アイマトン
ブログ管理

徴用工問題に思う

徴用工問題に思う

と、書きましたがそんなに大それたことを言う気はありません

 

その前にまず徴用工とは

ネットって便利ですよね

徴用工とは戦争の時国家が強制的に国民を仕事に就かせること

です

 

徴用工問題とは

第二次世界大戦中に日本が統治していた中国や朝鮮で日本企業が強制的に仕事につかせた

そのことですが

これが日本国内ならもう終わっている問題ですが

いまは外国の韓国だったからややこしいのです

でも、本当は国同士でとっくに解決しているのですが

詳しくはご自分で調べてください [^^;;

 

さて、その問題

どう見ても韓国の人が間違っています

偉そうなことを言うなと言われそうですが

まず最後まで目を通してください

 

一つにはその時の企業は関係ありません

徴用するのも国の命令

当時の企業はいやもおうもありませんでしたから

 

その二には、

国同士で解決している問題で大騒ぎをしている

これがおかしいというのです

 

何が言いたいか

韓国の人は訴える相手を間違っています

国同士では解決済み

企業も関係ない

 

つまり、韓国の人は韓国政府を訴えるべきなのです

『なんで和解する前に自分たちにひとこと言わなかったんだ』と

『なんで勝手に和解した』と

『俺たちはそんなこと聞いていない』と

『納得できない、それからの利息含めると4000万円になるから支払え』

それを俺たちに支払えと

韓国政府を訴えるべきなのです [^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント