アイマトン
ブログ管理

‘こころのありかた’ カテゴリーのアーカイブ

癒しの画像

2018/04/05

前回は方ぐるしい話題だったので、いやされてください。

2018.0405子羊IMG_6357

え?、いや。[^^;;

 

 

今日は良いことが有るかも

2018/04/03

ブログを書き始めたのが2005年4月1日ですから、もう13年になります。

飽きっぽい性格ですからよく続いたものだと褒めてやりたい。

自分を。【^0^】

 

2018.0403IMG_6370

せっかく書いているので、ブログの読者を増やそうとブログ村に加入しています。

アクセス数を見るとあまり多くはないので、邪道かもしれませんが自分でもポチッと。

たまぁ~に忘れますが、ほかにもいてくれているようで。

(右上の【中小企業社長】のところを押していただけると嬉しいのですが)

 

そんななか今日開けるとなんと1位じゃありませんか。

1位といってもカテゴリの中のそのまた中の、そのまたまた中の小さなグループでです。

でも、うれしい。

 

ということで、きょうはなんか言いこと有りそう。[^^;;

 

 

鴨せいろ

2018/04/02

2018.0402東屋寿楽の鴨せいろIMG_6366最近ドキドキすることが少なくなりました。

なにか新しいことが起きそうなときには予測がつきます。

また、誰かが語り掛けてきたら「あっ、だれかやめるな」とかいい話がありません。

長く生きたらそうなるんでしょうね。

今より長く生きたら、脳も衰えますからいよいよ感動は無くなるんだろうなぁ~。

 

それはともかく今一番ドキドキする現象はこれです。

 

札幌東急8階のお蕎麦屋さん『東屋寿楽』さんの鴨せいろ。

 

一昨日の昼の昼食です。

ここの鴨せいろがおいしくて。

少々の自己満足をお許しください。

 

都会へ出るときの昼食の優先順位ですが鴨せいろに決めています。

理由は鴨飼育しているので。

その鴨せいろもどこにするかに順番があります。

まず、わが社の鴨で鴨せいろ、その美味しいところ。これが1番。

その次に食べログで鴨せいろがあり点数の高いところ。これが2番。

3番は、わが社の鴨を使っていてまぁまぁおいしいと思うところ。

4番は、自社の鴨なのにまずいなと思うところ。

5番は、行き当たりばったり鴨せいろがあるかどうかを聞いて有ったら入る。

 

あくまでもそばの味では無く、鴨せいろの鴨の味ですよ。

わが社の鴨でも味はばらばらなのが面白いですね。

当然ながら鴨に責任はありません。[^^;;

 

1番のおいしい店には基準があります。

自分の舌で確かめて、・・・・で・・・はありません。[^^;;

食事中隣に座った人が「鴨せいろをお願いします」といったら『あっ、やっぱりここの店はおいしいのだ』と判断しています。

今回も右隣の席に着いた品の良さそうな(鴨せいろを頼んだのでそう思うのかなも。ごめんなさい)二人のご婦人。

そろって「鴨せいろをお願いします」とおっしゃるではありませんか。

聴力はワンちゃんほどありませんが、この言葉は逃しません。

 

あぶないあぶない。『飼育したのは私です』と声をかけるところでした。[^^;;

 

 

ミニトマト

2018/03/23

今年は雪が多いとみんなが話しています。

でも融けない雪は降ったことは無いのでいずれは融けるでしょう。

でも心配なんです、畑の出来具合が。

沢山雪が降ると雪解けが遅くなります。

そんなことで畑をおこすのが遅くなる。

必然的に作付も遅くなる。

だから収穫が遅くなる。

心配ですねぇ~。

 

2018.0323ミニトマトMG_6319

と言うことで我が家のミニトマト、昨年の11月に種植えをしましたが不作のようで心配です。

これは茶の間のミニ菜園。

ミニトマトも水菜も思った通りに収穫ができません。

ミニトマトは青いものが3個くらいあるかな。

 

もしかして頭痛の種を植えてしまった?。[^^;;

 

 

雨の朝はぐっすり眠れる

2018/03/22

小学校5年生の頃ですから10歳かな。

毎朝4時に起こされキャベツの収穫でした。

夏から秋まで。

そのときの写真はたしかあるはず、

ということで探しましたが見つかりませんので見つけたときここに貼りつけますね。

何が言いたいか。

それからです、朝4時に起きるようになったのは。

日曜日の朝は収穫は無し。

また雨が降ってもキャベツの収穫は無し。

 

いまは二重ガラスになって音も聞こえませんが、それでも雰囲気でわかるのです。

「あっ雨が降っているな」と。

そのまま6時までぐっすりです。

でも、いまは雨の有る無しに係わらず起床は6時。

年寄りじゃないから。[^^;;

 

 

雑種強勢

2018/03/21

雑種強勢とは種を替えて交配すると、親より優秀な子どもが生まれるとネットに書かれてありました。

昔卵生産用のニワトリを飼っていました。

それがいつの間にか外国から種が入ってきました。

そのハイブリット鶏なども雑種強勢に当てはまるようです。

実は羊にもそうなんです。

というのもサフォーク種を大事にしてますが、両親ともサフォークより片方、特に母系をサフォーク以外の種にすると順調に出産し、なおかつ元気に育っているのです。

 

2006年にサフォークをオーストラリアから80頭輸入しその子供たちを飼育しています。

とっくに300頭になっていなければならないのにいまもほぼ同じ数。

純粋種が弱いのではなく飼育が下手だけなのかもしれませんが。[^^;;

ということで、ここ数年はサフォークを増やすことをあきらめました。

ほかの羊の種でもいいかもと考えた理由はもうひとつあります。

サフォークが美味しいという人もいますが、ほかの羊も味は変わらないのではないかと考えているからです。

 

家畜の雑種強勢を人間界に当てはめたら怒られかもしれませんがひとつ。

日本のスポーツ界。

野球にしても陸上もテニスも。[^^;;

 

けっこう驚くはなし

2018/03/10

最近目が悪くなって、

と、ごめん、言い換えます。

最近目も悪くなって誰か来たなと思って、よーーーくみると庭木だった。

後ろに誰かいると、振り向いたらカーテン。

暗がりに誰か立っているなと、目を凝らしてみると門柱。

あっ熊だ、とよく見たら黒い羊。

白鳥だと思ったら合鴨。[^^;;

こんなことがしょっちゅうです。

 

お月さんに餅をつくウサギ。

こんなのは良いのですが。

 

2018.0310 1 MG_6251

足はどこへ行った。

 

 

 

2018.0310 2 IMG_6252

と、よーーく見るとスリッパとソックスが同じ柄だったのです。

 

 

 

2018.0310 3 IMG_6253

つまりこういうこと。

 

相方は偶然だというけれど、そんなわけないじゃない。

まぁ簡単なはなしですがけっこう驚きましたよ。

最後は大笑いでしたが。

 

ストリッパーではないですよ。スリッパですよ。

セッ(10-1)スではないですよ、ソックスですよ。[^^;;

 

 

団塊の世代

2018/03/01

北海道の人にとって北海道新聞が定番です。

しかし、今の20代、もしかしたら30代も新聞をあまり読みませんね。

ゲームばっかりしている、・・・のかな。

いま新聞はニュースや娯楽のためではなくチラシ配布機関になっています。[^^;;

 

2018.0301無地IMG_6165

新聞はほかに日本経済新聞も読んでいます。

週刊誌もそうですが新聞も後ろから読むのが流儀、って、声を大にするまでも有りませんが。

 

その新聞の記事の中で、私の履歴書というコラム。

これが楽しみで。

過去でいうと、松下幸之助さん、 元イギリス首相トニー・ブレアさんがよかった。

先月2月も面白かったですね。

無印良品の元会長さんです。

なぜか。

実は同年代。

はい、団塊の世代と言われる。

それも同じ年の誕生月も同じ。

 

そんなことで、

面識はありませんが一緒に過ごしてきた世の中は同じ。

ですから自分の履歴書を読むような感じでした。

 

人の人生を覗くって面白いですよねぇ~~。

豊臣秀吉や織田信長も松下幸之助もトニーブレアも。

そして良品計画元会長も。

文章を読むって他人の人生に入り込み頭の中で好きなように加工できますから映画より活字が好きです。

結果として実態と離れても、というより離れれば離れるほど面白くなります。

 

でも苦手な分野も有ります。

学者さん。

ということで、今月はたぶん読まないでしょう。[^^;;

 

 

働き方改革

2018/02/27

働き方改革ってなに、の巻。

昔は58歳定年と言う時代が有りました。

私の知り合いの学校の先生は50歳過ぎたら毎日のように年金の計算ばかりしていましたね。

 

それがいつの間にか60歳定年になりました。

で、いまは65歳まで働けと言う。

65歳は厳しいよ~~~。

 

昔々私が20代のころ。

おじいちゃんおばぁちゃん、たぶん今でいうと55歳から65歳くらいだとおもうのですが。

頭が痛いから始まって、足の関節が痛い、腰が痛い。

痛風で、糖尿で。

血圧が高い。

物忘れが多くなった。人の名前を思い出せない。

別な部屋へ行ったら、さて?、何を取りに来たのかな。

メガネ何処へ行ったと、頭の上に乗せている。

社会の窓は全開。

 

と、そんなことを聞いて『この人たち病気の自慢かよ』『年をとったからいたわってくれと言うのかよ』と思ったものです。

 

だいぶ前に65歳を過ぎました。

私も時々体調不良の自慢話しをしそうになります。

だって起きたときから寝るまで、・・・ようするにそれらが全部襲ってくるのです。

『あのとき優しい言葉をかけてあげればよかった』と今になって思うのですが。

悔しいからさすがに口には出さないよう意識していますが、愚痴を言う回数は確実に多くなっていますね。

確実に。

15分同じ体制で坐っているだけで体の痛みがあちこち、・・・あっ、いやいや言うまい言うマイ。

 

やっぱり70歳まで退職年齢を引き上げるって無理ですよ。

私以外の人は。[^^;;

 

 

言葉の力

2018/02/26

笑う、怒る、悲しむなどのしぐさは世界中共通ですよね。

でも、ブルガリアでは「はい」は首を横に振り、「いいえ」は縦に振る、つまりうなずく。

これって日本人と逆です。

現場に居合わせたとき最初は戸惑いました。

やっと日本語を話せるかなと言うくらいの女性が通訳に着いたことが有ります。

此方の問いかけに、何でも首を横に振るのです。

ブルガリア人って『なんでも否定するんだ』と思っていたのですが、これ逆でした。

事前にその知識を入れて行ったのですがすっかり忘れていました。

 

言葉は不思議な力を持っている。

それを言霊と言うらしいですね。

何が言いたいか。

ピョンチャンオリンピックです。

金メダル銀メダル、銅メダルを取ったことは日本人なので当然ながらうれしいですが、それよりテレビの前で話す言葉には感動しますね。

それはメダルを取った人ばかりではなく残念ながら負けた人や途中で挫折した人も含めその時に発する言葉には感動しますね。

これってオリンピックに行くような人は金メダルを取ったから感動するような言葉を発しているのではないと気が付きました。

たぶん、人を感動させるような心を持っているからオリンピックで活躍しているのだと。

 

つまり心が先に有る。

それを表現する言葉が続き、言葉は言霊となり体に宿る。

そして行動する。

つまり人のしぐさに反映していくのではないでしょうか。

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント