ぼん田の鴨

今年の北海道は雨も少なく、と言うより私の住むところは旱魃に近いですが、その影響でしょうか、稲の穂が出るのは早いようですね。

と言うのも、ぼん田の鴨を2週間早く引き取ってほしいと連絡がありました。

今までは田んぼで草取りをしたり、肥料をやったりしていた鴨が稲の穂を食べるようになるからです。

計画では、300羽を育て肉にします。

※ 『ぼん田野鴨』とは、我が社の商標で、合鴨農法で米造りに使った鴨のことで、青首合鴨です。

※ 関連記事
●北海道合鴨水稲会、圃場見学会参加
  ●合鴨水稲会(アイガモ水稲同時作)
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)