白い恋人発売1週間

映画『白い恋人たち』は、1968年に作られたフランス映画。

題名に覚えがあります。見た記憶も。

ここから名前を頂いて菓子『白い恋人』とが生まれました。

昨日札幌の丸井今井デパートで、石屋製菓の売り場に人だかりが出来ていました。

後から聞くと再発売以来ちょうど1週間とのこと。

2~3分立ち止まって見ていましたが、熱いものがこみ上げてきました。

白い恋人を作る人、包装紙を供給する人、原料を納めている人、店頭まで運ぶ人、などなど関わった沢山の人々。

店頭で売る若い女性は社員さんでしょうか。

どんな商品でもl、この世に出るまでには沢山の人の手が掛かっています。また、多くの人を介在させ白い恋人は私たちの口に入るのです。

みんな、どんな思いで今回の販売を待っていたのでしょうか。

白い恋人の前で並んでいる20人くらいの人。

店頭にたった時刻は午後3時。スーツ姿のビジネスマン、主婦などごく普通の人たちで、けっして、ネットオークションに出そうとする人ではありません。

『白い恋人』を、心から応援する。そんな人たちが20人並んでいる。そう思いました。

札幌 白い恋人.jpg

丸井今井デパートへ入る前は、その気はなかったのですが、買っちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)