大騒ぎ

韓国では日本製品の不買運動で大騒ぎ

日本製品の売り上げが減っているようです

その原因はホワイト国外し

いらだちは分かりますが

でも、

大騒ぎをすればするほど後に戻れなくなるし

国のリーダーたるもの

国民が沸騰しても

それが過激になるほど冷静にならなければなりません

 

それは国家からはじまり、企業も、小さな団体も

家庭もかな

リーダーたるもの

客観的に自分の組織を見ている

そんな部分も持ち合わせていないと

組織はいずれ破綻するのではないでしょうか

 

やっていることは逆のような気がしますね

大統領自らが大騒ぎをさせているような

 

これは自分の支持率の上昇と考えれば

分かりやすい話です

 

かたや、日本人

冷静ですよねぇ~

韓国製品のボイコットなど聞いたことがありません

ただ、だまって買わないだけかな

 

私の例で言うと

たまたま入ったレストランでまずいものを出されたときとか、

腹の立つ接客をされても

怒鳴り散らすことは絶対と言っていいほどありません

ネットに悪口を書くこともまずありません

ただその店に二度と行かないだけです

ほとんどの日本人の所作としてはこうではないでしょうか

 

子どもが自分の思い通りにならないと泣きわめく

スーパーなどで時々見かけます

それは赤ん坊から続く習慣でしょうか

なぜなら泣くと母親のお乳が飲めるから

この繰り返しが子供になっても続き

その習慣を大人になっても持っている

幼児性が勝つ大人の一丁出来上がりの流れです

 

とは言っても、

日本人も一部とはいえおとなにもいますが

 

しかしそれが国家なら

最悪戦争まで行ってしまうなんてこともあるのでしょうね

気を付けましょうお隣さんよ、おとなりさん(森進一風に)[^^;;

 

チーズ初体験

突然ですが

女優の有村架純の読み方は『かすみ』

知らなかった

ファンではありません

苗字と顔がやっと繋がるていどの知りかたです [^^;;

 

けさヤフーで見つけました

有村女優はチーズが嫌いだとのこと

人生で二度しか食べたことがないそうです

方や私はチーズが大好き

その中でも癖の強い羊のチーズが大好き

 

でも、思い出したのです

一番最初にチーズを食べたときのこと

中学生のころだったでしょうか

まずっ、

まるで石鹸を食べているみたいだと思ったのです

石鹸を食べたこともないのに [^^;;

あっ、あんな感じかなと、

有村女優さんと共感できました

 

これで有村女優さん、

羊のチーズを好きになってくれたら、

ファンになるのにとは思うものの

無理だろうなと、ちと不安、

今日はこれが言いたかった [^^;;

 

メガネの傷

昨日の話ですが

 

羊は草のはえた土地に放牧し草を食べさせますが、

その放牧地は金網のフェンスで囲まれています

 

フェンスに笹などが覆いかぶさるので

昨日笹退治の除草剤を散布しました

そこまでは順調だったのですが

ぶ~ん、チク

耳元で音が聞こえたと思ったら

右耳の後ろをチクリと痛みが

 

蜂に刺されたのです

これで今夏2回目

耳が大皿のように、

腫れませんでした [^^;;

 

羊は蜂に刺されないのかな

自然を相手にする仕事は思いもしないことの連続です

油断しなくても身の回りは

事故、怪我は付きまといます

 

で、写真の話し

先日羊舎の修理でくぎを打とうと

かなづちを振り下ろしたら

ごん、パシ

そうです

くぎが飛んできて、メガネに当たったのです

写真はその傷

メガネが無かったら目にくぎが、

刺さらなくても大けがとなったでしょうね

 

メガネのレンズを先日交換したばかりなのに~~~

高かったのに~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、怪我をしなかったことへの感謝より、

お金の心配をする、ケチな私でした [^^;;

 

待ちあわせ

1週間前の午後5時半ころの話です

 

札幌の駅ビル6Fは食堂街

ここの商売は難しいですねぇ~

回転寿司はいつも満席

それどころか外の待合席もすべて埋まっている状態

ほかに立ったままのお客様とか

待ち時間の登録をしてそこ離れているお客様もいるわけで

時には、1時間待ちなんて日もあるのです

 

豚丼屋さんも夕食時にはいつも待合席に並んでいますね

これは肉屋としては嬉しい話です

 

ここで商売をするのは大変だろうなと思うのは

このように1時間待ちの店もあるかと思えば、

一人も入っていない店も同じフロアにあるのですから

お客様の目にさらされているつらさ

私が経営者なら耐えられません [^^;;

 

元に戻ります

1週間前の話しは

家族との待ちあわせで起きた事件(私にとっては事件です)のこと

 

件の回転ずし屋さんは長蛇の列

あきらめ

午後5時半ころあるスパゲティ屋さんに入ろうと

中を覗くとお客様は2組ほど

待ち合わせの家族はいつ来るか分からないので

店の前の待ち合わせ席の椅子に腰かけていました

10分くらいかな

アルバイトらしい女性が店内から出てきました

「待ち合わせでしょうか」

「はい」とは私

「ここはお客様がお座りになる席です。待ち合わせは向こうのほうにございますので、」と、

要するにここに腰かけずに行って欲しいというのです

私はてっきり『待ち合わせなら、店の中が空いているのでお入りください』

このように言われると思っていたので返す言葉がありません

プチ切れ

「家族との待ち合わせでしたが、分かりました」と立とうとしたら

ちょうど家族が来たのでとなりの店へ

無事スパゲティで腹ごしらえとなったのです

 

入った店は、もう席の半分は埋まっていました

帰るころは満席状態

 

ん?と

隣が見えました

満席にはまだまだのようです

 

これは狭いフロアなので分かりやすいですが、

どこの市町村のスーパーも

焼肉屋も蕎麦屋も

洋服屋も電気屋も

み~~んな

比較されているんですよね

価格はもちろん

食堂なら味も

そして接客も

 

でも、比べられるのが街全体で、など面積が広いと

見えにくいから経営者でいられるのかな [^^;;

 

羊の管理

写真は羊の管理台帳です

今年の種付けの整理をしました

出生日や品種

父親と母親、

と、その情報

これだけでも膨大な組み合わせですが、

赤平めん羊牧場は血液検査も全頭実施しています

羊の病気はスクレーピーですが、

それにかかりずらい、

またかかっても発症しにくい遺伝子を持つ羊を

検査してそれを残すような掛けあわせをするのです

 

この組み合わせは数万通りにもなり

いま種付の8月に向けてその仕分けに追われています

その作業は30時間は超えるでしょうか

 

勿論パソコンを使っていますが、

パソコンのない時代ならとっくに投げ出していたでしょうね

パソコンでやっても投げ出したくなりますが

 

追伸

写真は逆さまでした

元に戻しても、何が何だか分かりませんから我慢してください

 

あっ、なんと失礼なことを、ごめんなさい [^^;;

 

 

スクランブル

調べてみました

スクランブルとは
進入してきた敵機などをむかえうつための緊急発進。
繁華街の交差点で、信号の一種として、車をすべて止め人間に自由な方向に歩くことを許すもの。

私が知るランブルとは

このスクランブル交差点のほかに

スクランブルエッグかな

今日はあと一つ追加と言いう話です

 

話しは変わりますが

NHKから国民を守る党

投手は立花孝志さんで参議院選挙で当選

この政党、

落ちこぼれ議員(ごめんなさい)に次々に声をかけています

暴言議員やセクハラ議員にパワハラ議員、

それに渡り鳥議員等々

 

主張はNHKを見たい人だけ見られるようにせよ、というもの

至極まっとうな主張ですよね

これをスクランブル受信というらしいです

私は賛成

 

無理やり見せておいて、とは言いませんが、

見もしない人からも受信料をとるって

これ、ひどくね

と、いつも思っていましたから賛成です

そのように思う人は沢山いるようで当選したわけです

 

話しはまたまた変わって、

我が家も受信料は支払っていますが

現金で支払っています

なぜなら、名義人の父の名前での支払いなのです

父は4年前に亡くなりましたので

銀行口座を解約

そのあとも、父の名前で集金に来ていますから

そのまま支払っているわけです

父と私は一つ屋根の下で生活していましたから

それで良いかなと

ところが、半年ほど前から、私の名前で受信料の契約をせよと言ってきたのです

そりゃそうですよね、

受信料を支払っている人が亡くなったなんていちいち調べていないでしょうから

でも、楽しみです

このままにして置いたらどうなるか

 

私はNHKの受信料を二倍支払うことになるのかと

NHKから国民を守る党に聞いて、

・・・見るまでもない [^^;;

羊の搬送

今朝は4時起き

4時は十分明るいので目が覚めちゃいました

まるで、ニワトリみたい [^^;;

 

今日は100km離れた牧場からめん羊購入

6時に出発

積み込んで戻るのですが

できれば10時には終えたいものです

片道1時間半、

積み込みに1時間はちょっとは厳しいかな

でも11時には30度を超えそうなのでなんとかと考えています

心配です

めん羊の負担が大きいので

 

まてよ、

北海道で30度超えは自分の心配が先 [^^;;

 

試食会

吉本新喜劇『闇営業』、

まとまる方向へ動き始めましたね

 

しかし、納得いかないのは処分撤回です

嘘をついたことと反社団体からお金をもらっていたという事実は変わりないので

ペナルティは必須です

反射団体は、普通の人をだましてお金を巻き上げているんですよ

この件までも無しにはならないっしょ [^^;;

 

そんなことに関係なく、

昨日の昼食は

日常のお客様満足へ向けての試食会です

 

豚丼、鴨丼、いくら丼、にしんそば、あと何だったかな、・・・

それぞれ、味を変えたのが数種類

とても食べられる量ではありません

ということで、一口ずつです

味が分かればいいので

 

この試食会で分かったことが二つ

スタッフの能力の高さです

現物の味付けは当然のことながら

流通過程から現場での提供まで含めた試食会となっているとは

 

これも当然と言えば当然ですが

 

でも余分なことも一つ口走っていました

「快調(私のこと)、年をとってきてから味覚が衰えてきましたね」とは社員の言

『確かに』と思いながらも「そんなことは無い」と口からは反論も

でも、顔は笑っていたはずです

なぜなら実は嬉しかったのです

衰えたことがばれたことではなく

遠慮なく話してくることが

 

もう一つ

試食会の場所は弊社食品スーパー生鮮おろしイートインコーナーですが

久しぶりに行ったもので、

お客様にこんなに利用していただいているのかとプチ感動でした

 

で、言いたいことが一つ

味覚は大・丈・夫ですよ~~ [^^;;

吉本新喜劇 あらすじ

吉本新喜劇『闇営業』が佳境に入ってきました

 

あらすじ

まず、アルバイトしているのがばれました

お金は受け取っていないと、嘘

実はそれが反社会勢力の宴会だったと問題化

実は報酬を受け取っていたと嘘ばれ

 

これは大問題だと

首を宣言

 

首を言い渡された主役が泣きながらお白洲で並みだながらの弁解

そこへ大物タレント登場

そいつらを首にするなら俺たちも辞めてやらぁ~と

開き直り

 

もう一人の主役登場

あの~~、首にするのをやめますと

しどろもどろ

 

それを見た若手の力のない手代たちも、

お偉いさんに、ぎゃぁ~ぎゃぁ~、ぎゃぁ~ぎゃぁ~

 

そこへ新たな主役が登場

若い衆に、

おめ~たち、そんなに会社が嫌なら、やめっちまえ!

 

このあと、どうなるのか

楽しみ、・・・・・でもない! [^^;;

 

続く

続編はどうなるか

炎上商法をネットで調べると

ネット上でワザと問題になる様なことを載せ

アクセス数を増やしてお客様を集めること

と、このように出ていました

 

例の吉本興業社長の会見を札幌へ行く道中聞いていました

吉本興業といえば東証一部上場企業

その社長の会見ですから

楽しみにしていましたが

 

まぁ、そこはともかく

その時、あ~~と、

思いついたのが炎上商法

この騒ぎって、

もしかして吉本興業が組織を上げ

問題行動を起こさせ自分で解決する

その炎上商法じゃないかと

 

いや、それよりマッチポンプが正解かな

マッチポンプとは自分で事を起こし

自分で解決して利益を得ようとすること、

というか人のことですが

あの会見がまさにそう

 

その証拠に、

大山鳴動して鼠一匹でしたから

大山鳴動して鼠一匹とは、

大騒ぎの割には収穫が少ないことを差しますが

あの会見がまさそう

 

でも、

もしかしたら、別な組織が目を付けるかもしれませんよ

パワハラを管轄する労働基準監督署とか、

 

申告しないアルバイト、闇営業の収入に対しては税務署とか、

 

最低賃金を下回った仕事への報酬に関しては、

これも労働基準監督署かな

 

さんざんマスコミに取り上げられている今回の騒動

反社組織、また犯罪組織からみると迷惑な話ですからそこも

 

それに繋がって警察とか

 

そう考えると、第一幕はお笑いで終えて

二幕はどうなるか [^^;;