サフォークの健康調査

家畜保険所の調査.jpg家畜保険所の調査

輸入したサフォークは56頭。今年の5月まで、一定期間家畜保険所の調査対象となります。

今日の調査は56頭すべての糞便を培養する為、それを採取するものです。

現場では糞を1頭ずつ個別に採取し、ナンバーを付けて保管します。

通常うんこなんてしたいときにするもので、どうなるだろうと考えていたら、そこはプロ、1時間掛けないで全頭の採取を無事終えました。

中には糞の出ないサフォークもいて、指でほじくり出すのですが、めん羊は案外平気なんですね。

でも、これがけっこうきつい仕事で、家畜保険所の職員には頭が下がりますね。

私は、人間の便は汚いと思うけれど、家畜の糞は素手でも触れることが出来ます。汚いと思わないんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)