アイマトン
ブログ管理

‘こころのありかた’ カテゴリーのアーカイブ

朝食は餌

2017/04/12

おはようございます。

いま大阪の新阪急ホテルです。

 

朝食はホテル近くの地下のきっちゃてんでトーストです。

凄いですね。

なにがって味じゃなく(私好みの味で満足)システム化された提供の方法に目を奪われていました。

好きなトーストを小皿にとり少し前に進むと飲み物を聞いてきます。

で、もう一歩進むと会計。

これを3人の若い女性がてきぱきとこなしていました。

お客様は100人以上はいたはずです。

見惚れていましたが、残念ながら女性にではなくその動作に。

これ、本当です。[^^;;

 

2017.0412朝食サンマルクIMG_1585

 

通路側に面した席に着き普段は食べないトーストを口にしていました。

通勤でしょうかそれとも帰宅?

いずれにしても目の前を沢山の人が流れています。

ぼやぁ~と見ていましたが、あることに気が付きました。

 

20年ほど前までニワトリを飼育していました。

1976年頃、当時としては最新の設備を導入しました。

日本で初輸入されたという鶏卵搬送システムもありました。

基本的にはいまも同じような仕組みでしょうね。

30cm四方の小さな籠に鶏が入り、それがぎっしりと並びます。

約100m。

一つの鶏舎は10000万羽ほど収容。

籠に入ったニワトリの目の前へチェーンで餌が運ばれていきます。

産んだ卵はこれまたベルトに乗り手前に運ばれてきます。

その後は省略。[^^;;

 

ちょっと長くなりましたが、目の前を流れていく人の波を見て餌が流れていくその養鶏システムを思い出したのです。

ん~ちょっと違うかな、餌を取り(稼ぎ)に人が流れていく、かな。

そうそう、その人の流れも後ろの3人の若い女性が提供すべく完成されたシステムも、これは養鶏と同じだと。

餌(私の場合はトースト)を持って機械的に流れていくと、卵(つまり会計)はレジに吸収される。

ね、同じでしょ。

 

そう考えると、養鶏業のシステムは40年も前の話しですから、ずいぶん進んでいたものですね。

 

あっもうひとつ、餌である点も同じ。[^^;;

 

 

鳥インフルエンザ

2017/04/03

 しらけ鳥、飛んで行く、南の空へ、怖い、怖い。

ちょっと変えてありますが、元はかなり昔流行った小松政男さんの歌、・・・ですよね。

鳥類を飼育する我が農場としてはなにが怖いかというと、鳥インフルエンザです。

その媒介役の野鳥が5月まで千島列島や樺太(ごめん、サハリンでした)へ帰ります。

日本に白鳥など渡り鳥がいなくなるまで気が抜けません。

 

昨年は北海道も十勝地方で鳥インフルエンザが発生しました。

年が明けて、茨城や千葉で鳥インフルエンザが出ています。

そんなことで、この歌となった次第です。

 

2017.0403白鳥IMG_1453

写真右下に見える5羽の白鳥。

これが怖い、かもしれません。

 

2017.0403撤去した巣箱IMG_1457

そんなことで、農場周りの小鳥の巣箱20箱程度を撤去しました。

全然関係ないかもしれませんが、わざわざ怖がる野鳥を寄せること無いだろうと思うのです。

 

そんなことで野鳥に田畑で餌をやる行為は止めて欲しいのですが、でも大きな声で言えないのがつらい。

そうだ、文字だけ大きくしよう、と言うことでご容赦を。[^^;;

 

 

ブログ12年目

2017/03/31

このブログは2005年4月1日が書き始めですから今日でまるまる12年。

乾草は、じゃなく完走でもなく感想は良く続いたなと。

飽きっぽい性格なのに、よくここまで続いたものだと自分を誉めてやりたい。(と言っていた人がいたなぁ~)

 

====最初のブログはこれ

私の中に今も生きつづける祖母の教え
2005/04/01


耳の後ろは特にきれいに洗うんだよ。

むかし私は子供のころ「顔を洗う時は、耳の後ろを特にきれいに洗うんだよ」と、祖母によく注意されました

====ここまで抜粋

 

2017.0331夕焼け2IMG_1435

久しぶりに西を見たら、当然のようにまだ山に雪が残っていた。

去年も、今年もいつものようにおもうけれど、春はまだかなぁ~。

 

「よし!、むかえに行こう」と思ったのは今年初めて。[^^;;

 

 

2017/03/22

みな様、風邪の季節を迎えて生活はどうしていますか。

いや、と言うのも、

私の風邪予防対策は予防注射はもちろんのこと、『帰宅したら、手を洗う』『うがいをする』は欠かしません。

ほかにも『周りに風邪をひいている人がいたらマスクをする』『怪しいと思ったら、すぐ病院へ行く』『冬は、できるだけお日様に当たる』『ビタミンBを取る』などなど。

 

2017.0322 お茶IMG_1324

このお茶を飲むのも。

 

こんなにやっているのにと、風邪をひいたらがっかりします。

おちゃぁ~~~。[^^;;

 

 

東日本大震災6年目

2017/03/10

東日本大震災から6年目。

明日はあの大災害を日本中が思い出す日です。

 

みながそうであったように私もこの日は必ず思い出します。

当時私は自宅でテレビをつけながらパソコンで仕事をしていました。

2011年3月11日2時46分過ぎ、突然ものすごい揺れ。

1968年5月の十勝沖地震の時は畑で草取りをしていました。

それより確実に大きい地震を感じたのです。

テレビに目をやると画面が変わり津波の映像です。

田畑をかけ上るように波が上がっていきます。

ビニールハウスを飲みこみながら。

家を分け入りながら。

 

チャンネルを変えると橋の上に沢山の人だかりができています。

そんな時、犠牲者がこれほど出るとはだれも思わなかったことでしょう。

橋の上やビルの屋上の人もまさか自分が飲み込まれるとは思いもしなかったことでしょう。

テレビは道路を必死に逃げる車を追っています。

『あっ津波にのみこまれる』と思った瞬間画像は切りかわりました。

たぶん間に合わなかったのでしょう。

落ち着いて考える時間のいまあらためて思うのは、記憶に残ったり記録に残されたりしても、

あの教訓は生かされているのかと。

 

 

 

プレミアムフライデーに思う

2017/03/02

いま少し話題になっているプレミアムフライデーは、2017年2月24日金曜日から実施されてそれ以降も毎月末の金曜日に実施されます。

で、このプレミアムフライデーは働き方の改革だとのこと。

====ネットから

世耕弘成・経済産業相は12月9日の閣議後記者会見で、毎月月末の金曜日の終業時間を午後3時に早めるよう企業に呼びかける「プレミアムフライデー」に関する協議会を、12日に設立すると発表した。消費の拡大と、働き方を改革する2つの狙いがある。

====ここまで

 

そこで、私の意見です。

まず一つ目。

いまでも十分仕事の時間は少ないです。

これ以上少なくなっても仕事はその場にあります。

じゃその仕事は誰がするのでしょう。

エコノミックアニマルの言葉はもう誰も知りませんが、

しかし、この言葉のごとく懸命に働いたから小さな島国が世界のトップクラスの豊かな国になった事実はちょっとは覚えていたほうが良いでしょうね。

天然資源の少ない日本の財産は人です。

その人々が一生懸命働くことによって、また知恵を働かすことによって資源を沢山持つ国に負けない国家を作り上げたのです。

それなのにプレミアムフライデーで、もっと遊べってどういうこと?

どこかから石油が無尽蔵に出てきたのでしょうか。

 

次に思うのは、仕事をしたい人はどうするのかということ。

日本人は仕事が楽しいのです。

仕事が好きな人です。

何処の国とは言いませんが、そこと違って日本人は働くのが好きです。

私も。

だって仕事って楽しいでしょ。

他人には強制しませんが、私は日曜日も8時間労働の規制も不要です。

こんな人は日本には沢山いると思うのです。

いまでも。

その人たちの生きがいを奪うって犯罪じゃないの。

 

最後に、箸の上げ下げまで国が決めるのって共産主義(この言い方は違うかな)なの。

人間にとって自由は重要です。

勉強も、仕事も、趣味も、働く時間も、遊ぶ時間も。

誰と結婚するか、何処に住むか、すべて自由だと。

これが本来一番の姿なのです。

しかし、それでは摩擦が起きますからルールを作った。

それが法律です。

しかし、このまま行くと勉強も、仕事も、趣味も、働く時間も、遊ぶ時間も。

誰と結婚するか、何処に住むか、すべてを国が決める。

こうなりそう。

結果不自由となる。

 

不自由民進党から自由民主党が政権を取ったのなら規制は少なくする方向へ行ってほしいものです。

毎月のプラックフライデーはいや。[^^;;

 

 

よせなべみたい

2017/02/24

一昨日のはなし。

食べ物屋さんばかりの新橋のネオン街です。

2017.0224新橋IMG_1126

2017.0224キムチ鍋IMG_1139

で、こんばんはキムチ鍋。

考え方によってはネオン街もキムチ鍋みたいなものです。

もちろん寄せ鍋も。

ビビンバも。

色々あるから味が出る、引き付ける。[^^;;

 

炭火焼肉 ほるもん てっぽう

2017/02/23

21日の話し。

千歳出発が30分ほど遅れたので当日の仕事を翌日に回し、翌日の仕事を先取りです。

2017.0223てっぽう外観IMG_1090

炭火焼肉ほるもん てっぽう 

17時5分前に店内に入ると「まだ営業前です。5時からなんですよ」とすげなく断られました。

外は寒いし「ここで待たせていただいて良いですか」と困った顔をするも返答は「まだ営業前です。5時からなんですよ」と。

なんと『冷たい人なのか』まるで北海道の冬みたい。

とは思いましたがとなりのファミマで10分待機。

『私が焼き肉屋をしたら、こんな時は絶対中で待ってもらうな』と人のふり見てわがふり作れです。

で、万が一も有るので5時5分に店内には入るとまるで別な人みたい。

厨房の中の炭熾し場まで見せていただきました。

それが目的なので、ただただ感謝感謝です。

 

2017.023てっぽう豚型サラIMG_1089

ホルモニスト 豚九種盛り

私も肉屋の端くれですがこれは食べたことはありませんでした。

ブタカシラとノドボトケ。

大いにまんぞく。

でも、寒かったなぁ~。[^^;;

 

 

関連ランキング:居酒屋 | 博多駅東比恵駅祇園駅

 

元号のはなし

2017/02/17

むかしむかし、30年以上前の話です。

当時会社を作ったばかりでお金はありません。

まだコンピューターは高価でパソコンが世の中に出始めたころでした。

そんななかで販売管理で伝票を発行するすることになりコンピューターの導入を検討しました。

まだ不安定だと言われていましたがパソコンを入れました。

で、でてくる帳票は今まで使っていた物と大きさが違うではありませんか。

聞くといままではBサイズでパソコン用紙はAサイズとのこと。

そのとき、こんな便利なパソコン、会社にどんどん入ってくるだろう。

そうすると紙のサイズはAになるなと思ったのです。

そこで、まだBサイズが主流の会社の紙類をすべてAサイズに統一したのです。

B5よりA4の方が大きいので、最初の頃は慣れていないのか紙が無駄だなと思ったものです。

後から知ったのですが、Aは国際規格、Bは昔からの日本の規格という事だったのですね。

 

同じ発想で年号も西暦に統一しています。

2000年問題の時は世の中の騒動とは別に高みの見物を決め込んでいました。

しかし、生年月日など役所や市立病院などいまだに和暦ですよね。

かなり不便です。

社会へ出たての頃、新聞は元号から始まり括弧(西暦)で表示していましたが、いまは逆に西暦が最初に来て括弧(和暦)が記載されています。

これは何時からだったかな~。

 

いずれにしても、メートルやkgなど世界標準の中で生きている日本では西暦一本にしたほうが便利だと思います。

つい最近1月1日から新たな元号に代わるという話がニュースになっていました。

良いとは思いますが、それならいっそ西暦に統一した方が良いのに。

むろん和暦も有ってよいとは思いますが。

 

世界中の国は地球世界の中で存在しています。

資源の少ない日本は特にそうです。

表示は、時間、長さや重さなど、特に暦はいの一番に統一するべきです。

言葉が通じないので、繋がれる物ならなんでも繋ぎましょうよ。

 

私は1949年産れ、・・・・和暦は忘れました。

ねっ、年齢は分かりやすいでしょ。[^^;;

 

 

サボテンの花

2017/02/14

笑われそうです。

今日の話し、おめぇ~には似合わねぇ~よ、と。

2017.0214サボテンの花IMG_0983

サボテンの花です。 (ぜひ画像をクリックして見てください)

山にも庭にも、もちろん家の中にも花や花らしきもの、たとえば造花とかありません。

こんな小さな花でも目立つのです。

 

ということで、今日のブログは言われそうです。

サボッテンじゃねぇ~、と。[^^;;

 

 

役に立つと思ったらポチッと、
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
文字サイズ切替
検索
アーカイブ
最近のコメント