アイマトン
ブログ管理

年金照合問題

テレビで福田康夫首相は、5000万件の年金照合の4割が照合困難といいましたが、例の鼻で笑うようなしぐさで、「これは公約違反という大げさなものではない」とも言っています。

でも、たしかに前の首相安倍晋三氏が参議院選挙の演説で、「来年の3月までに最後の1人に至るまで、すべての記録をチェックし年金を支払う」と言いました。

首相が替わり、その前の首相の意に副わない約束でも、この約束は継続しているはずで、継続しないのは政権が交代したときだけですよね。

つまり、公約として約束を継続しないと公約違反なのです。

ついでに、政権交代は、衆議院選挙でなされます。

上記の福田首相の発言は、選挙をしてくださいとも言っていることにはなりませんか。

今回の年金未納問題の照合困難な人に対して町村信孝官房長官の発言は、「偽名の人もいて、年金を渡そうにも渡せない」と指摘していますが、これはおかしな話です。

偽名の人からどうやって年金を徴収したのでしょう。

年金を支払った経験から、どう考えても、偽名の人から年金を徴収するような制度にはなっていません。

また、仮に徴収できたとして、偽名で年金を支払い、そして該当年齢になったら偽名で年金をもらえると誰が思うでしょう。

政府はもう思考回路がぼろぼろの状態ですね。

しかし、舛添要一厚生労働相には止めて欲しくはありません。

なぜなら、舛添要一さんがやらなけりゃ誰がやると言うのでしょうか。

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント