首里城炎上

大変なことです

世界遺産首里城が大炎上

 

首里城は日本の宝

北の果て北海道に住んでいる私ですら驚きですから

沖縄の地元の人はどれほどの悲しみか

察するに余りあります

 

でも、世界遺産の首里城

正確には世界遺産は首里城跡なんですよね

つまり、復元から30年経つ首里城は無くなっても

世界遺産の首里城跡はそのまま残るわけでと

自分を無理やり納得させています

 

一番の問題は中身です

国宝級とされる工芸品や書物

漆器や衣類

この復元は難しいわけで

 

考えてみたら、

個人の住宅も同じですね

家はあくまでも入れ物

その中にある家族の思い出の品や

生活した事実

これらの中身がその家庭にとっては一番の宝なんですよね

 

人間の体も

体自体は心の入れ物

人にとって一番大切なのはと考えると

答えはおのずと見えてきます

その中身

心が一番の宝なんです

 

と、ここまで書いて下書き保存する

予定でしたが

公開してしまいました

乱れているようです

 

体の中身が [^^;;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)