。

 

いずれにしても、メートルやkgなど世界標準の中で生きている日本では西暦一本にしたほうが便利だと思います。

つい最近1月1日から新たな元号に代わるという話がニュースになっていました。

良いとは思いますが、それならいっそ西暦に統一した方が良いのに。

むろん和暦も有ってよいとは思いますが。

 

世界中の国は地球世界の中で存在しています。

資源の少ない日本は特にそうです。

表示は、時間、長さや重さなど、特に暦はいの一番に統一するべきです。

言葉が通じないので、繋がれる物ならなんでも繋ぎましょうよ。

 

私は1949年産れ、・・・・和暦は忘れました。

ねっ、年齢は分かりやすいでしょ。[^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント