取り締まり

これは俗に言う、ネズミ捕りの写真です。

スピード違反の取締りですが、ネズミ捕りって誰が言ったんでしょうね。うまいこと言うものですねぇ~。

私は北海道ですが、他の府県でも同じ言い方をするのでしょうか。ちょっと興味があります。

それはともかく、右側なかほどの丸い物体が測定器(?)。

今日は天気もよく、絶好の取締り日和。

ネズミ捕り.jpg

場所が良いのか悪いのか、捕まる車の多いこと多いこと。

同情はしませんよ。スピード違反をする車が悪いので、つかまって当然です。

しかし、警察には言いたいことが一つ二つ三つ・・・山ほどありますね。

測定している時間、11時3分。真昼間。

場所は流通団地で、通る車は配達のトラック、買い物したおばちゃん、営業マン、などなど。

つまり、普通の人。暴走族はいません。

で、捕まっている人も普通の人。ちょうど目の前で買い物帰りか、おばちゃんが捕まっていました。

そこで、ひとこと警察に言いたいのです。

普通に生活している人を捕まえてどうするの。

ちょっと油断しても、自分でスピード違反をしたつもりはないでしょうね。このおばちゃんは。

トラックの運転手も、次の配達はどこでその次は何処。次から次へと配達があり、きっとメーターは見ていないでしょう。

スピード違反を気にしながら配達にも気を使う、必要以上スピードメーターを見ていたら、事故を起こすでしょ。

日中の11時に、やる気でスピード違反をしている人はいないのではないでしょうか。

覚悟の上でスピード違反、法律違反をする人は、走るなら夜中でしょう。

交通違反を少なくするため、取締りをするなら、夜やらなければ目的は達成しません。

警察といえども公務員ですから、9時から夕方5時までしか仕事をしないのは解ります。

あっ、そうかぁ~、スピード違反の取り締まりは、仕事なんだ。金儲けだったんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)