アイマトン
ブログ管理

財産とリスク

今日の記事は長いですよ。[^^;;

 

私は株式会社アイマトンの代表取締役です。

でもブログではあまり会社のことは書きません。

もともと会社の宣伝というより、私個人を知ってほしいという意味合いからですから。

でもブログタイトル『e-肉店アイマトン社長日記』で、経営者であるということは分かるようになっています。

 

さて、弊社では、お客様と仕入業者様との間に立って商品をやり取りしています。

主たる商品は肉ですが。

商品を仕入れ(作って)お金を支払い、お客様へその商品を売って代金を頂戴するのです。

分かりやすく書くと、物をお金に換え、そのお金で物を買い、またその物を売ってお金に換える。

つまり、物、金、物、金、物、金、・・・と、永遠に繰り返しています。

 

この行為の中で、たまぁに売ったお金が頂けないとか、商品を仕入れることができなくなった。

また、途中でお金が足りなくなったなど、いつも種々のリスクを経験しているのです。

 

このリスクの中で最大の物はなんだろうかとよく考えるのですが、実は人なのです。

先ほどの、物、金、物、金、物、金と繰り返す間には、必ず人が介在しています。

この人手がなければ、会社は成り立ちませんから、人は財産だというのが世間の考えです。

私ももちろんそう考えています。

しかし、財産なだけにその人が辞めてしまったら、財産が失われるわけですよね。

これは、幹部はもちろん、社員、そして末端のパートさんまで言えます。

ところが、財産がなくなるだけでは済まないことが、ままあります。

依然経験した例で言うと、弊社を辞めた社員が同業者へ行きました。

そして営業部長をやっています。

お客様も商品も知っている人が、同業者の営業部長ですよ。しかも同じ営業エリアで。

これなど一番分かりやすいですよね。

財産とリスクが同じであると言える例として。

その人は、物もお客様も知っているわけですから。

 

整理すると、私が考える会社運営の一番のリスクは社員である。

と、こう考えています。

財産とリスクは表裏一体なのです。

 

でも、中にはリスクだけの人もいます。財産ではなく罪産ですね。

こんな人が同業者の営業部長であるなら、弊社のリスクはそっくり相手に行っているので、こんな場合痛快なのです。

 

でも、絶対顔には出しませんよ。[^^;;

 

 

コメントは受け付けていません。

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント